1. TOP
  2. 英会話
  3. 【例文つき】what if 構文が持つ7つの意味と使い方を徹底解説!
3ステップ勉強法 コンテンツ上のバナー 3ステップ勉強法 コンテンツ上のバナー

【例文つき】what if 構文が持つ7つの意味と使い方を徹底解説!

 2024/03/13 英会話
この記事は約 11 分で読めます。
what ifの使い方
Yui
こんにちは。英語ライターのYuiです。
今回は、what ifの意味と使い方ついて説明します。

日常英会話でよく使う大切な言葉のひとつです。
避けて通れない言葉なので、しっかり覚えましょう。

あなたは”what if〜?”という表現を聞いたことはありますか?

“what if”は非常に便利な表現で、留学期間中に何度も耳にしました。

詳細は後述しますが、疑問文であるにもかかわらず、疑問文の形に直さずに肯定文の形のままで表現できるため使いやすいです。

読み終わる頃には、”what if”構文を習得し、自在に使いこなせるようになっているでしょう。

アキラ

英会話ハイウェイでは、10年以上の経験を持つ翻訳者のアキラとYui、ネイティブ翻訳者が、日常英会話で使う表現や勉強法、翻訳の仕事について分かりやすく説明しています。

たった3か月で、自分の言葉で英語を自由に話せるようになる独学法については、無料のメール講座をご確認ください。

what if 〜が持つ意味と使い方

“what if”には、下記のようにさまざまな意味があります。

  • 「もし〜だったらどうするの?」(直説法)
  • 「もし〜だったらどうするの?」(仮定法)
  • 「〜したらどうだろう?」
  • 「〜だから何だって言うの?」
  • 「でも〜ならどうするの?」
  • 「仮の」「仮設の」
  • 「もしもの話」「仮定」

ここでは、それぞれの意味と使い方、そして見分け方について例文を用いて詳しく解説します。

What if + 現在形?「もし〜だったらどうするの?」(直説法)

これは、将来起こりうる可能性があることに対して「もし〜だったらどうするの?」と聞くときに使います。

「直説法」とは文法用語の1つで、現実のことや現実に起こる可能性があることに対して述べるときに使う動詞の用法のことです。

この場合は、”what if”の直後は直説法、つまり現在形の文章を伴います。

“what if + 現在形?”は、“What are you going to do if + 主語 + 動詞〜?”「もしSがVしたらどうするの?」や”What should I do if + 主語 + 動詞〜?”「もしSがVしたら何をすべきなの?」が短縮されたフレーズです。

そのため、疑問文ではありますが、”what if”の後は平叙文(肯定文)のように主語+動詞〜という語順になるため気をつけてください。

また、このフレーズはポジティブな出来事に対しても使えますが、ネガティブな状況を仮定するときに使われることが一般的であることも押さえておきましょう。

例文を確認しましょう。

A: What if I fail the test?
A: テストに落ちたらどうしよう?

B: Be positive! You studied so hard, so you would pass the test! Trust yourself!
B: 前向きになって!一生懸命勉強していたんだから、きっと受かるよ!自分を信じて!

What if + 過去形? 「もし〜だったらどうするの?」(仮定法)

“what if”には「仮定法」もあります。

「仮定法」とは、「直説法」とは異なり現実には起きないこと、あるいは起こる可能性が低いことを述べる際に使う動詞の用法です。

この場合は、”what if”の直後には過去形を伴ってください。

これは、“What would you do if 〜?”という表現が簡略化された表現です。

What if you had a Dokodemo-door?
もしどこでもドアを持っていたらどうしますか?

What if 〜?「〜したらどうだろう?」

“what if”は、「〜したらどうだろう?」や「〜したらいいんじゃないかな?」のようにアイディアを提案するときに使うこともあります。

自分の提案を相手に直接伝えるというよりはソフトに、かつ遠回しに提案するというニュアンスがあるため、強い提案をしたい場合は異なる表現を使用することがおすすめです。

基本的には現在形を伴いますが、過去形にするとより丁寧な提案になります。

A: What if we spend our holiday in Hawaii?
A: 休暇をハワイで過ごすのはどうだろう?

B: Sounds good!
B: いいね!

So what if 〜?「〜だから何だって言うの?」

“what if”の前に”so”を入れると、「だから何だって言うの?」や「〜して何が悪いの?」という意味になります。

相手から何かを責められて逆ギレするような態度を示す際に使うことが一般的です。

非常に口語的な表現であるため、使用する場面や相手には気をつけましょう。

So what if I had dinner with my female friends? It doesn’t necessarily mean I’m having an affair.
女友達と一緒に夕食を食べて何が悪いの?それが必ずしも浮気をしているってことにならないだろ?

But what if 〜?「でも〜ならどうするの?」

これは非常にカジュアルな表現で、「でも〜ならどうするの?」と話題を転換する際に使います。

ポジティブな場面、ネガティブな場面関係なく使用可能です。

A: Let’s catch up at the bus station at 7 a.m. tomorrow.
A: じゃあ明日の朝7:00にバス停で待ち合わせよう。

B: But what if the bus is late? A big typhoon is coming tonight so it might happen.
B: でもバスが遅れたらどうなるの?今夜大きな台風が来るから、そういう事態も起こる可能性があるよ。

what-if 「仮の」「仮設の」

“what if”をハイフンでつなげると、形容詞または名詞に変えることが可能です。

形容詞の場合は、「仮の」「仮設の」という意味になり、名詞の場合は「もしもの話」「仮定」となります。

形容詞の”what-if”の例文を見ていきましょう。

I recommend you do a what-if analysis before starting to write the report.
そのレポートを書き始める前に仮の分析をしておくことを勧めるよ。

what-if「もしもの話」「仮定」

前項でも紹介しましたが、”what-if”は名詞として使うこともできます。

複数形の場合は、”what-ifs”です。

A: You seem a worrier because you always talk about what-ifs.
A: 君はいつももしもの話ばかりしていて心配性みたいだね。

B: Oh really? I didn’t know about that. Hahaha….
B: えっ、本当?気づかなかったよ。ははは。

what if とifの違いは?

“what if”には「もし〜だったらどうするの?」という意味があり、仮定法のifとの違いが分からず混乱してしまう人も少なくありません。

この2つは意味が似ているようで、全く異なります。

例文で確認しましょう。

“what if”を使って、「明日雨が降ったらどうしよう」を英語で表現すると、下記のような英文になります。

What if it rains tomorrow?

“what if”の部分を” if”に置き換えてみましょう。

If it rains tomorrow.
もし明日雨が降ったら。

違いはわかりますか?

“what if”の方は文章が完結していますが、” if”の文章は未完で意味が通じません。

“if”を使う場合は、「もし〜ならば、…」の「…」の部分が必要です。

つまり、”what if”は”if”にそのまま書き換えができるわけではないということです。

What if 〜?の言い換え表現&類似表現

最後に、下記の4つの”what if〜?”の言い換え表現・類似表現を紹介します。

  • How about if 〜?
  • be worried about 〜
  • suppose
  • imagine

How about if 〜?

“How about if 〜”は、” what if”が持つ提案と仮定どちらのニュアンスもカバーができる言い換え表現です。

日常会話でよく使われます。

How about if I’m pregnant?
妊娠していたらどうしよう。

How about if we’ll have lunch at the new Italian restaurant you mentioned the other day?
この間あなたが話していた新しいイタリアンのお店でランチを食べるのはどうですか?

be worried about 〜

未来に対する不安を表現する際に、”what if”が使えることを説明しました。

このニュアンスで使用する場合は、”be worried about〜”「〜について心配している」と言い換えることが可能です。

例文を確認しましょう。

I’m worried about global warming so seriously.
地球温暖化について真剣に心配しています。

suppose

“suppose”は仮定や提案をするときに使う語です。

“what if”の類似表現で、” what if”の提案や仮定と比べると、より具体的な提案や仮定をする際に使います。

Suppose we use social media to communicate with our customers.
SNSを使って顧客とコミュニケーションを図るのはどうだろうか?

imagine

“imagine”は想像や仮定を表現する際に使う語です。

“what if”と比較すると、よくクリエイティブなシナリオや夢について語る際に使うため、言い換え表現というよりは類似表現という位置付けになります。

Imagine getting 1 billion yen. What would you spend the money on?
10億円を手に入れたと想像してみてください。そのお金を何に使いますか?

what if 〜の意味と使い方をきちんと理解して使いこなそう!

この記事では、”what if”が持つ意味と使い方、そして類似表現や言い換え表現について例文を用いて解説しました。

冒頭でもお伝えしましたが、”what if”は汎用性が高く、ネイティブもよく使う表現です。

疑問文であるにも関わらず、語句の順番を変えず平叙文のままで表現できることから非常に便利な表現であるとも言えます。

ぜひ”what if”の意味と使い方を習得して、正しく使いこなせるようにしましょう!

なお、お決まりフレーズを言うだけでなく、自分の言葉で英語を話せるようになるには、 “ある練習” が必要です。

詳しい練習法については、無料の動画セミナーで公開しています。

→無料の動画セミナーに登録するにはこちら

英語無料メール講座のバナー(記事エリア下)

\ SNSでシェアしよう! /

英会話ハイウェイ | 英会話、海外生活・留学に関する情報が満載のメディアの注目記事を受け取ろう

what ifの使い方

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

英会話ハイウェイ | 英会話、海外生活・留学に関する情報が満載のメディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

Yui

Yui

高校で英語教員として8年勤めた後、オーストラリアに留学し、モナッシュ大学院観光学部に入学。2021年に卒業した後、現地企業でマーケターとして年勤務しました。現在はライターとしてオーストラリアで活動しています。

この記事を読んだ人は、こちらも読んでいます

  • 「以上です」は英語で?すぐに使える簡単フレーズを紹介します

  • 「特になし」は英語でどう言うの?会話と書類で使える14フレーズを紹介

  • 「美味しい」は英語で?そのまま使える便利フレーズ22選

  • 「受け取る」の英語は?今すぐ使えるニュアンス別の5パターン

  • 別れ際に言う「元気でね」の英語フレーズ17選!例文付きでご紹介!

  • 「テンパる」は英語で?日常英会話で使えるフレーズ7パターン