1. TOP
  2. 文法
  3. 英語の仮定法現在とは?必須の2パターンを6分で学ぼう
英語無料メール講座のバナー(記事上)

英語の仮定法現在とは?必須の2パターンを6分で学ぼう

文法 この記事は約 7 分で読めます。
怒った女性

このコンテンツは、現役のプロ翻訳者であるアキラがネイティブの翻訳者と協力して、日常英会話で使う表現や勉強法をできるだけ分かりやすい言葉を使って説明するメディアです。


こんにちは!
英会話ハイウェイ運営者のアキラです。

笑顔のアキラ

この記事では、英語の仮定法現在について説明します

仮定法現在とは、たとえば「監督は、私が腕立て伏せを毎日することを勧めた」など、何かを提案したり要求したりするときに使う表現です。
大学入試によく出てくるので、受験勉強を熱心にした人は覚えているかもしれませんね。

この記事では、仮定法現在でよく使われる2つのパターンを紹介します。

一般的な文法ルールとは少し違うため、しっかりと覚えておかなければ間違えやすいので注意してください。

仮定法現在とは?

仮定法現在とは、提案や要求をする英文のthat節で、常に動詞の原形を使う表現のことです。

主節の時制に関係なく、that節の中は常に動詞の原形が使われます。

言葉で説明しても分かりにくいので、以下に仮定法現在の例をあげます。

My teacher suggested that my son study math at university.

先生は、息子が大学で数学を勉強することを提案しました。

上の英文では、主節の動詞が「suggested」であることから過去のことを語っていることが分かります。

通常であれば、that節内の動詞である「study」は、主節の時制に合わせて過去形の「studied」になるはずです。

でも、仮定法現在の英文では、that節内の動詞は原形になります。
主語の「my son」が三人称単数だからといって「studies」になることもありません。

仮定法現在の使い方

仮定法現在は、以下の形で使います。

主語 + 動詞A + that + 主語 + (should) + 動詞の原形~.

※「should」はなくてもかまいません。

動詞Aには、以下のような提案・要求・命令を表す表現が使われます。

advise(忠告する)、ask / demand / require / request(要求する)、insist(主張する)、decide(決心する)、desire(願う)、order / command(命令する)、propose / suggest(提案する)、recommend(勧める)、urge(強く促す)

以下に例をあげます。

The students demanded that the rule (should) be changed.

生徒たちは、ルールが変更されることを要求しました。

My father insisted that we (should) stay home all day.

父は、私たちが1日中、家にいるように求めました。

ナオ
つまり、「advise」や「demand」なんかの動詞が使われる英文で、that節の中では動詞の原形が使われるってこと?

仮定法現在ってそういうこと?

アキラ
そういうことや!

ちなみに、仮定法現在の否定文は、以下のように動詞の前に「not」を入れる。

The students demanded that the rule not be changed.

生徒たちは、ルールが変更されないことを要求しました。

My father insisted that we not stay home all day.

父は、私たちが1日中、家にいないように求めました。

ナオ
変なの!

仮定法現在のもう1つの用法としては、以下の形のものがあります。

It is + 形容詞 + that + 主語 + (should) + 動詞の原形.

※「should」はなくてもかまいません。

「形容詞」には、以下のように要求・必要・願望などを表す言葉が使われます。

desirable(望ましい)、necessary(必要)、important(重要)、essential(不可欠)、compulsory(義務)、imperative(必須)

以下に例をあげます。

It is necessary that the schedule (should) be changed.

スケジュールを変更することが必要です。

It is desirable that he (should) attend the meeting.

彼が会議に参加することが望ましい。

アキラ
この形の仮定法現在の英文は、主に書き言葉で使う。
話し言葉では、以下のようにto不定詞を使うことが多い。

It is necessary for the schedule to be changed.

スケジュールを変更することが必要です。

It is desirable for him to attend the meeting.

彼が会議に参加することが望ましい。

自由に英語を話せるようになるには

この記事では、仮定法現在について説明しました。

一般的な英語の時制とは違うので、間違えないようにこの記事を読んでしっかりと覚えてください。

ただし、文法を覚えただけでは英語を話せるようになりません。

自由に英語を話せるようになるには、そのための専用の勉強が必要です。

勉強法について詳しくは、メール講座で説明しています。
以下のページから無料で参加して、不要になればいつでも解除できます。
気軽に参加してください。

↓↓↓以下をクリックして無料で参加してください↓↓↓
記事下からメール講座に誘導するバナー

\ SNSでシェアしよう! /

英会話ハイウェイ | 英会話、海外生活・留学に関する情報が満載のメディアの注目記事を受け取ろう

怒った女性

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

英会話ハイウェイ | 英会話、海外生活・留学に関する情報が満載のメディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
英語無料メール講座のバナー(記事下)

この記事を読んだ人は、こちらも読んでいます

  • 助動詞「may」の意味と使い方|英会話で使える表現を8分で学ぼう

  • 「something」と「anything」の違いと正しい使い方

  • 現在完了の継続とは?ゼロから始めて9分で学ぶ現在完了

  • 最上級とは?英語で話すときに必須の5パターンを10分で解説する

  • これで完璧!「can be」の意味と使い方14選

  • 英語の前置詞33選!英会話に必須の前置詞を厳選しました。