1. TOP
  2. 文法
  3. 補語と目的語の違いとは、英語初心者でも7分で分かるように説明する
英語無料メール講座のバナー(記事上)

補語と目的語の違いとは、英語初心者でも7分で分かるように説明する

文法 この記事は約 7 分で読めます。
電話で話す男性

このコンテンツは、現役のプロ翻訳者であるアキラがネイティブの翻訳者と協力して、日常英会話で使う表現や勉強法をできるだけ分かりやすい言葉を使って説明するメディアです。


こんにちは!
英会話ハイウェイ運営者のアキラです。

笑顔のアキラ

今回は、英語の補語とは何か、目的語とは何か、補語と目的語の違いと見分け方について説明します

英語を勉強していると、補語と目的語という言葉がよく出てきます。
この補語と目的語は、似ているように見えるけれど、意味と使い方がまったく違います。

英語を身に付けるためには、文法の勉強は避けられませんし、文法を勉強するには補語と目的語という言葉は避けられません

この記事で、英語の補語と目的語についてマスターしてください。

目的語とは?

目的語とは、動詞の働きを受ける言葉のことで、日本語では、文中で「~を」「~に」という意味に当たります。
主に名詞代名詞動名詞不定詞句、節が目的語になります。

My son likes English.

息子は英語が好きです。

上の英文では、名詞の「English」(英語)が「like」(~が好き)という動詞の目的語です。

My husband stopped smoking three years ago.

夫は、3年前にタバコを吸うのを止めました。

上の英文では、動名詞の「smoking」(タバコを吸うこと)が「stop」(~を止める)という動詞の目的語です。

He used to like to smoke after dinner.

彼は以前は、夕食後にタバコを吸うのが好きでした。

上の英文では、不定詞の「to smoke」(タバコを吸うこと)が「like」(~が好き)という動詞の目的語です。

I don’t know how to thank you.

どのように感謝すればいいか分かりません。
(何てお礼を言えばいいのか分かりません)

上の英文では、句である「how to thank you」(どのように感謝すればいいか)が「know」(~を知っている)という動詞の目的語です。

My son thinks that I am the best cook in the world.

息子は、私が世界一の料理人だと思っています。
(世界一料理が上手だと思っています)

上の英文では、節である「that I am the best cook in the world」(私が世界一の料理人であること)が「think」(~が好き)という動詞の目的語です。

補語とは?

補語とは、主語や動詞、目的語だけでは意味が不完全なときに、意味を補うために使われる言葉のことです。

主語を説明する補語は「主格補語」、目的語を説明する補語は「目的格補語」と呼ばれます。

主格補語

主語を説明する補語を「主格補語」と呼びます。

My son is a junior high school student.

息子は中学生です。

上の英文では、主語「my son」と動詞「is」だけでは意味が分かりません。
そのため、主語の意味を補足する補語「a junior high school student」が必要です。

このように主語を説明する補語を主格補語と呼びます。

主格補語は、主語とイコール関係にあります。

「my son」=「a junior high school student」

目的格補語

目的語を説明する補語を「目的格補語」と呼びます。

目的格補語は、第5文型でSVOCのCに当たる言葉です。

My husband calls our daughter “Half-pint.”

夫は、娘のことを「おちびちゃん」と呼びます。

※「Half-pint」=とても小さい、背が低い(俗語)

上の英文では、目的語である「his daughter」を説明する「Half-pint」が目的格補語です。

I found the movie very interesting.

私は、その映画がとても面白いと思いました。

上の英文では、目的語である「the movie」を説明する「interesting」が目的格補語です。

目的格補語は、目的語と主部・述部の関係にあるか、または「目的語=目的格補語」の関係にあります。

I saw my son cross the street.

私は、息子が道路を横切っているのを見ました。

※「cross」=横切る

上の英文では、目的語の「my son」と「cross」(横切る)は、主部・述部の関係にあります。
だから、以下のように言い換えることもできます。

My son crossed the street.

息子は、道路を横切りました。

We call him “Ichiro.”

私達は、彼をイチローと呼びます。

上の英文では、目的語の「him」は「Ichiro」とイコール関係にあります。

「him」=「Ichiro」

だから、「Ichiro」は目的格補語です。

補語と目的格の違い

補語と目的語の違いについて説明します。
補語と目的語は、以下のように考えると簡単に見分けられます。

主語とイコール関係にあるかどうか

My son is a good singer.

息子は歌うのが上手です。

上の英文で「a good singer」は、以下のように主語とイコール関係にあるので補語です。

「my son」=「a good singer」

My son plays the guitar every day.

息子は、毎日ギターを弾きます。

上の英文で、以下のように主語とイコール関係にありません。

「my son」≠「the guitar」

また、「the guitar」は「~を」という意味を表しています。
だから、「the guitar」は目的語です。

目的語とイコール関係または主部・述部の関係にあるか

My daughter named the dog “Ponta.”

娘は、その犬を「ポンタ」と名付けました。

上の英文は、「the dog」=「Ponta」という関係が成立するので、「Ponta」は補語です。

I heard my name called.

私は、私の名前が呼ばれるのを聞きました。

上の英文で「my name」と「called」は、以下のように主部・述部として言い換えることができます。

My name was called.

私の名前が呼ばれました。

だから、「called」は補語です。

My husband gave me a nice present.

夫は、私にすてきなプレゼントをくれました。

上の英文では、「me」=「a nice present」という関係は成立しません。
また、「I am a nice present」のような主部・述部の関係も成立しません。

ですので、「a nice present」は補語ではなく目的語です。

英語を話せるようになる勉強法

この記事では、英語の補語とは何か、目的語とは何か、補語と目的語の違いと見分け方について説明しました。

英語を話せるようになるには、このような文法から始めるのが効率的です。

でも、文法を覚えただけでは英語を話せるようになりません
英語を自由に話せるようになるには、そのための専用の勉強が必要です。

詳しい勉強法については、メール講座で説明しています。
以下のページから無料で参加して、不要になればいつでも解除できます。
気軽に参加してください。

↓↓↓以下をクリックして無料で参加してください↓↓↓
記事下からメール講座に誘導するバナー

\ SNSでシェアしよう! /

英会話ハイウェイ | 英会話、海外生活・留学に関する情報が満載のメディアの注目記事を受け取ろう

電話で話す男性

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

英会話ハイウェイ | 英会話、海外生活・留学に関する情報が満載のメディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
英語無料メール講座のバナー(記事下)

この記事を読んだ人は、こちらも読んでいます

  • there is(are)の意味と使い方、基礎から順に8分で解説します

  • 関係代名詞の所有格とは?初心者でも9分で学べる関係代名詞の基礎

  • 最上級とは?英語で話すときに必須の5パターンを10分で解説する

  • 英語の比較級とは?英会話に必須の6パターンを9分で基礎から解説

  • 現在完了の経験とは?否定文・疑問文の作り方を基礎から解説

  • 「ought to」の意味と使い方|5つのネイティブ・テクニック