1. TOP
  2. 英会話
  3. 50代でも英語を話せる!歳を取ってからオススメの捨てる勉強法とは?
英語無料メール講座のバナー(記事上)

50代でも英語を話せる!歳を取ってからオススメの捨てる勉強法とは?

英会話 この記事は約 7 分で読めます。
微笑む50代の女性

このコンテンツは、現役のプロ翻訳者であるアキラがネイティブの翻訳者と協力して、日常英会話で使う表現や勉強法をできるだけ分かりやすい言葉を使って説明するメディアです。


こんにちは!
英会話ハイウェイ運営者のアキラです。

笑顔のアキラ

英語は何歳まで身に付けることができると思いますか?

20代?

30代?

40代?

若ければ若いほど覚えるのが早いし、発音やリスニングも上達が早いのは当然です。

では、50代や60代になってから英語を勉強しても、英語を話せるようになるのでしょうか?

それとも、いくら頑張って英語を勉強しても無駄になるだけなのでしょうか?

今回は、年齢的に記憶力、集中力、意欲に衰えを感じている50代の女性からメールをいただきましたので紹介します。

50代を過ぎても英語は身に付けられるの?

52歳、パートです。

短大を卒業して就職、結婚、子育てで、英語に全く触れることなく現在まで来てしまいました。

やっと自分の時間が増えたので、10代の頃からぼんやりと私の中にあった、「英語を話せる人が羨ましい」という感情を開放するために、少しずつ英語を勉強していこうかなと思ったりします。

こんな超超初心者でも英語を話せるようになるのでしょうか?

年齢的に暗記力、集中力、意欲の衰えを感じています。

それとも50を過ぎるとあきらめたほうがよいですか?

可能性があるのか勉強しても徒労に終わるのか、どうすればいいのか足踏み状態です。

私の身の振り方を正直にアドバイスしていただけないでしょうか。

アキラ
こんにちは。アキラです。
メールをありがとうございます。
ナオ
やっと自分の時間が増えたので、10代の頃からぼんやりと私の中にあった「英語を話せる人が羨ましい」という感情を開放するために、少しずつ英語を勉強していこうかなと思ったりします。
アキラ
自由にできる時間ができて「さあ、これから!」というところですね!
ナオ
こんな超超初心者でも英語を話せるようになるのでしょうか?

年齢的に暗記力、集中力、意欲の衰えを感じています。

それとも50を過ぎるとあきらめたほうがよいですか。

アキラ
若い人と比べると覚えるのに時間がかかるかもしれませんが50代でも英語は話せるようになります。

私の翻訳の師匠は、定年退職間際に英語の勉強を始めて英語を話せるようになり、さらに翻訳の仕事もされています。

また、私の講座を受講している方には70歳を過ぎている方も何人もいらっしゃいます。

学習意欲がなくなってしまっては年齢に関係なくダメですが、やる気があるなら、まだまだ大丈夫です。

ただし、間違った方法で勉強していては本当に徒労に終わってしまいますので注意が必要です。

効果の出る勉強法を無料メールで説明していますので、よかったら参加してください。

⇒独学で英語を身に付ける3ステップ勉強法はこちら

それではよい午後を。

歳を取ってからはズバッと捨てるのが秘訣

最近、定年退職した方や70歳を過ぎた方など、高齢の方からメールをいただくことが増えてきました。

ほとんどの方は、「今からでも英語は身に付くのだろうか?」ということを心配されています。

特に高齢になるほど、「身に付く可能性のないスキルの習得に時間を費やすのは避けたい」という気持ちが強いのだと思います。

私自身は、高齢になってからでも英語は身に付けられると信じています。

というのも、すでに話したように私の師匠が身をもってそれを証明しているからです。

また、講座の受講生さんには、70歳を過ぎても仕事をしながら英語の勉強をしていて、ちょくちょく海外に行かれている人もいらっしゃいます。

すごいエネルギーですよね!

老化の度合いには個人差がありますが、他の人にできて自分(あなた)にできないことはないはずです。

笑顔の中年女性

もちろん、50代を過ぎた人が英語を勉強する場合、10代や20代の人と同じ勉強をしていたのでは難しいかと思います。

記憶力や聴力、脳の柔軟性など、肉体的な面で大きな違いがあるからです。

だから、高齢になってから英語を勉強するなら、

  1. 重要度の低いことや
  2. 身に付く可能性が低いこと

はズバッと切り捨てて、本当に必要なことだけに労力を集中するのがポイントです。

たとえば、ネイティブの発音を身に付けたいと思っても、高齢者になってからでは無理です。
それなら、発音の練習はネイティブに何とか理解してもらえる程度までしたら終わりにして、別の勉強に時間を使うのが効率的です。

また、使う可能性のない単語をたくさん覚えても無駄になるだけです。
それなら、基礎単語を覚えた後は、本当に必要になりそうな単語だけに限定して覚えることで無駄を省けます。

たとえば、個人で海外旅行をするという目標があるなら、バスや電車など交通機関に関係する単語や熟語、レストランやホテルなどで使う言葉などを優先的に覚えていきます。

また、趣味について外国人と話せるようになりたいなら、趣味で使われる言葉を優先して覚えます。

こうすることで無駄を省けるので、学習時間を大幅に短縮することができます。

英語を話せるようになる勉強法とは?

この記事では、50代を過ぎてからでも英語を話せるようになるかについてお話ししました。

もしあなたが50代を過ぎていて、英語を勉強するべきかどうか迷っているなら、今からでも間に合うので挑戦してください。

しかし、注意していただきたいのは、正しい方法で英語を勉強しなければ努力が無駄になるということです。

正しい勉強法については、メール講座で説明しています。
以下のページから無料で参加して、不要になればいつでも解除できます。
気軽に参加してください。

↓↓↓以下をクリックして無料で参加してください↓↓↓
記事下からメール講座に誘導するバナー

\ SNSでシェアしよう! /

英会話ハイウェイ | 英会話、海外生活・留学に関する情報が満載のメディアの注目記事を受け取ろう

微笑む50代の女性

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

英会話ハイウェイ | 英会話、海外生活・留学に関する情報が満載のメディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
英語無料メール講座のバナー(記事下)

この記事を読んだ人は、こちらも読んでいます

  • 「投げる」は英語で?すぐに使える投げ方ごとの表現5パターン

  • 留学体験談|外国人によく聞かれる102の質問

  • 「うらやましい」を表す英語を21の例文を使って説明します

  • 「受け取る」の英語は?今すぐ使えるニュアンス別の5パターン

  • 「ナンパ」は英語で?外国人に話しかけるときの最初の言葉11選

  • 「参加する」は英語で?6つの言い方と違いを説明します