1. TOP
  2. 今日のフレーズ
  3. 「ひっくり返す」の英語
3ステップ勉強法 コンテンツ上のバナー 3ステップ勉強法 コンテンツ上のバナー

「ひっくり返す」の英語

今日のフレーズ
この記事は約 3 分で読めます。
ひっくり返す

今日は、「ひっくり返す」「混乱させる」という意味の英語を紹介します。

簡単な表現ですし、日常的によく耳にすると思いますので、ぜひ覚えておきましょう。

アキラ

英会話ハイウェイでは、10年以上の経験を持つ翻訳者のアキラとYui、ナオ、ネイティブ翻訳者が、日常英会話で使う表現や勉強法、翻訳の仕事について分かりやすく説明しています。

たった3か月で、スピーキングがもりもり上達する方法については、無料のメール講座をご確認ください。

「ひっくり返す」の英語

【フレーズ】turn upside down(ひっくり返す、混乱させる)

【例文】

A: I heard you rearranged your room last weekend.
How did it go?

(先週末、部屋を模様替えしたって聞いたよ。
どうだった?)

B: Oh, it was a mess!
Everything was turned upside down and I couldn't find anything for hours.

(うん、大混乱だったよ!
すべてが混乱して、何時間も何も見つからなかったんだ。)

A: Sounds like quite an adventure!

(それは大冒険みたいだね!)

【説明】

turnは「回転する」「向きを変える」という意味で、upside downは「逆さまに」という意味です。

ですので、turn upside downは文字通りには、何かを完全に逆さまにするという意味です。

ただし、状況を混乱させたり、大きく変えたりすることを指す場合もあり、何かを根底から覆すような場合にも使えます。

【編集後記】

upside downは「上下逆さま」ですが、inside outなら「(服などが)裏返し」という意味です。

inside(内側)、out(外)なので、そのままの意味ですね。

ここから転じて、inside outは「完全に」という意味でも使われます。

たとえば、I know Kyoto inside out. なら、京都のことは隅々まで知っているという意味です。

文字通りには、京都の裏も表も知っている、ですね。

もっと自由に英語を話せるようになるには

お決まりフレーズを言うだけでなく、自分の言葉で英語を話せるようになるには、 “ある練習” が必要です。

詳しい練習法については、無料の動画セミナーで公開しています。

→無料の動画セミナーに登録するにはこちら

英語無料メール講座のバナー(記事エリア下)

\ SNSでシェアしよう! /

英会話ハイウェイ | 英会話、海外生活・留学に関する情報が満載のメディアの注目記事を受け取ろう

ひっくり返す

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

英会話ハイウェイ | 英会話、海外生活・留学に関する情報が満載のメディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

ナオ

この記事を読んだ人は、こちらも読んでいます

  • 「目を離さない」の英語

  • 「目に触れる」「初めて見る」の言い方

  • 「ざっと目を通す」の英語

  • 「部屋の隅々まで探す」というときの英語

  • 「すさまじい勢いで~する」というときの英語

  • 「自分へご褒美をする」の英語