1. TOP
  2. 英会話
  3. 「項目」の英語表現9選と関連表現を例文付きで詳しく解説
3ステップ勉強法 コンテンツ上のバナー 3ステップ勉強法 コンテンツ上のバナー

「項目」の英語表現9選と関連表現を例文付きで詳しく解説

 2024/06/10 英会話
この記事は約 10 分で読めます。
項目の英語
Yui
こんにちは。英語ライターのYuiです。
今回は「項目」の英語についてお話しします。

学校や仕事では項目って言葉をよく使いますが、いざ英語で言おうとすると「?」となるのではないでしょうか?
この記事では「項目」の英語9つについて説明しますので、最後まで読んでマスターしてください。

あなたは「項目」を英語で表現できますか?

「項目」を意味する英語表現は9つあり、下記の通りです。

  • item
  • headword
  • entry word
  • chapter
  • section
  • category
  • topic
  • field
  • subject

しかし、それぞれの表現で細かいニュアンスや使い方が異なるので注意しましょう。

この記事では、これらの英語表現の意味と使い方について例文付きで詳しく解説するとともに、「項目」の関連表現も紹介します。

アキラ

英会話ハイウェイでは、10年以上の経験を持つ翻訳者のアキラとYui、ネイティブ翻訳者が、日常英会話で使う表現や勉強法、翻訳の仕事について分かりやすく説明しています。

たった3か月で、自分の言葉で英語を自由に話せるようになる独学法については、無料のメール講座をご確認ください。

「項目」を意味する英語表現9つ

「項目」を意味する英語表現は9つあり、下記の通りです。

  • item
  • headword
  • entry word
  • chapter
  • section
  • category
  • topic
  • field
  • subject

しかし、それぞれの英語表現で細かいニュアンスや使い方が異なるため、使用する際には注意してください。

ここでは、それぞれの英語表現の意味と使い方について例文を用いて詳しく解説します。

item「項目」

「項目」という意味で使われる英語表現で最も一般的なものが”item”です。

「アイテム」と聞くと、「モノ」や「道具」をイメージする人が多いですが、これらの意味の他にも「項目」という意味もあるのでこれを機に覚えてください。

「項目」としての”item”は、下記のようにさまざまな場面で使用することができます。

  • アンケート項目
  • プレゼンテーション時の資料の項目
  • 検査やテストを行う際の項目

“item by item”で「項目ごとに」という意味の熟語であること、そして”itemize”は”item”の動詞で「項目に分ける」「箇条書きにする」という意味であることも、セットで覚えておきましょう。

また、項目には大小がありますが、それぞれの表現は下記の通りです。

「項目」の種類

英語

大項目

primary item

中項目

secondary item

小項目

tertiary item

細項目

quaternary item

“item”「項目」を使った英語の例文は、下記の通りです。

What is this item? Could you tell me the details?
この項目は何ですか?詳細を説明していただけますか?

headword「見出し語」

“headword”は、「見出し語」という意味で使われることが一般的です。

辞書を開くと太字で書かれている単語や言葉がありますよね?

それらを示す際に使用します。

Recently 300 new headwords are added to the English-Japanese Dictionary.
その英和辞書に最近300語もの見出し語が追加されました。

entry word「見出し語」

“entry word”も「見出し語」を意味する英語表現で、前項の”headword”と同じ意味を持ちます。

どちらか一方を覚えておくのも良いですが、複数の表現を知っておくことで表現の幅を広げることにもつながるので、両方覚えておくことがおすすめです。

In the glossary, the entry word for each term is highlighted in bold. It enables readers to find out the definition they need quickly.
用語集は、それぞれの単語の見出し語が太字で書かれています。そのため、読者は自分が知りたい用語の定義をすばやく見つけることが可能です。

chapter「章」

教科書や小説などの「項目」について表現したい場合は、“chapter”を使用することが一般的です。

この場合、「項目」というよりは「章」と訳した方が分かりやすいかもしれないですね。

「章」とは、1つの主題やテーマにフォーカスを当てた文章のまとまりを指します。

I’ll read Chapter 3 today.
今日は第3を読むつもりです。

section「節」「区切り」

“section”も”chapter”と同様に、教科書や小説などの「項目」を表現するときに使用する英語表現ですが、日本語では「節」という意味になり、”chapter”よりも小さなまとまりを示すのに使われます。

ちなみに、書籍や文章の項目を大きい順に並べると、下記のようになります。

  1. Chapter「章」
  2. Section「節」
  3. Subsection「小節」
  4. Subsubsection「小小節」
  5. Paragraph「段落」
  6. Subparagraph「小段落」

これを機に覚えてみてください。

Let’s move on to Section 2. Open your text book page 24.
それではセクション2に移りましょう。教科書24ページを開いてください。

category「カテゴリ」

似たような「項目」をグループ化したものを”category”と表現します。

日本語でも「カテゴリ」という言葉が同じような意味で使われているため、馴染みがある人も多いでしょう。

「項目」の「分類」や「種類」を表現したいときに使ってください。

Colors have two categories; cool toned colors and warm toned colors.
色は2種類のカテゴリに分けられます。それは寒色系と暖色系です。

topic「項目」「トピック」

下記のようなものの主題を表す意味で「項目」と表現したい際には、”topic”を使ってください。

  • 会話
  • 議論
  • 講演
  • 文書
  • 文章

こちらも、日常会話で「トピック」と耳にしたり口にしたりすることが多い表現であるため、馴染みがある人も多いでしょう。

During the lecture, the professor introduced a complex but interesting topic, which led to a heated discussion.
講義で、その教授は複雑ではあるものの、興味深いトピックを提示しました。その結果議論が白熱しました。

field「分野」

特定の学問や専門分野などの「項目」を表現する際には、”field”を使うことが一般的です。

この単語は、知識や技術など特定の領域や分野について示すのに適しています。

She is an expert in the field of Information Technology.
彼女はITの分野における専門家です。

subject「(教育・学問・研究などの)項目」

“subject”と聞いて、「教科」「科目」をすぐに思い浮かべる人が多いでしょう。

確かに、そのような意味もありますが、教育・学問・研究などの研究対象である「項目」を示すときにも使えます。

ぜひこれを機に覚えてください。

I need to choose a subject for my thesis by tomorrow.
明日までに論文の項目(テーマ)を決めなくてはいけません。

「項目」関係の英語表現

最後に、「項目」関係の英語表現を一覧表で紹介します。

No.日本語英語
1検査項目・test item
・examination item
・inspection item
2関連項目related item
3項目別分類itemization
4項目表Itemized list
5メニュー項目menu item
6項目分析item analysis
7必須項目required item
8データ項目data item
9主要評価項目primary evaluation item
10チェック項目check box
11項目を追加するadd an item
12項目を削除するdelete an item
13項目を訂正するcorrect an item
14項目をリストに載せるlist an item
15項目に記入するfill in an entry
16項目をカテゴリ分けするcategorize items
17項目について話し合うdiscuss a topic

同じ「項目」を表す単語でも、表現によって使用されている単語が異なりますね。

それぞれの違いをしっかりと押さえた上で、覚えて正しく使いこなせるようにしましょう。

「項目」の英語表現はたくさん!正しく使い分けよう!

この記事では、下記の9つの「項目」という意味を持つ英語表現の使い方について例文を用いて解説しました。

  • item
  • headword
  • entry word
  • chapter
  • section
  • category
  • topic
  • field
  • subject

同じ「項目」という意味であっても、使用する場面が大きく異なります。

細かいニュアンスや使い方まで覚えて、正しく使い分けられるようにしましょう。

なお、お決まりフレーズを言うだけでなく、自分の言葉で英語を話せるようになるには、 “ある練習” が必要です。

詳しい練習法については、無料の動画セミナーで公開しています。

→無料の動画セミナーに登録するにはこちら

英語無料メール講座のバナー(記事エリア下)

\ SNSでシェアしよう! /

英会話ハイウェイ | 英会話、海外生活・留学に関する情報が満載のメディアの注目記事を受け取ろう

項目の英語

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

英会話ハイウェイ | 英会話、海外生活・留学に関する情報が満載のメディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

Yui

Yui

高校で英語教員として8年勤めた後、オーストラリアに留学し、モナッシュ大学院観光学部に入学。2021年に卒業した後、現地企業でマーケターとして年勤務しました。現在はライターとしてオーストラリアで活動しています。

この記事を読んだ人は、こちらも読んでいます

  • 「微妙」は英語で?6種類に使い分けて気持ちを正しく伝えよう

  • 「一期一会」は英語で?出会いと別れに関わる英語表現6選

  • 「くだらない」は英語で?英会話で役に立つ使い分け3パターン

  • ホワイトデーを英語で説明する英文と愛を伝えるメッセージ10選

  • 「丁寧」は英語で?正しく使い分けるニュアンス別6選

  • 「お人好し」は英語で?今すぐ英会話で使える4パターン