1. TOP
  2. 英会話
  3. 「要件」は英語で?英会話で使える意味別の表現3パターン
英語無料メール講座のバナー(記事上)

「要件」は英語で?英会話で使える意味別の表現3パターン

英会話 この記事は約 8 分で読めます。
驚き顔のカップル

このコンテンツは、現役のプロ翻訳者であるアキラがネイティブの翻訳者と協力して、日常英会話で使う表現や勉強法をできるだけ分かりやすい言葉を使って説明するメディアです。


こんにちは!
英会話ハイウェイ運営者のアキラです。

笑顔のアキラ

今回は、「要件」は英語でどう言えばいいかについて説明します。

まずお聞きします。

「要件」という言葉には、まったく違う2つの意味があることを知っていますか?

また、「要件」と「用件」とあまり区別せずに使っていたりしないでしょうか?

この記事では、「要件」の英語を意味別に2つに分けて説明し、また「用件」を使った例文も紹介します。

日常的な英会話でもよく使う表現なので、この機会に覚えておいてください。

「大切な用事」という意味の要件の英語

「要件」の1つ目の意味として、「大切な用事」があります。

ここでは「大切な用事」という意味の「要件」の英語を見てみましょう。

まず、誰もが知っている「point」を使った例文を見てみましょう。

ケンカするカップル

My husband has a convoluted way of talking and I never understand his point.

夫の話は回りくどくて、要件が何なのか分かりません。
(夫は、回りくどい話し方をします。そして私は、彼の論点を理解できません)

※「convoluted」=渦巻き状の、「point」=論点

ナオ
「point」には「話の要点」って意味があるから「要件」って意味で使えるってこと?
アキラ
そういうこと。

I am busy, so could you get to the point, please?

時間がないので、要件だけを話してもらえますか。
(忙しいので、要点を言ってもらえますか)

When you write an e-mail, don’t launch into detailed explanations, just summarize your main point.

メールには、ダラダラと長い説明を書くのではなく、要件をまとめて書いてください。
(メールを書くときは、詳細な説明から始めずに、重要な点をまとめてください)

※「launch into~」=~を始める、「detailed」=詳細な、「explanation」=説明、「summarize」=まとめる

箱を運びながら電話する女性

「緊急の要件」という意味では、「emergency」という名詞1語だけで表現することができます。

Unless it’s an emergency, please don’t call me at work.

緊急の要件がなければ仕事中に電話をかけないでください。
(緊急の要件でないかぎり、仕事中に電話しないでください)

※「emergency」=緊急の要件

「必要な条件」という意味で使う場合

要件の2つ目の意味として、「必要な条件」があります。

ここでは、「必要な条件」という意味で「要件」が使われている英文を紹介します。

まず、「必要なもの」「必要条件」という意味では「requirement」がよく使われます。

ゲームで遊ぶ子供

I want to buy a new game, but my PC does not meet the system requirements.

新しいゲームを買いたいけれど、僕のPCはシステム要件を満たしていないんです。

※「meet」=満たす

ナオ
システム要件って何?
アキラ
そのゲームを動作させるのに必要な性能を備えているかってこと。

10年前のパソコンでは性能が低いから、最新のゲームで遊ぶことはできんわけや。

You do not meet the necessary requirements for receiving a refund.

あなたは返金を受けるのに必要な要件を満たしていませんよ。

※「meet」=満たす、「necessary」=必要な、「requirement」=要件、「refund」=払い戻し

会話する老女二人

「条件」という意味では「condition」も使うことができます。

To receive a pension, you must meet certain conditions.

年金を受け取るには、必要な要件を満たしている必要があります。

※「pension」=年金、「certain」=ある、一定の、「condition」=条件


同じく「条件」という意味では「term」も使うことができます。

Our business partner changes the terms all the time so it’s impossible to meet them.

取引先が頻繁に要件を変更するので、とても対応できません。
(取引先が頻繁に要件を変更するので、それらを満たすことは不可能です)

※「term」=条件、「all the time」=いつも、「impossible」=不可能だ

ナオ
「condition」と「term」の違いは何?
アキラ
ほぼ同じ意味と考えて差し支えない。

法律用語として使う場合は、厳密には違いがあるけど知らなくても問題ない。

ちなみに、「取引条件」「契約条件」という意味では、「terms and conditions」のように両方を並べて使う。

「用件」を英語でたずねるには?

最後に、職場で電話がかかってきたときや、お客さんに対応するときのお決まりフレーズを紹介します。

「要件」の同音異義語である「用件」を聞くためのフレーズです。

接客するエプロンの女性

How may I help you?

ご用件は何ですか。

ナオ
「どのようにお手伝いできますでしょうか?」って意味やな。
アキラ
そのとおり。

丁寧な言い方やからお客さんが相手でも安心して使える。

英会話を独学で身につける勉強法とは?

この記事では、「要件」は英語でどう言えばいいかを例文を使って説明しました。

そのまま使ってもいいし、単語を入れ替えて使うこともできるので覚えておくと役に立ちます。

ただし、お決まりのパターンを覚えただけでは、言いたいことを英語で自由に言えるようにはなりません。

何でも英語で話せるようになるには、そのために特別な勉強をする必要があります。

詳しい勉強法については、メール講座で説明しています。

以下のページから無料で参加して、不要になればいつでも解除できます。
気軽に参加してください。

↓↓↓以下をクリックして無料で参加してください↓↓↓
記事下からメール講座に誘導するバナー

\ SNSでシェアしよう! /

英会話ハイウェイ | 英会話、海外生活・留学に関する情報が満載のメディアの注目記事を受け取ろう

驚き顔のカップル

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

英会話ハイウェイ | 英会話、海外生活・留学に関する情報が満載のメディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
英語無料メール講座のバナー(記事下)

この記事を読んだ人は、こちらも読んでいます

  • 「寝る」は英語で?正しく伝わるニュアンスごとの使い分け5選

  • 「と言われている」は英語で?4つの表現を中学英語で使いこなすには

  • 「勘違い」は英語で?ニュアンス別の便利フレーズ4パターン

  • 「期待する」は英語で?誤解を避けて正しく伝える動詞5選

  • 電話対応を英語でするときに使える簡単フレーズ38個まとめ

  • 間違えやすいカタカナ英語!今すぐ使える正しい表現20選