1. TOP
  2. 留学
  3. 国内留学とは?キャリアにブランクを空けずにコストを抑えて留学しよう!
3ステップ勉強法 コンテンツ上のバナー 3ステップ勉強法 コンテンツ上のバナー

国内留学とは?キャリアにブランクを空けずにコストを抑えて留学しよう!

 2023/03/03 留学
この記事は約 10 分で読めます。
シェアハウス

英会話ハイウェイでは、10年以上の経験を持つ翻訳者のアキラが、日常英会話で使う表現や勉強法、翻訳の仕事について分かりやすく説明しています。

独学で英語を話せるようになる方法については、無料のメール講座をご確認ください。

翻訳の仕事について詳しくは、翻訳のキモを学べるメール講座をご確認ください。


笑顔のアキラ

今日は、オーストラリアでモナッシュ大学院を卒業し、オーストラリア在住のYuiさんが、国内留学について教えてくれます。

費用をおさえて留学することに興味がある場合は、参考にしてください。

Yui
こんにちは。ライターのYuiです。

あなたは海外留学に憧れを感じますか?

多くの人が海外留学に興味があるものの、時間やコストが理由で断念しています。

しかし、それらを理由に海外留学を諦めてきたあなたに朗報です!

国内留学であれば、海外留学に近い体験をすることができます。

この記事では、国内留学の種類と定義、国内留学のメリット&デメリット、国内留学が向いている人&向いていない人をご紹介します。

「留学」をするための方法の1つとして参考にしてみてください。

国内留学とは?

国内留学とは、海外に行かずに日本国内で英語環境に身を置くことができる留学プログラムを指します。

新型コロナの影響で多くの国が国境封鎖をし、留学してもなかなか留学に行けない状況が続きました。

このような状況を打開するために、「国内留学」が誕生したのです。

国内留学は、1泊2日程度から数ヶ月に及ぶものまで期間はさまざまです。

また、留学タイプについてもホテルでの合宿や外国人宅へのホームステイなど多岐に渡ります。

海外留学と比較すると、コストや時間がかからないという点が大きな特徴です。

英語力を向上させたいものの、忙しくてなかなか留学に行けない社会人や学生にもってこいのプログラムであると言えます。

国内留学の種類

国内留学は主に下記の4つの種類に分けることができます。

  • ホームステイ型
  • シェアハウス型
  • 短期英語合宿型
  • 外国の大学の日本キャンパス通学型

それぞれのタイプについて詳しく説明します。

ホームステイ型

ホームステイ型は、国内の外国人宅に宿泊して共同生活を送ることで海外の文化や習慣を学ぶことができます。

ホストファミリーから英語のレッスンを受けられることもあるようです。

シェアハウス型

シェアハウス型は、外国人とシェアハウスで共同生活をしながら英語の学習をします。

ほとんどの場合、長期での滞在をすることになるため、外国人の友達ができたり、海外文化について深く理解できるでしょう。

短期英語合宿型

多くの国内留学のプログラムがこれに当てはまります。

短期英語合宿型は、ホテルなどの宿泊施設で、合宿のような形で英語の学習に取り組むプログラムです。

日帰りから数ヶ月単位まで留学期間はさまざまです。

他の参加者と交流する機会を設けているプログラムもあります。

外国の大学の日本キャンパス

このタイプは最も海外留学に近いです。

日本にキャンパスを置く外国の大学に、外国人留学生と共に授業を受けて英語力を向上させます。

国内留学の費用の目安

国内留学の費用の相場は1日1〜4万円ほどです。

この費用には下記の項目が内訳として含まれています。

  • レッスン料
  • 教材費
  • 宿泊費
  • 食費

以前、オーストラリア留学にかかる費用についてご紹介しました。

海外留学と比較すると非常にリーズナブルであることがわかるのではないでしょうか?

国内留学のメリット6つ

国内留学のメリットは下記の6点です。

  • 気軽に参加できる
  • 感染症や治安に対する心配が無用である
  • 事前準備が不要である
  • 英語勉強仲間が見つかるかもしれない
  • 休学や休職・退職をしなくても良い
  • コスパが良い

それぞれのメリットについて詳しく解説します。

気軽に参加できる

海外留学をするとなると、日本との文化や慣習の違いや時差などさまざまなことが気になるでしょう。

しかし、国内留学は「日本国内」で行われます。

人によっては上京する必要があり、あまり慣れていない環境に身を置くことになるかもしれませんが、日本国内である以上不安に感じることはないでしょう。

海外留学と比較すると参加するためのハードルが非常に低く、気軽に参加しやすい点が魅力です。

感染症や治安に対する心配が無用である

日本でもついに新型コロナが季節性インフルエンザと同等の5類に引き下げられるようですが、まだまだ新型コロナの動向に対して不安に感じている人もいるでしょう。

特に、空港は世界各国から不特定多数の人々がいるため、感染症の罹患が最も心配な場所です。

そして、治安に関しても気になっている方がいるのではないでしょうか?

日本は世界で最も治安が良い国の1つです。

海外で日本と同じように生活していると犯罪に巻き込まれる可能性があります。

しかし、海外ではなく国内留学に参加することで、感染症や治安に対する不安が無用になるため安全安心です。

事前準備が不要である

海外留学をするとなると、学生ビザの申請、フライトチケットの予約、滞在先の確保などやるべきことがたくさんあり、時間とお金が非常にかかります。

しかし、国内留学であれば、これらの煩雑な事務作業が不要なので非常に楽です。

また、荷物についても仮に忘れたとしても簡単に調達することができます

英語勉強仲間が見つかるかもしれない

上記にもありますが、短期英語合宿型の国内留学の場合は、他の参加者と交流する機会が設けられていることが多いです。

このような場を活用して英語を勉強する仲間を見つけてみてはいかがでしょうか?

忙しい社会人は、英語の勉強をしたくてもなかなか英語の勉強時間を毎日確保することは難しいものです。

英語の勉強仲間を作ることで、英語学習に対するモチベーションを維持または向上して、やる気がアップするでしょう。

また、海外留学とは異なり、国内留学でできた友達は日本人であるため、いつでも気軽に連絡し、再会することができます。

つまり、留学後も友達として繋がり続けることが容易であるということです。

休学や休職・退職をしなくても良い

海外留学で最もネックになるのがコストと時間ではないでしょうか。

特に社会人の場合は、中・長期の留学に行くためには休職したり退職する必要があり、キャリアにブランクを空けてしまいます。

収入が途絶えてしまうという不安から留学を諦めてしまう社会人も多いでしょう。

しかし、国内留学であれば1泊2日の超短期間から数ヶ月程度まで期間を選ぶことができます。

しかも、国内留学なので、休みを取っている間に会社や仕事で何かあっても比較的容易に駆けつけることができます。

国内留学は仕事や学業に忙しい人こそ向いているタイプの留学です。

コスパが良い

海外留学は留学先の国や地域、留学期間にもよりますが、非常にお金がかかることが多いです。

そしてお金をかけたからといって、必ずしも満足がいく留学生活になるかというとそうでもありません。

しかし、国内留学の場合は、コストを抑えて参加し、英語漬けの環境に身を置くことができるので非常にコスパが良いです。

留学後に後悔するリスクが少ないと言えるでしょう。

国内留学のデメリット3つ

国内留学のデメリットは3つあり、下記の通りです。

  • 短期プログラムだと英語力の向上は難しい
  • 異文化体験や海外生活を体験することが難しい
  • 就職や転職活動で評価されない

デメリットについて1つずつ見ていきましょう。

短期プログラムだと英語力の向上は難しい

国内留学のプログラムは、海外留学よりも短期間であるプログラムがほとんどです。

語学力は一朝一夕に身につくものではありません。

つまり、短期の国内留学に参加しても、英語力の向上は望めないでしょう。

しかし、多くの国内留学は、スピーキングやライティングといったアウトプット活動に力を入れています。

そのため、国内留学に参加することで、英語を話したり書くことに対する抵抗感をなくすことにつながるはずです。

異文化体験や海外生活を体験することが難しい

異文化体験や海外生活を体験することが留学の醍醐味です。

しかし、国内留学でそれらを体験することはかなり難しいでしょう。

非日常感を味わいたい人にとっては、国内留学は物足りなく感じてしまう恐れがあります。

どうしても実現させたい場合は、上記にもあるようにホームステイ型またはシェアハウス型の国内留学を探してみることがおすすめです。

就職や転職活動で評価されない

海外留学ですら珍しくはない今、「留学に行った」という事実だけでは、就職活動や転職活動で評価してもらえません。

留学に行き、「何を学んできたのか」「学んできたことを会社や仕事にどう活かすのか」「英語力がどれほど伸びたのか」ということをきちんと説明できることが大切です。

そのため、短期間の国内留学では、これらのことについて相手を説得できるほど説明することは難しいでしょう。

つまり、国内留学は就職・転職活動では評価されないということです。

国内留学が向いている人の特徴

国内留学が向いている人は下記のような特徴があります。

  • 学校や仕事が忙しくてまとまった休みを取ることができない人
  • いつか長期留学を実現させたい人
  • 気軽に国内で英語漬けの環境に身を置きたい人
  • 自分の現在の英語力を試したい人
  • 費用を抑えて留学体験をしたい人

国内留学が向いていない人の特徴

国内留学が向いていない人は下記のような特徴があります。

  • 海外生活をして異文化体験をしたい人
  • 外国人の友達を作りたい人
  • 英語漬けの生活にどっぷりと浸かりたい人
  • 英語力をしっかりと向上させたい人
  • 海外移住や海外就職を検討している人

これらの特徴に当てはまる数が多い人ほど、海外留学に行くことがおすすめです。

しかし、コストが理由で海外留学を躊躇している場合は、留学費用が安い国を検討してみることをおすすめします。

国内留学を活用して夢の留学体験を実現しよう!

国内留学は、仕事や学校で忙しくてなかなか時間が取れない方や、留学するためにかかる膨大なコストに躊躇している方にピッタリの留学タイプです。

興味がある方は早速国内留学プログラムを提供している機関や企業を調べ、予約してみてはいかがですか?

時間やコストが理由で留学を諦めないでください。

国内留学という手を利用して、あなたの夢であった留学をぜひ実現させましょう!

自分の言葉で英語を話せるようになるには?

国内留学という特殊な環境に身を置くことは英語力アップに効果的ですが、普段の練習はぜったいに欠かせません。

自分の言葉で英語を話せるようになるには、一人のときの練習が大切です。

では、どのように英語を練習すればいいのか?

その方法について詳しくは、無料のメール講座で公開しています。

こちらのページから気軽にお申し込みください。

英語無料メール講座のバナー(記事エリア下)

\ SNSでシェアしよう! /

英会話ハイウェイ | 英会話、海外生活・留学に関する情報が満載のメディアの注目記事を受け取ろう

シェアハウス

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

英会話ハイウェイ | 英会話、海外生活・留学に関する情報が満載のメディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

Yui

Yui

高校で英語教員として8年勤めた後、オーストラリアに留学し、モナッシュ大学院観光学部に入学。2021年に卒業した後、現地企業でマーケターとして勤務しました。現在はライターとしてオーストラリアで活動しています。

この記事を読んだ人は、こちらも読んでいます

  • 【保存版】留学経験者が教える正しい留学エージェントの選び方

  • オーストラリアの大学ランキング!Group of Eightに属す大学を徹底解説!

  • 留学保険って何?留学保険を選ぶポイント&おすすめ留学保険を紹介

  • 留学におすすめの国トップ10と留学先を選ぶ基準5つを徹底解説

  • 語学留学って意味ない?留学経験者が語る成功させるための7つのポイント

  • オーストラリアのワーキングホリデーにかかる費用の目安を徹底解説!