1. TOP
  2. 英会話
  3. 「雨降りにうんざり」は英語で?日常英会話で使える便利フレーズ5選
3ステップ勉強法 コンテンツ上のバナー 3ステップ勉強法 コンテンツ上のバナー

「雨降りにうんざり」は英語で?日常英会話で使える便利フレーズ5選

 2020/11/05 英会話
この記事は約 10 分で読めます。
雨の中で傘をさす女性

このコンテンツは、10年以上の経験を持つプロ翻訳者であるアキラがネイティブの翻訳者と協力して、日常英会話で使う表現や勉強法をできるだけ分かりやすい言葉を使って説明するメディアです。


こんにちは!
英会話ハイウェイ運営者のアキラです。

笑顔のアキラ

今日は、「雨降りにはうんざりだ」など、日常英会話でよく使う英語フレーズを厳選して紹介します。

この記事で紹介するフレーズ(表現)は以下の5つです。

  1. ~が嫌になる、ウンザリする
  2. ~しなくちゃ
  3. (交際相手)と別れる
  4. 邪魔する、気に障る
  5. ~するように努力する

これらのフレーズの使い方について、ナオとクリスティーンの会話を通じて学びましょう。

ダイアログ「雨降りにうんざり」

雨降りにうんざりしているナオが、友人のクリスティーンにその気持ちをぶつけます。

傘をさす老人と子供

ナオ
I’m fed up with it raining every day.
この毎日降る雨にはうんざりだわ。
クリスティーン
The weather is something we have no control over.
天気は私たちにはどうしようもないものよ。
ナオ
I had to cancel two trips due to this rain!
この雨のせいで旅行2つもキャンセルしなければならなかったのよ!
クリスティーン
That is a shame. I don’t care about the rain at all.
それはお気の毒。私は雨なんか全然なんともないわ。
ナオ
How can you be like that?
なんで、そんなふうにいられるの?
クリスティーン
I have made an effort to get to like the rain.
雨を好きになるように努力したのよ。

日常英会話で役に立つフレーズ5選

それでは、上の会話で出てきた英語フレーズを1つずつ見ていきましょう。

嫌になる、うんざりする

be fed up with」には「うんざりする」「イライラする」という意味があります。

この会話では、雨にうんさりしていますが、人に対しても使えます。

I’m fed up with my boyfriend.
私、彼氏にはうんざりなの。

鏡を見てイライラする女性

have enough of~」も「うんざりする」という意味に使えます。

本来の意味は「十分に持っている」ですが、「これ以上は要らない」「もうたくさん」という意味にも使えるわけです。

I’ve had enough of the teacher saying the same things again and again.
先生がする同じ話にはうんざりだね。

中学生のときに習う「うんざりする」の定番は「be tired of~」です。

I’m tired of seeing bad news on TV.
テレビで見るひどいニュースにはうんさりだね。

~しなくちゃ/ ~しなければいけない

need to」「have to」には、「must」と同じように「~しなければいけない」という意味があります。

日常的な会話では「have to」がよく使われます。

例)

I have to finish my homework.
宿題を終わらさなくちゃ。

I need to go.
もう行かなくちゃ。

She needs to buy new shoes.
彼女は新しい靴を買わなければなりません。

「have to」は、個人的な意思ではなく、外部の要因などによって「しなければいけない」ときによく使われます。

一方、「need to」は、自分の考えや意思によって「しなければならない」ときによく使われます。

アキラ
「have to」と「must」について詳しくは、以下の記事を読んでほしい。

⇒「have to」の意味と使い方|基礎からニュアンスまで9分で解説

⇒「must」の意味と使い方|9分で学ぶ助動詞の基礎から応用

リンク先の記事では「have to」と「must」の違いについても説明している。

(交際相手)と別れる

「(交際相手)と別れる」は「break up with~」と言います。

「break up」に「壊れてバラバラになる」という意味があることを覚えておけば簡単に使いこなせると思います。

I broke up with her because I could not stand her bad habits.
僕は、彼女の悪い癖が嫌で彼女と別れた。

※「habit」=習慣

海岸で夕日を見るカップル

邪魔する、気に障る

「気分を害する」という意味の動詞に「offend」があります。

耳や目などの感覚器官に対して使った場合、「不快にさせる」、「耳障り(目障り)だと感じさせる」という意味になります。

メガホンで叫ぶ男の子と女の子

This loud music offends my ears.
このうるさい音楽が耳に触る。

※「loud」=やかましい


interrupt」は「邪魔する」という意味の他動詞です。

人の会話に割り込んだり話の腰を折ったりするような行為を意味するときによく使われます。

May I interrupt you for a moment?
ちょっとお邪魔してもよろしいですか?

※「for a moment」=少しの間

Can you leave me alone for a while?
今ちょっと放っておいてくれる?

~するように努力する

make an effort to~」は「努力する」という意味の熟語です。

また、「get to」には「~するようになる」という意味があります。

これらを組み合わせると、「好きになるように努力する」のような表現を作ることができます。

例)

I didn’t like jazz, but as my boyfriend is a jazz fan, I made an effort to get to like it.
ジャズは好きでなかったけど、彼がジャズファンなので、私も好きになるように努力したの。

I made an effort to get to like natto. This is because I heard it was good for your health.
納豆を好きになるように努力したよ。健康にいいって聞いたので。

「雨降りにうんざり」のまとめ

この記事では、ナオとクリスティーンの会話を通じて5つの表現を学びました。

「雨降りにはうんざり」など、短く簡単なものばかりですが、これらが使えると表現が豊かに自然になりコミュニケーションが楽しくなります。

ダイアログを何度も声を出して読み、その他の例文の中でどのように使われているかを見て確認しましょう。

なお、英語を自由に話せるようになる3ステップをメルマガで公開しています。

以下のページから無料で購読して、不要になればいつでも解除できます。

⇒メールマガジンを読んで独学で英語を身につける勉強法を学ぶにはコチラ!

ナオ
私も、この勉強法で英語がパッと出てくるようになりました!
英語無料メール講座のバナー(記事エリア下)

\ SNSでシェアしよう! /

英会話ハイウェイ | 英会話、海外生活・留学に関する情報が満載のメディアの注目記事を受け取ろう

雨の中で傘をさす女性

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

英会話ハイウェイ | 英会話、海外生活・留学に関する情報が満載のメディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

戸田 あきら

戸田 あきら

株式会社トランス・ダイナミック代表取締役。原田メソッド認定パートナー。
ニュージーランドとアメリカで留学・就職を経験。中学生・高校生・社会人に英語指導をしたあと翻訳者として独立。TOEICは、試験勉強を一切せずに一発で940点。

現在は、翻訳事務所を運営しながら、英語学習者向けの情報配信、英会話教材の開発・販売、翻訳通信講座の運営を行っています。

この記事を読んだ人は、こちらも読んでいます

  • 「分数」の英語|3/13などの読み方と正しく伝わる簡単テクニック

  • 留学体験談|外国人によく聞かれる102の質問

  • 「汚い」は英語で?正しい意味が伝わるニュアンス別5パターン

  • 「キリン」を英語で言える?キリンにまつわる名言・表現11選

  • 「コンセント」は英語で?家電製品の扱いにまつわる表現20選

  • 「おめでとう」は英語で?そのまま使える便利フレーズ30選