1. TOP
  2. 英会話
  3. 「気を付けて」は英語で?今すぐ役に立つ便利フレーズ23選
英語無料メール講座のバナー(記事上)

「気を付けて」は英語で?今すぐ役に立つ便利フレーズ23選

英会話 この記事は約 13 分で読めます。
バナナを踏む人

このコンテンツは、現役のプロ翻訳者であるアキラがネイティブの翻訳者と協力して、日常英会話で使う表現や勉強法をできるだけ分かりやすい言葉を使って説明するメディアです。


こんにちは!
英会話ハイウェイ運営者のアキラです。

笑顔のアキラ

今日は、「気を付けて」の英語を紹介します。

「気を付けて」の英語というと、中学や高校の試験によく出てきた「be careful」に馴染みがあるかもしれませんね。

でも、いざ「be careful」を英会話で使おうとすると、「どんなふうに使えばいいか分からない」ということもあると思います。

それに、「気を付けて」は「be careful」の他にも、いろいろな言い方があります。

この記事では、23の例文を通じて、「気を付けて」は英語でどう言えばいいかを説明します。

あなたが言いたい「気を付けて」を覚えておいて、今日から英会話で使ってください。

「気を付けて」は英語で?

「気を付けて」の英語の定番は、「take care」です。

「take care」だけでも「気を付けて」という意味になるし、「take care to~」なら「~するように気を付けて」、「take care not to~」なら「~しないように気を付けて」という意味になります。

Take care not to catch a cold!

風邪をひかないように気を付けて。

また、目の前のことに「気を付けろ」と言う場合は、「見る」という意味の「watch」を使います。

The stairs are steep, so watch your step.

階段が急だから足元に気を付けて。

※「steep」=(坂道や階段が)急である、「step」=歩み

乳母車で歩くおばあさん

以下のように「注意して」という意味の言葉を使っても「気を付けて」という意味を表すことができます。

The floor is slippery. Please step carefully.

滑りやすいから足元に気を付けて。
(床が滑りやすいです。注意して歩いてください)

※「step」=歩く、「carefully」=注意して

疲労困憊の男性と気遣う女性

健康に気遣うときのお決まりフレーズは、「Take care of yourself.」です。

このまま覚えておきましょう。

Take care of yourself and don’t catch a cold.

風邪を引かないように健康に気を付けて。

※「Take care of oneself」=健康に注意する、「catch a cold」=風邪をひく

Work is important, but make sure you don’t overdo it.

仕事は大切だけど、無理をし過ぎないように気を付けて。
(それをやり過ぎないようにしてください)

※「make sure」=確実に~する、「overdo」=やりすぎる

アキラ
この英文に「気を付けて」という言葉はないけど、「やり過ぎないようにしてください」やから「気を付けて」という気配りの言葉になる。
ナオ
なるほど。

The exams are close, but pushing yourself too hard now will only make you ill.

試験が近いからといって、ムリをして体を壊さないように気を付けて。
(試験が近いです。でも、ムリをし過ぎると具合が悪くなるだけです)

※「push hard」=努力する、「push yourself too hard」=あなた自身を強く押しすぎる=無理をする

ナオ
この英文も「気を付けて」って英語が入ってないな。
アキラ
「ムリをし過ぎると具合が悪くなるだけだよ」って意味やから、話者が言いたいのは「気を付けて」ってことや。

It will get chilly this evening, so try to stay warm.

夕方から冷えてくるから、体が冷えないように気を付けて。
(暖かくして過ごしてください)

※「chilly」=肌寒い、「stay warm」=暖かくして過ごす

アキラ
こんなふうに、文字通り「気を付けて」という言葉が入っていない場合でも、言葉の意味を考えると「気を付けて」という意味を伝えることができる。

The sun is really strong today, so remember to stay well hydrated.

今日は日差しが強いから熱中症に気を付けて。
(健康のために十分に水分を摂ることを覚えておいてください)

※「remember to~」=~することを覚えておく、「hydrate」=健康を維持するために水分を与える

ナオ
これも話者の意図を想像しろってことか?
アキラ
そうやな。
「remember to~」やから「~することを忘れないで」っていう意味やろ。

「十分に水分を摂ることを忘れないで」やから、「気を付けて」という気遣いの言葉になる。

When you speak to your seniors, you should pay attention to what you say.

目上の人と話すときは、言葉づかいに気を付けて。
(言うことに気を配るべきです)

※「senior」=年長者、先輩、「pay attention to~」=~に気を配る

This vase is very expensive. Please handle it with care.

この花瓶はとても高価だから扱いには気を付けて。
(注意して扱ってください)

※「handle」=扱う、「with care」=注意して

ナオ
「handle」って、車のハンドルじゃないんか?
アキラ
「handle」は「扱う」っていう動詞や。

車のハンドルは、英語では「wheel/steering wheel」と言う。

When you live alone, you eat out a lot more. Remember to keep a balanced diet.

一人暮らしは外食が多くなりがちだから、栄養のバランスには気を付けて。
(一人で生活するときは、外食をたくさんします。バランスの取れた食生活を維持することを覚えておいてください)

※「eat out」=外食する、「balanced diet」=バランスの取れた食生活

He’s known to be too friendly with women, so keep an eye on him.

あの男は、女性に手が速いって有名だから気を付けて。

※「be known to~」=~で知られている、「keep an eye on~」=~から目を離さない

酔っ払いの会社員

There are quite a few drunks hanging out in this neighborhood. Take care when you go back home.

この辺は酔っ払いが多いから気を付けて帰ってください。
(この近所では、たくさんの酔っ払いがうろついています。家に帰るときは注意してください)

※「quite a few」=かなりの数の、「drunk」=酔っ払い、「hung out」=うろつく、「neighborhood」=近隣

Drive safely!

(車で帰る人に)気を付けて帰ってください。
(安全に運転してください)

3人の外国人旅行者

Watch out for people who are too kind to you. They may be scheming behind your back.

親切すぎる人には気を付けてください。何か魂胆があるかもしれません。
(あなたの背後で悪だくみをしているかもしれません)

※「watch out for~」=~に気を付ける、警戒する、「scheme」=悪だくみをする、「behind~」=~の背後で

When you go to an all-you-can-eat restaurant, try to avoid overeating.

バイキング形式のレストランでは、食べ過ぎに気を付けてくださいね。
(食べ放題のレストランに行くときは、食べ過ぎないようにしてください)

※「all-you-can-eat」=食べ放題、「avoid」=避ける、「overeat」=食べ過ぎる

怒った黒人男性

Watch your mouth!

(失礼な相手に対して)口の利き方に気を付けろ。

アキラ
「Watch your mouth!」はお決まりフレーズやから、このまま覚えて使えばいい。
ナオ
子供や失礼な人に言う言葉やな。

Please be careful on your way back.

お帰りの道中、どうぞお気を付けくださいませ。

※「on one’s way back」=帰り道で

The weather is not very good, so please take care.

天候が不安定ですので、お気を付けていってらっしゃいませ。

It’s late. Be safe on your way back home.

すっかり日が暮れてきましたので、お気を付けてお帰りください。
(遅くなりました。帰り道は安全でいてください)

※「safe」=安全な

雨降り

It’s raining and slippery outside, so please watch your feet.

雨の影響で足元が悪いようですので、お気を付けてお帰りください。
(外は雨が降っていて滑りやすいです。だから、足元に気を付けてください)

※「slippery」=滑りやすい、「feet」=足、「foot」(足)の複数形

It’s getting colder, so please look after yourself.

寒くなってきましたので、体調にはお気を付けください。

※「look after~」=~に気を配る

The season is changing and it’s easy to get sick. Please watch your health.

季節の変わり目ですので、体調を崩されぬようお気を付けください。
(季節が変わっていて病気になりやすいです。健康に気を付けてください)

※「get sick」=病気になる

英語を独学で話せるようになる勉強法とは?

この記事では、「気を付けて」は英語でどう言えばいいか、例文を使って説明しました。

よく使われるパターンを覚えておけば、英会話のときに単語を少し入れ替えるだけで使えるので、ぜひ覚えておいてください。

ただし、よく使われるパターンを覚えるだけでは、英語を自由に話せるようになりません。

言いたいことを英語で自由に言えるようになるには、そのための専用の練習が必要です。

詳しい練習法については、メール講座で説明しています。

以下のページから無料で参加して、不要になればいつでも解除できます。
気軽に参加してください。

↓↓↓以下をクリックして無料で参加してください↓↓↓
記事下からメール講座に誘導するバナー

\ SNSでシェアしよう! /

英会話ハイウェイ | 英会話、海外生活・留学に関する情報が満載のメディアの注目記事を受け取ろう

バナナを踏む人

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

英会話ハイウェイ | 英会話、海外生活・留学に関する情報が満載のメディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
英語無料メール講座のバナー(記事下)

英会話ハイウェイのLINE

英会話の上達に役立つ情報や便利な英会話フレーズをLINEでお知らせします。
2クリックで簡単に登録できます。
友だち追加

この記事を読んだ人は、こちらも読んでいます

  • 「まずい」の英語は?日常会話に必須の3パターンを10分で学ぼう

  • 電話対応を英語でするときに使える簡単フレーズ38個まとめ

  • 「できるだけ」は英語で?表現力が豊かになる役立ち表現5選

  • 海外赴任3年、でも英語を話せない?英語を話せるようになる勉強法とは?

  • 神社は英語で?神道と神社を説明する英文24選

  • 「にもかかわらず」は英語で?英会話が一気に上達する基本形7選