1. TOP
  2. 翻訳
  3. 戸田式翻訳講座の口コミ・評判(みかさん)

戸田式翻訳講座の口コミ・評判(みかさん)

 2020/12/23 翻訳
この記事は約 18 分で読めます。
戸田式翻訳講座の感想・評判・口コミ

このコンテンツは、10年以上の経験を持つプロ翻訳者であるアキラがネイティブの翻訳者と協力して、日常英会話で使う表現や勉強法をできるだけ分かりやすい言葉を使って説明するメディアです。


こんにちは!
英会話ハイウェイ運営者のアキラです。

笑顔のアキラ

私が運営する戸田式翻訳講座の修了生に、翻訳講座の感想を聞いたので紹介します。

私は2012年から、翻訳の仕事をしたい人向けに通信講座を運営しており、この記事を書いている時点で500人以上を指導してきました。

講座では、私自身の翻訳業務の経験と指導経験を通じて学んだことをすべてお伝えしているので、「こんなに充実した講座とは思わなかった!」と嬉しい感想をたくさんいただいています。

この記事で紹介する「みかさん」もそんな一人で、講座の修了時にインタビューをお願いしたら快く引き受けてくださいました。

戸田式翻訳講座は、大がかりな宣伝をすることなく少人数でこぢんまりと運営されています。

ですので、インターネットで検索しても、戸田式翻訳講座の口コミや評判・評価を書いた記事が見つかることはほとんどないと思います。

戸田式翻訳講座に興味がある方で、

「戸田式翻訳講座ってどうなんだろう?」
「本当にしっかり学べるのかな?」
「口コミが見つからないのは怪しいのでは?」
「インチキじゃないの?」

と不安に感じている場合は、ぜひこの記事を参考にしてください。

【動画】戸田式翻訳講座の評判・口コミ(みかさん)

戸田式翻訳講座の評判・口コミを知りたい方は、講座修了生の みかさん のインタビューを見てください。

翻訳のキモを無料で学べるメール講座

翻訳のテクニック、仕事、勉強法など、翻訳のキモを学べるメール講座を無料で公開しています。

翻訳の仕事に興味がある場合は、以下のページから購読してください。

超短期翻訳講座ヘッダー
⇒翻訳の仕事について詳しく学べる無料の翻訳講座はこちら

インタビュー動画のスクリプト

上に掲載している動画を文字起こししました。

動画を見ることができない場合は、以下のスクリプトを読んでください。

戸田:この翻訳講座に申し込む前に、翻訳講座ってたくさんあると思うんですけれども、他の講座とどっちがいいかなとか、迷ったりしましたか。

みかさん:戸田先生の講座を見つけたときには迷いませんでしたけれども、戸田先生の講座を申し込む前に他の講座を受けているんですよね。

で、一番最初にその翻訳講座っていうのがあることとかもまったく知らなかったんですけれども、ただインターネットで翻訳みたいな感じで調べていたら、勝手にどんどん宣伝みたいなのが入ってくるようになっちゃうじゃないですか。

それで、まず最初に入ってきたのがあったんですけれども、結構なんかTOEICの点数が低くても、翻訳家にはなれるみたいなのがあって、じゃあ大丈夫かなみたいな感じで、興味を持ったのが始めなんですね。

でも、そこは値段的にちょっと高すぎて、入会することは私はできなかったんですね。

よく調べてみると、どちらかっていうと、翻訳に仕方を学ぶというよりも翻訳家になるための過程のことを教えている感じだったんですね。

で、私は翻訳を習いたかったんですね。

英語から日本語に変えるっていう翻訳の仕方を習いたかったので、値段的な理由はもちろんですけれども、そこは入れなかったんですけれども。

次にそこは私は前にも聞いたことがあるので、多分、大手っぽいと思うんですけれども、そちらのほうの翻訳講座は受けたんですね。

名前を言ってもいいでしょうか。

戸田:はい。

みかさん:○○社さんの翻訳講座ですね。

戸田:○○社ですね。

かなり大手の会社ですね。

みかさん:そうですね。

すごい短い期間だったので、そこは本当に採点だけの講座で、基礎講座だったんですけど、翻訳の。

そこでもルールとか、いっぱい教えられるところだったので、お値段もすごく安かったですし、そちらのほうを受けてみたんですね。

で、本当に採点とかもきちんとしてくださって、とても丁寧で、いろんなことを勉強して良かったんですけれども、期間が6か月あったんですね。

でも、課題の数が少ないわりに、1つの課題に時間が長く設けてあるので、6か月の講座だったんですけれども、3か月もかからないで終わってしまったんですね。

で、なんかちょっと物足りないなと思って、そうしたら、なんか戸田先生の講座の宣伝がまた勝手に来てくれて、これは結構良いんじゃないかなと思って、すごくそういう私が望んでいることにピッタリの講座だったので、それで何も迷わず、お値段も課題の割には凄くリーズナブルだったし、これはいいなと思って、即決ですね。

直ぐ決めました。

先生自体もすごく知識とかあるじゃないですか。

だから、それでちょっと安心しましたね。

戸田:なるほど。

ちなみにその○○社ですけれども、以前に私も契約していたことがあるんですけれども、仕事の契約ですけれども。

結構、初心者から面倒を見てくれる感じなんで、もし挑戦されるのであれば一つの良い会社だと思います。

みかさん:でも結構難しいって言いますよ。みなさん。

戸田:どうなんでしょうね。

みかさん:なかなか初心者は取ってもらえないみたいな。

戸田:私の場合は最初、翻訳の勉強をして、そのあと直ぐにトライアル受けて合格しまして。

みかさん:そうなんですか。

戸田:そのあともずっと仕事の依頼が何年も何年もずっと来ましたよ。

みかさん:へー。

なんかトライアル自体がかなり難しいっていう感じで言っていたので、そうなのかなと思って。

いや、やはり戸田先生はできるんだと思います。

戸田:どうなんでしょう。

会社によって物凄い難しいところもあるんですよ。

みかさん:そうなんですよね。

戸田:○○社はそんなに難しかったっていう印象はないんで。

みかさん:あ、そうなんですか。

戸田:普通かなと思ったんですけれども。

当時は僕も未経験だったんですけれども、仕事の依頼も来ましたし。

みかさん:あ、そうなんですか。

戸田:最初の段階としてはすごく良い会社かなと思います。

みかさん:あ、そうなんですか。

ふーん。

分かりました。

戸田:それでは、次の質問にいかせていただきます。

具体的にためになったこととか、ここが良かったとか、そういうことがあれば、教えていただきたいんですけど。

みかさん:本当に良かったですよ。

課題が多いのはもちろんなんですけれども、課題が来て、結構1週間でやらなければならないじゃないですか。

でも、課題自体がすごい長いこともあるじゃないですか。

そういうときでも、モチベーションを保ってくれる。

すごく課題の出し方が上手。

ちょっと、すいません。

生意気ですよね。

自然に課題に取り組んでいけるっていうか、そんな感じで進める。

いや、こんなに長いの、今日と思っても、ちょっとやりやすかったり。

その課題は。

で、短くて、これは今週はちょっと楽かなと思ったら課題の中身自体がすごく難しかったりとか、なんかそんな感じですごく上手に勉強させてくれるなと思いました。

はい。

何でしたっけ。

質問は。

すいません。

戸田:ここが良かったとか、そういうことを教えてください。

みかさん:そこがすごく良かったです。

だから、すごいモチベーションを保てたっていう部分では、ちょっと、かなり良かったですね。

その代わり、すごくいろいろな分野の課題があったじゃないですか。

それもすごく良かったです。

やっぱり一つに、物語なら物語みたいなものとかに集中しないで、いろんな分野の、ITとか、あと他いろいろありましたよね。

企業さんのとか。

なので、すごく良かったです。

戸田:ありがとうございます。

実際に仕事を始めると、自分が専門としている分野だけの仕事の依頼が来るわけではなくて、ときどき、こんなのも出来ますか、みたいな全然知らない分野の仕事の依頼が来たりするんですよ。

私の場合は、例えば、一番最初はIT系でやっていたんですけれども、出会い系のWEBサイトの翻訳とか、医療機器とか、全然分からない仕事も来るんですけれども、普段から調査の仕方を鍛えておいたら、そういうのも出来るようになってくるんですね。

みかさん:そういうのが本当に自然に鍛えられたみたいな感じで、課題の内容の選び方がとてもいろいろなものに富んでいて、良かったです。

戸田:それでは次の質問ですが、講座を受けたことで生活スタイルですとか、講座、英語とか、翻訳だけに限らず、何かもう少し大きい範囲で、何か変わったことっていうのがあったら、教えていただきたいんですけれども。

みかさん:変わりましたね。

先生の課題が来ると、やっぱりToDoリストじゃないですけれども、毎朝それを書いて、今日は絶対にここまで終わらせなければ1週間後には課題を出せないっていうぐらい、課題だけに1日中かけてられなかったので、他のやることとか、仕事とかもあったので、なので、ToDoリストを必ず書いて、その課題が終わったときにも、出来なかったとか、今日はちょっと進めたとか、そういうことでまた次の日のために計画というんですか、そういうのをきちんと。

だから、1日の計画を立てるようになりましたね。

だから今、講座が終わってからも、1日今日はこれして、あれして、みたいな。

全然関係がないただの家事のことでも、今日はここまであれしてっていうふうに、計画性が。

計画を立てるようになりました。

戸田:あー、なるほど。

実は同じようなことを別の方もおっしゃっていたんで。

みかさん:あ、あ、いや、もう。

それしないと先生の講座は受けれないんじゃないですか。

わははは。

戸田:やっぱり仕事をしながらだと、きちんと時間管理しないと難しいのかなと。

みかさん:いや、本当です。

本当です。

これだけに本当に1日5時間とか、8時間とか、かけてられるんならいいんですけれども、その日に仕事があったら、まったく出来ない日とかも出てきたりするので。

それはもう必須ですね。

で、そういう生活スタイルに変わってくれたので、すごく得した気分です。

戸田:あともう一つ聞きたいのは、一つの課題って、だいたいどれぐらいの時間がかかったか教えていただけますか。

みかさん:いやー、やっぱり最初のほうはすごい時間がかかって、これは私は無理かもしれないと思ったんですけれども、やっぱり最初と最後のほうの課題、中間地点とか、時間のかかり方も違って、だんだんだんだん早くなりましたよね。

でも、最初はもう本当に無理かなって思って。

最初の課題は難しかったですし、2回目は異常に長かったですし、もう無理だなって思うぐらい、本当に大変だったので、1日にもしかしたら、その頃は5時間ぐらいかけていたかもしれないです。

はい。

でも、毎日は出来なかったので、1日5時間ぐらいかけて、2日目に2時間とかで。

ちょっと計算したことがないので分からないですけれども、最初はすごくかかりました。

これでは採算が取れないなと思う時間がかかっちゃいました。

わははは。

はい。

いざ、もし翻訳家として。

最後のほうになってきたら不思議と慣れて、どんどんどんどん早くなってきましたけれども、私はでも時間はかかるほうだと思います。

はい。

戸田:実際のところ慣れてくると、1日2000ワードぐらいは軽く出来るようになりますし。

みかさん:1日って、何時間ですか。

戸田:8時間ですね。

みかさん:あ、8時間で。

戸田:はい。

あともうちょっと慣れてきたら、3000ワード、4000ワードって出来るようになってくるんで。

みかさん:いや、それは絶対に無理。

1日2000。

いや、8時間集中しているのも大変じゃないですか。

戸田:それも慣れてくるんですよ。

みかさん:そうですよね。

いや、本当に慣れてくるんだなっていうのはすごく分かりました。

もう本当に最初は泣きたい気持ちでいっぱいだったんですけれども、こんなふうになってくるんだ、へー、みたいな感じで、だんだん本当に折り返し地点あたりから、わーすごい、すごいって自分で。

内容は別として、添削してくださったのは別として、自分のスピード感ですか、それはびっくりしました。

本当に。

戸田:あとは実際の仕事のときっていうのは、一番最初の500ワードとか、1000ワードぐらいだけがすごくしんどいんですよ。

内容が分からないし、単語調べたり、すごいしんどいんですけれども、その辺がすごい楽になってくるんで、すごいスピードアップできるんですね。

だから平均すると、かなりの量ができるっていう形ですね。

みかさん:うーん。

そういうふうになっていくのかもしれないですね。

この半年でも、かなり変わったので、かなりスピード感が変わったので、そういうことがあることは分かりますね。

納得できます。

戸田:今の話は本当にお聞きできて良かったです。

というのも、大抵の方が一番最初のところで、私もうダメですみたいなメールを送ってくる人が多いんですよ。

みかさん:本当に、本当に思いましたよ。

私、これで若ければやめていたと思いますね。

戸田:そうなんですか。

みかさん:うん。

ある程度、いやもういい年して、これ投げ出すわけにはいかなかったのでやりましたけど、結構うわーって思いましたよね。

でも本当に中間ぐらいになったときに、あー良かった、あきらめないで良かったっていう、今度は逆に楽しくなってきて、もう少しでできる、もう少しで翻訳の時間だって感じで、だんだんだんだん楽しくなってきましたよね。

だから今はちょっと物足りないですよね。

わははは。

戸田:さっきの質問とだいたい重なる部分もあるんですけれども、講座を受講したことで気持ち的な変化というのはありましたか。

みかさん:うん。

気持ち的な変化は、気持ちですね。

すごく、やれば私も出来るのかなみたいな感じになりましたね。

やっぱり自信とか、結構なかったんですけれども、やっぱりやれば、まだまだ学べるのかなみたいな感じになって、これからまたいろいろと挑戦していこうかなとか、思うようになりましたね。

まあ直ぐに翻訳家にはなれないだろうとは今思ったので、感じたので、もっと勉強していこうかなとか、そういうふうにやれば出来るっていう気持ちになりましたよね。

戸田:では、次の質問ですが、この講座はどんな人に向いていて、どんな人には向いていないと思いますか。

みかさん:翻訳家になりたい人は絶対に向いていますよね。

翻訳家に興味のない人には向いていないですよね。

わははは。

当たり前か。

すいません。

わははは。

はい。

なんて答えればいいんですか。

戸田:例えば、性格的な面でこういう性格の人には向いているとか。

みかさん:いや、いや、それは翻訳家になりたければ、どんな性格に人でも向いていると思います。

私自体が3日坊主で、本当に投げ出すこと、簡単に何でも投げ出しちゃうんですね。

あー無理、向いていなかった、結果が分かったから別にいいみたいな感じで。

でも、それをどちらかっていったら、変えてくれたって言ったらおかしいですけど、なんかマジックのように本当に引きずられていったんですね。

この講座で。

なので、向いていない人はいないと思いました。

向いていないんだったら、私は向いていなかったと思います。

こういうきちっ、きちっ、きちっとした講座には。

戸田:それでは、あと3つ質問があるんですけれども、この講座を今すぐ始めたほうがいいというのは、どんな人でしょうか。

例えば、直ぐにこういう人は始めたほうがいい、こういう人は直ぐに結果が出るんじゃないかみたいな人がいたら教えていただきたいんですが。

みかさん:直ぐに結果が出る人は専門分野を持っていて、別に英語が得意じゃなくても、その道で仕事をしているとか、学校で勉強しているとか、専門分野を持っている人は、ITにしろ、医療にしろ、何にしろ、絶対に受けたら、もう半年後には仕事が確実に入ると思います。

あと英語、TOEICとかで850以上、900以上なら、もう半年足らない前に、3か月ぐらいで、先生の講座を受けたらトライアルに受かると思います。

そういう人は直ぐに始めるべきですね。

時間を無駄に過ごさずに、と思いました。

戸田:ありがとうございます。

実際に3か月ぐらいで、トライアルではないですけれども、○○で仕事を始められる方っていうのはいらっしゃるんですよ。

○○とか、そういうので直接仕事の受注をすると。

私自身、そんな3か月とかで始めることを想定していなかったんで、連絡をもらったときはびっくりしました。

みかさん:でも始められるぐらい濃いですよ。

一番最初から、結構。

本当の翻訳家みたいな、なんか内容ですか、これみたいな課題が来るじゃないですか。

なので、時間も結構短いです。

他の、私もそんなの他に講座は知らないですけれども。

うん。

だから、もう本当に自分が講座を受けているの、仕事しているの、っていう感覚になっちゃう感じだったので、だから専門分野とかある方はもう2か月とかでも受けたら、受かるかもしれないですよね。

戸田:それでは最後の質問なんですけれども、この講座を使っていなかった自分に、この講座を勧めるとしたら、どんなふうに勧めますか。

自分に勧めるとか、仲のいい友達に勧めるならば、どんなふうにお勧めしますか。

みかさん:いやー、もう本当にお世辞抜きで良い講座でしたよね。

何が一番良かったかっていうと、添削の数ですよね。

課題数ですよね。

課題の数ですよね。

それと、添削の丁寧さ。

とても丁寧だし、同じことでも嫌でなく、何回も何回も。

自分も同じ間違えばかりしているんですけれども。

だから、その添削がもう自分の教科書ですよね。

今は、もちろんコンピューターにもありますけれども、私は全部プリントアウト、印字、印刷して、直ぐ手の届くところに置いてありますよね。

もう自分の。

で、数も多いですし、枚数も多いですし、添削いっぱいされていますので。

だから、もう本当に教科書のように、自分で取っているので、そういうところが本当にいいですよね。

良かったですよね。

あと他は、やっぱり私は翻訳を学びたくて入ったんですけれども、それ以外でも翻訳を勉強しながら翻訳家になるためのことも全部カバーされていたじゃないですか。

なんか翻訳に必要な辞書ですとか、あとなんかダウンロードすべきものとか、自分の翻訳がこれで完璧かって調べ方とか、ワードなんか、上手に説明できませんけれども、そういう調べ方、ダウンロードするものとか、そういうことも全部カバーされて、あとバックアップ方法とか、必要なことですね。

翻訳家として必要なこともすべて細かくカバーされていて、それでそれをきちんと自分で印刷して取っておけるじゃないですか。

その知識をね。

あと最終的には履歴書の書き方まで全部カバーされていたので、いや、本当にお勧めですよね。

そう言われてみれば。

はい。

だから添削だけじゃなくて、自分が望んでいたよりも、もっともっと多くのことを、こんなにないんじゃないですか。

こんなにカバーされているのって。

私もいろいろ向こうから宣伝が来てくれますけれども、一番最初に見つけたのはほとんどが多分そういったことを勉強できる講座だったんじゃないかと思いますけれども、で、次に受けたのがやっぱり添削だけだったので、翻訳家になるためにはこの辞書使いなさいとか、まあ2-3は教えてくれたかもしれないですけれども、このようにしてとか。

あと履歴書の書き方なんかは全然教えてもらえなかったので、それが全部組み合わさっているのが、今のところ私が知るかぎりでは戸田先生の講座だけじゃないですか。

だから、お勧めしますね。

友だちにも、誰にでも。

で、値段も良心的。

回り道をせずに最短で翻訳者になるには?

高校受験や大学受験のときには、何をどんなふうに勉強すればいいのか、すべて学校や塾の先生が教えてくれます。

また、試験に出る問題を学べる参考書や問題集が売られているので、試験に出ないことを勉強しなくてすみます。

だから、無駄な勉強をすることなく、重要なことだけを集中的に効率よく勉強できるわけですね。

では、翻訳者になるために、何をどんなふうに勉強すればいいのか?

あなたにそれを教えてくれる人はいますか?

もしそんな人がいないなら、戸田式翻訳講座の長短期メール講座を受講してください。

翻訳スキル、勉強法、仕事など、翻訳の勉強と仕事について、あなたの知りたいことをすべてお教えします。

以下のページから購読できますので、気軽に読んでください。
↓ ↓ ↓
超短期翻訳講座ヘッダー
⇒翻訳の仕事について詳しく学べる無料の翻訳講座はこちら

\ SNSでシェアしよう! /

英会話ハイウェイ | 英会話、海外生活・留学に関する情報が満載のメディアの注目記事を受け取ろう

戸田式翻訳講座の感想・評判・口コミ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

英会話ハイウェイ | 英会話、海外生活・留学に関する情報が満載のメディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

戸田 あきら

戸田 あきら

株式会社トランス・ダイナミック代表取締役。原田メソッド認定パートナー。
ニュージーランドとアメリカで留学・就職を経験。中学生・高校生・社会人に英語指導をしたあと翻訳者として独立。TOEICは、試験勉強を一切せずに一発で940点。

現在は、翻訳事務所を運営しながら、英語学習者向けの情報配信、英会話教材の開発・販売、翻訳通信講座の運営を行っています。

この記事を読んだ人は、こちらも読んでいます

  • 翻訳の仕事|仕事がどんどん入ってくる専門分野の選び方

  • 翻訳の仕事|専門分野のない人が翻訳者になる方法

  • 戸田式翻訳講座は詐欺と間違えるほどの親切さって本当?

  • 文章力をつけるには?社会人が1日10分で上達する練習法とは?

  • 英字新聞を使って翻訳スキルを伸ばす勉強法とは?

  • 翻訳トライアルに合格する6つの秘訣