1. TOP
  2. 文法
  3. 現在完了進行形とは?8分でサクッと分かる使い方と現在完了との違い
英語無料メール講座のバナー(記事上)

現在完了進行形とは?8分でサクッと分かる使い方と現在完了との違い

 2017/06/16 文法 この記事は約 8 分で読めます。
講義中の教室

このコンテンツは、現役のプロ翻訳者であるアキラがネイティブの翻訳者と協力して、日常英会話で使う表現や勉強法をできるだけ分かりやすい言葉を使って説明するメディアです。


こんにちは!
英会話ハイウェイ運営者のアキラです。

今日は、現在完了進行形とは何かについて説明します。

現在完了進行形とは、現在完了と現在進行形を合わせた表現で、「ずっと~している」という意味を表すことができます。

現在完了進行形

現在完了進行形は高校で習う単元ですが、ネイティブは日常会話でよく使うしTOEICや受験などの試験にもよく出てきます。

覚えておくと必ず役に立つので、この記事を読んでマスターしてください。

現在完了進行形とは

現在完了進行形とは、過去のある時点から現在まで続いてきた動作や出来事を表す表現です。
今後も続くことを暗示している場合と、直前に終了したことを表す場合があります。

「現在完了進行形」という名前から分かるように、「現在完了」と「現在進行形」を合わせたような使い方をします。
そこで、最初に「現在完了」と「現在進行形」について簡単に説明します。

「現在完了」と「現在進行形」はよく分かっているという場合は、『現在完了進行形の使い方』から読んでください。

現在完了とは

現在完了とは、過去に起こった動作や状態を現在と結びつけて述べるときに使う表現です。

現在完了は、「have(has)+ 過去分詞」の形で使われて、以下の意味を表します。

継続(ずっと~している)
完了・結果(~したところだ、~してしまった)
経験(~したことがある)

継続の例

My husband has stayed in Paris for two weeks.

夫は、パリに2週間滞在しています。

上の英文は、2週間前から今まで継続的にパリに滞在していることを意味しています。

完了・結果の例

I have eaten a whole cake.

私は、ケーキを丸ごと食べてしまいました。

クリスマスケーキ

上の英文は、今、ケーキを食べ終わったところであることを意味しています。

経験の例

My son has visited Kyoto many times.

息子は、京都を何回も訪れたことがあります。

上の英文は、訪れたことがあるという経験を意味しています。
今、京都にいるかどうかは分かりません。

現在進行形とは

現在進行形とは、今まさに起こっている出来事を表す表現で、以下のように「be動詞 + 動詞のing形」を使って表現します。

My son is playing a video game with his sister now.

今、息子は、妹と一緒にテレビゲームをしています。

テレビゲーム

以下のような現在形の英文では、今しているかどうか分かりません。

My son plays video games with his sister.

息子は、妹と一緒にテレビゲームをします。

でも、現在進行形の英文では、「今~している」ということが分かります。

現在完了進行形の使い方

現在完了進行形とは、過去のある時点から現在まで続いてきた動作や出来事を表す表現です。

現在完了進行形

今後も続くことを意味する場合もあれば、直前に終了したことを表す場合もあります。

現在完了進行形は、以下の形で使われます。

主語 + have(has)+ been + 現在分詞(動詞のing形)

以下に例文を紹介します。

Hiroshi, your friend Hiro has been waiting for you since two o’clock.

ヒロシ、友達のヒロ君が2時からずっと待ってるわよ。

上の英文は、2時から継続してヒロ君が待っていることを意味しています。

Somebody has been sleeping on my sofa.

誰かが私のソファーで寝ていました。

赤ちゃん

上の英文は、ついさっきまで誰かがソファーで眠っていたことを意味しています。

今は誰も眠っていないことは、「somebody」(誰か)という言葉が使われていることから判断できます。

現在完了と現在完了進行形の違い

現在完了と現在完了進行形は、動詞の種類や一緒に使われる語句によって、意味が変わることがあります。

たとえば、「know」や「believe」を使って「ずっと~している」という継続を表す場合は、現在完了形を使います。

I have known him for 10 years.

10年間、私は彼のことを知っています。
(10年前から彼のことを知っています)

ナオ
「I know him for 10 years.」は、あかんのん?
アキラ
「I know him.」は、「今知っている」という意味やから、「I know him for 10 years.」とは言えない。

「talk」や「study」など動作を表す動詞には、現在完了進行形を使うのが一般的です。

My daughter has been talking on the phone for nearly three hours.

娘は、ほぼ3時間、電話で話しています。


「work」や「live」など日常的・習慣的なことを表す動詞は、現在完了と現在完了進行形のどちらも使われます。

ですので、以下のどちらの英文でもOKです。

I’ve lived in London for three years.

私はロンドンに3年間住んでいます。

I’ve been living in London three years.

私はロンドンに3年間住んでいます。

ロンドン

ただし、前者の「I’ve lived in London for three years.」は、「3年間住んでいる(そして今も住んでいる)」という「継続」の意味なのか、「3年間住んだことがある(今も住んでいるかどうかは分からない)」という「経験」の意味なのか分かりません。

後者の「I’ve been living in London three years.」なら、「3年前からロンドンに住んでいて、今も住んでいる」ということが明確です。

だから、今も継続しているという意味を表したいときは、現在完了進行形を使うのが安全です。

アキラ
一般的には、「learn」、「live」、「rain」、「sleep」、「stay」、「study」、「wait」、「work」などの動詞は、現在完了のときと現在完了進行形のときで、以下のように意味が異なる。

現在完了:完了(~してしまった)

例)I have worked for this company for 20 years.
この会社で20年働いてきました。
(そして退社した)

現在完了進行形:継続(ずっと~している)

例)I have been working for this company for 20 years.

この会社で20年働いてきました。
(今も働いている)

覚えた文法を英会話で付きこなすには

このページでは、現在完了進行形の使い方について説明しました。

このような文法は、英会話を身に付けるには必須ですが、文法を覚えただけでは英会話はできるようになりません。

英会話ができるようになるには、覚えた文法を使いこなすための勉強が必要です。

英会話で文法を使いこなせるようになる勉強法は、メール講座で説明しています。

以下のページから無料で参加して、不要になればいつでも解除できます。
気軽に参加してください。

記事下からメール講座に誘導するバナー

\ SNSでシェアしよう! /

英会話ハイウェイ | 英会話、海外生活・留学に関する情報が満載のメディアの注目記事を受け取ろう

講義中の教室

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

英会話ハイウェイ | 英会話、海外生活・留学に関する情報が満載のメディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
英語無料メール講座のバナー(記事下)

この記事を読んだ人は、こちらも読んでいます

  • 中学英語が7日間でマスターできる本は、本当にマスターできるのか?

  • 現在完了の継続とは?ゼロから始めて9分で学ぶ現在完了

  • 「below」の意味と使い方|「under」との使い分け5か条

  • 第1文型とは?中学英語で挫折した人のやり直し文法講座

  • 「will」の意味と使い方、10分で学ぶ英語の基礎文法

  • 「therefore」の使い方|「so/thus」との違いは?