1. TOP
  2. 英会話
  3. 「よくやった!」英語で相手を褒め称えるフレーズ15選!スラングも紹介!
3ステップ勉強法 コンテンツ上のバナー 3ステップ勉強法 コンテンツ上のバナー

「よくやった!」英語で相手を褒め称えるフレーズ15選!スラングも紹介!

 2023/08/01 英会話
この記事は約 12 分で読めます。
親指を突き立てた手が5本
Yui
こんにちは。オーストラリア在住ライターのYuiです。
今日は、「よくやった」の英語を紹介します。

ひとことに「よくやった」と言っても、一般的な表現からスラングまでたくさんあります。
この記事では、よく使われる表現を15個紹介するので、これらを覚えておくと会話で不自由することがなくなりますよ。

あなたは「よくやった!」と相手を褒め称える英語フレーズを知っていますか?

最も代表的な”Good job!” は、ほとんどの人が知っていますよね。

しかし、”Good job!” 以外にも相手の頑張りを褒めたり、労ったりする表現は数多くあります。

また、それらのフレーズは使う場面や相手によって使い分ける必要があるため注意が必要です。

この記事では、「よくやった!」を意味する英語フレーズを一般的なものからスラングまで15個紹介します。

番外編として、頑張ったものの結果が出なかった相手に対して「よくやったね!」と言うための表現も4つ紹介しています。

これらのフレーズは日常会話でもよく使われるため、しっかり覚えましょう。

アキラ

英会話ハイウェイでは、10年以上の経験を持つ翻訳者のアキラとYui、ネイティブ翻訳者が、日常英会話で使う表現や勉強法、翻訳の仕事について分かりやすく説明しています。

たった3か月で、自分の言葉で英語を自由に話せるようになる独学法については、無料のメール講座をご確認ください。

「よくやった!」を意味する一般的な英語フレーズ11選!

「よくやった!」と相手を褒めるための英語フレーズの種類は多岐にわたります。

ここでは、それぞれのフレーズの使い方を例文付きで紹介します。

それぞれ使用すべき場面や相手が異なるため、正しく使い分けられるようにしましょう。

Good job!「頑張ったね!」

“Good job!” は最も定番のフレーズですね。

部下や友達の仕事や勉強などのパフォーマンスを褒めるときに使います。

さらに強調して褒めたいときには”Great job!” と言うことも可能です。

チャットやSNSではGJと略されることもあるので、覚えておきましょう。

You passed the examination, didn’t you? Good job, Evelyn!
試験に合格したんだって?頑張ったね、エヴリン!

Well done!「よくできました!」

“Well done.” は、先生や上司が生徒や部下を褒め称えるときに使うことが多いです。

Well done, Katie. Thanks to you, our project was successful!
よくやったね、ケイティ。君のおかげで、我々のプロジェクトは成功を収めたよ。

Way to go!「でかした!」

“Way to go.” は、昔はスポーツで良いプレーをした選手に対する声掛けとして使われていました。

しかし、現在はスポーツに限らず、仕事や勉強などさまざまなことで努力をして目標達成した人を褒め称える際に使っています。

way to go は「でかした」「よくやった」以外にも、下記のようにさまざまな意味を持つイディオムです。

  • 「途中の」
  • 「〜するのがベスト」
  • 「やってくれたな」「やっちまったな」
Yui
way to goの使い方についてさらに詳しく知りたい場合は、『way to goの4つの意味と関連イディオムを5つ紹介!』を読んでください。
Way to go, Jennifer. Keep going on!
ジェニファー、でかしたぞ! その調子!

Good boy! またはGood girl!「いい子だね!」

この表現は、子どもやペットを褒めるときによく使います。

男の子に対してはGood boy!、女の子に対してはGood girl!です。

Wow! You have already done your homework! Good boy, George!
わぁ!もう宿題を終えたのね。いい子よ、ジョージ!

There you go!「よくやった!」

“There you go!” は、何か偉業を成し遂げた人や大きな成功を収めた人に対して、褒めるだけでなく、労い(ねぎらい)やお祝いのニュアンスも伝えたいときに使用するフレーズです。

Wow, you’ll graduate from Harvard University this summer. There you go!
わぁ、今年の夏にハーバード大学を卒業するんだね!よくやったね、おめでとう!

Good for you!「おめでとう!」

相手の行動を褒め称えたり、成功や幸運を祝ったりする際に、” Good for you.”を使います。

「よくやった!」よりも「おめでとう」というニュアンスの方が強いです。

しかし、このフレーズは皮肉として使われることもあるため、状況や相手の言い方から判断しましょう。

That’s fantastic! Good for you!
素晴らしいね! おめでとう!

Congratulations! / Congrats! 「おめでとう!」

「おめでとう!」の定番フレーズ”Congratulations!” も「よくやった!」というニュアンスを持つ表現です。

”Congratulations!”は” Congrats!”と略して使うこともできます。

いずれのフレーズを使うにしても、語尾の”s”をつけ忘れないようにしましょう。

また、このフレーズは相手の努力を讃えるときに使うフレーズです。

誕生日など、努力していないものに対して「おめでとう!」と言いたいときには使いません。

逆に相手を不快な気持ちにさせることがあるため、使わないように気をつけてください。

I heard you got a permanent residency in Australia! Congratulations!
オーストラリアの永住権を獲得したんだって?おめでとう!

Bravo!「ブラボー!」

サッカーの長友選手がよく使う”Bravo!” も、スポーツや演劇、そして音楽などのパフォーマンスを褒め称えるときに使うフレーズです。

これはイタリア語なのですが、実はイタリア語では「勇気がある」や「ワイルドな」という意味を表します。

Bravo, our team! All of you did a fantastic job tonight!
我がチームよ、ブラボー!今夜は全員がよくやってくれたよ!

I’m proud of you. 「えらいね!」

be動詞 + proud of 〜で「〜を誇りに思う」という意味を持つイディオムです。

そのため、この表現を直訳すると「私はあなたを誇りに思う」という意味になります。

仰々しい意味のように感じられるかもしれませんが、日常会話でもよく使われる表現です。

相手を褒め称えると共に、私も嬉しいというニュアンスを伝えたいときに使うと良いでしょう。

You got through such a difficult time. I’m proud of you!
こんな難しい時期を乗り越えられたなんて、えらいよ

You did it!「やったね」

この表現は成功や勝敗など結果がはっきりしているものに対して、相手が成功を収めたときに使うフレーズです。

頑張った過程よりは、結果を出せたことを褒め称えたいときに使います。

You defeated him! You did it!
君は彼を打ち負かしたんだね! やったね!

You deserve it. 「当然の結果だよ」

deserveは「〜に値する」という意味の英単語です。

そのため、「君の努力に値する結果が得られて当然だよ。」と言いたいときに使います。

You studied so hard that you passed the entrance examination. You deserve it!
一生懸命勉強したから入試に合格したんだよ。当然の結果だよ。

逆に「自業自得」という意味でも使える表現です。

「よくやった」をスラングでなんて言うの?

つづいて、「よくやった」を意味する英語のスラングを4つ紹介します。

下記の通りです。

  • Attaboy! / Attagirl!「いいぞ!」
  • Shout out!「やったね!」
  • You nailed it!「よく頑張った!」
  • Good on you!「やったじゃん!」

それぞれの表現について例文を用いて解説します。

Attaboy! / Attagirl!「いいぞ!」

この表現はアメリカで使われるスラングです。

男の子を褒めたいときには”Attaboy!”、女の子を褒めたいときには”Attagirl!”を使います。

スポーツや仕事などで良いパフォーマンスを見せた相手を褒めるときに使ってください。

Attagirl! That was an amazing smash!
よくやった!あのスマッシュは素晴らしかったね!

Shout out!「やったね!」

相手に感謝を伝えたいときや、相手が優れたことを成し遂げて褒めたいときにこのフレーズを使います。

スペルがshoutoutやshout-outとなることもあるので気をつけてください。

オンライン上のゲームやスポーツの実況中継でよく耳にするスラングです。

Big shout out to her! She nailed it!
彼女に大きな拍手を!彼女はやり遂げました!

You nailed it!「よく頑張った!」

相手を褒めながら労いたいときに” You nailed it.”を使います。

スラングではありますが、日常生活でよく耳にするフレーズなので覚えておくと良いでしょう。

Your graduation speech was awesome and I was moved! You nailed it!
君の卒業生代表のスピーチはあまりにも素晴らしかったから感動しちゃったよ!よく頑張ったね!

Good on you!「やったじゃん!」

これはオーストラリアやニュージーランドでよく耳にするスラングです。

目の前にいる相手ではなく、第三者を褒めたいときにはyouをhimやherに変えます。

I heard you got a new job! Good on you!
新しい仕事が見つかったんだって?やったね!

【番外編】頑張ったけれど結果が出なかった相手に「よくやった」と言いたいときに使うフレーズ

上記で紹介したフレーズは、スポーツや勉強、そして仕事など努力をして結果を出した相手を褒め称えるときに使うフレーズです。

しかし、場合によっては努力が報われないケースもあります。

そのような相手に対して使う「よくやった」を意味するフレーズは下記の3つです。

  • You did your best. 「残念だけど、君はベストを尽くしたよ。」
  • Nice try. 「惜しかったね。」
  • Good effort. 「残念だったけど、よく頑張ったね。」

これらのフレーズもこれを機に覚えましょう。

「よくやった!」を意味する英語フレーズは沢山ある!覚えよう!

この記事では「よくやった!」「頑張ったね!」と仕事やスポーツ、または勉強を頑張った相手を褒め称えるためのフレーズをスラングも含めて15個紹介しました。

それぞれニュアンスや使う相手が異なります。

フレーズだけでなく、ニュアンスや使う相手の違いなども覚えておくと良いでしょう。

また、努力はしたものの結果に結び付かなかった相手に対する「よくやったね!」を意味する表現も4つ紹介しました。

これらもこれを機にマスターしましょう!

なお、お決まりフレーズを言うだけでなく、自分の言葉で英語を話せるようになるには、 “ある練習” が必要です。

詳しい練習法については、無料のメールマガジンで公開しています。

こちらのページで無料のメールマガジンに登録

英語無料メール講座のバナー(記事エリア下)

\ SNSでシェアしよう! /

英会話ハイウェイ | 英会話、海外生活・留学に関する情報が満載のメディアの注目記事を受け取ろう

親指を突き立てた手が5本

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

英会話ハイウェイ | 英会話、海外生活・留学に関する情報が満載のメディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

Yui

Yui

高校で英語教員として8年勤めた後、オーストラリアに留学し、モナッシュ大学院観光学部に入学。2021年に卒業した後、現地企業でマーケターとして年勤務しました。現在はライターとしてオーストラリアで活動しています。

この記事を読んだ人は、こちらも読んでいます

  • 「小さい」は英語で?今すぐ使えるニュアンス別の使い分け7選

  • 家事の英語|日常英会話で使える3パターン+α

  • 【シチュエーション別】「気にしないで」の英語フレーズ13選!

  • お盆・盆踊りは英語で?【そのまま使える】厳選27フレーズ

  • 「恥ずかしい」は英語で?ネイティブが納得する正しい言い方5選

  • 「案内する」の英語は?正しい意味が伝わるニュアンス別の5パターン