1. TOP
  2. 英会話
  3. 「なるほど!」の英語表現11選【例文を使って詳しく解説】
3ステップ勉強法 コンテンツ上のバナー 3ステップ勉強法 コンテンツ上のバナー

「なるほど!」の英語表現11選【例文を使って詳しく解説】

 2024/04/01 英会話
この記事は約 13 分で読めます。
「なるほど」の英語
Yui
こんにちは。英語ライターのYuiです。
今回は、「なるほど!」は英語でどう表現するかについてお話しします。

「なるほど!」と言えば、やはり中学英語で習うI see.が真っ先に思い浮かぶ人が多いのではないかと思いますが、他にもいろいろな言い方があります。

少しずつニュアンスが違うので、最後まで読んで正しく使いましょう。

あなたは「なるほど」を英語で表現できますか?

また、「なるほど」を意味する英語表現をいくつ上げられますか?

実は英語には、「なるほど」を意味する英語表現は11種類もあります。

しかし、それぞれ使用する場面やニュアンスが異なるため、正しく使い分けることが望ましいです。

さらに英語表現の幅を広げたい人は、必読です!

アキラ

英会話ハイウェイでは、10年以上の経験を持つ翻訳者のアキラとYui、ネイティブ翻訳者が、日常英会話で使う表現や勉強法、翻訳の仕事について分かりやすく説明しています。

たった3か月で、自分の言葉で英語を自由に話せるようになる独学法については、無料のメール講座をご確認ください。

「なるほど」を意味する英語表現11個

「なるほど」を意味する英語表現は11個あり、下記の通りです。

  • Got it./ I get it.
  • That makes sense.
  • Right.
  • I see.
  • Really.
  • I understand.
  • That explains it.
  • I didn’t know that.
  • Certainly.
  • Uh-huh.
  • Yes. / Yeah.

ここでは、それぞれのフレーズや単語の意味や使い方について、例文付きで解説します。

Got it./ I get it. / I got it.  「なるほど」「了解」

“Got it.”、あるいは” I got it.”は「なるほど」「了解」を意味するカジュアルな英語表現です。

いずれも日常会話でよく耳にする表現ですが、“Got it.”は” I got it.”の略であることからよりカジュアルな表現で、スラングとして使われています。

A: Could you submit this document by tomorrow morning?
A: 明日の朝までにこの書類を提出してもらえる?

B: OK. I got it.
B: OK。了解。

That makes sense. 「なるほど。そういうことか。」

“That makes sense.”は、カジュアルなシーンに限らずフォーマルなシーンでも使える便利な表現です。

「なるほど」だけでなく「そういうことか」というニュアンスもあり、相手の言ったことに対して納得や理解をするときに使います。

強調して「なるほど!やっとわかった!」と言いたいときには、”that”の部分にアクセントを置くようにしましょう。

“make sense”で「筋が通っている」や「理にかなっている」を意味する表現です。

ネイティブがよく使う表現であるため、セットで覚えましょう。

A: ….. This is the reason why we need to change our rules in this office.
A: ….このような理由で、私たちはオフィスでのルールを変更する必要があります。

B: Oh, that makes sense.
B: ああ、なるほどね。そういうことか。

Right. 「なるほど」「確かに」

“That is right.”という表現を簡略化したものが、“Right.”です。

「なるほど、確かに。」や「なるほど、その考えは合っているね」と、相手の考えに同意するときに使う表現で、カジュアル・フォーマルいずれの場面でも使えます。

A: We must go to the supermarket and buy lots of toilet rolls before the price is raised next month.
A: 来月値上げする前に、スーパーに行ってトイレットペーパーを買いだめした方がいいよね。

B: Calm down. The price won’t be raised soon. There will be stocks and the price won’t be changed as long as there are stocks.
B: 落ち着いて。金額はすぐには変わらないよ。ストックがなくなるまでは今のままだよ。

A: Right….
A: なるほど。確かにね。

I see. 「ふむふむ」「なるほど」

「なるほど」を意味する英語表現と聞いて、真っ先に思い浮かべるのが”I see.”であるという人は多いのではないでしょうか?

この表現は、「知らなかったことが分かった、理解できた」というニュアンスで表現したいときに使います。

しかし、筆者はオーストラリアにいる間に、”I see.”を使っているネイティブスピーカーを見たことがないため、ネイティブスピーカーはあまり使わない表現なのかもしれません。

他の表現も覚えておいた方が良いでしょう。

A: In your slides, you should use graphs and pictures more. That will make your presentation easier to understand.
A: スライドの中で、もっとグラフや表を使ったほうがいいよ。そうすればもっとわかりやすいプレゼンテーションになるから。

B: Oh, I see.
B: あー、なるほど

Really. 「なるほど、そういうことなんですね。」

“Really”はクエスチョンマークをつけて「本当?」という意味で使う人が多いですが、語尾を下げてピリオドで終わらせることで「なるほど、そういうことなんですね。」と相手の話に相槌を打つ表現に変えられます。

A: I haven’t seen Mr. White for a week. What’s going on?
A: ホワイトさんを一週間ほどお見かけしていないのですが、何かあったんですか?

B: His mother died last week, so he went back to America now.
B: 彼のお母様が先週お亡くなりになったので、彼は今アメリカに戻っています。

A: Oh, really…. I’m sorry to hear that.
A: あぁ、そうだったんですね。それはお気の毒に…

I understand.「なるほど、わかりました。」

“I understand.”は、相手の話が理解できたときに「なるほど」「わかりました」と伝えるときに使う表現です。

一般的には、ビジネスメールなどフォーマルなシーンで使います。

日本語で「わかりました。」と過去形のような形にすることから、” I understood.”としてしまいたくなりますが、現在形で表現するため気をつけてください。

A: I’d like you to go on a business trip to our branch in Brazil because you’re fluent in Portuguese.
A: 君はポルトガル語が上手だから、ブラジルにある支社に出張に行ってもらいたいんだけどいいかな?

B: I understand.
B: なるほど。承知いたしました。

That explains it. 「なるほど。そういうことか。」

“That explains it.”は、「なるほど、そういうことか。」を意味する表現で、” That makes sense.”を同じ使い方をします。

しかし、上から目線のように聞こえてしまい、相手を嫌な気持ちにさせてしまう可能性があるため、言い方には十分気をつけてください。

“That makes sense.”を使う方が無難であるため、おすすめです。

A: Why is she so upset?
A: 彼女はとても機嫌が悪そうだね。何で?

B: Because she had an argument with her boyfriend this morning.
B: 彼氏と今朝大喧嘩したんだって。

A: That explains it.
A: ああ、なるほど。そういうことか。

I didn’t know that. 「なるほど、知らなかったよ。」

“I didn’t know that.”は直訳すると「知らなかったよ。」という意味になり、相手が新しい情報をくれたときに使います。

非常に使いやすく、かつ覚えやすいフレーズではありますが、あまりにも多用していると相手に「何も知らない無知な人」という印象を与えかねないため、他のフレーズと併用して使用することがおすすめです。

A: Jennie looks so sad today. What’s wrong with her?
A: ジェニーは今日とても悲しそうだけど、どうしたんだろう?

B: Her dog died yesterday.
B: 昨日彼女の愛犬が亡くなったのよ。

A: Oh, seriously? I didn’t know that….
A: え、本当に? それは知らなかったよ。

Certainly. 「なるほど。」

“Certainly.”には「承知しました」や「了解」といった意味があり、相手の話や意見に同意するときに使う表現であることから、「なるほど」という意味として使うこともあります。

A: The Wi-Fi in this office won’t work tomorrow due to a periodic inspection, so we need to work from home tomorrow.
A: 定期点検のため、明日オフィスのWi-Fiが使用できません。そのため、明日は在宅勤務をする必要があります。

B: Certainly.
B: なるほど。承知いたしました。

Uh-huh. 「ふむふむ」「へぇ。」

” Uh-huh.”は洋画や海外ドラマでよく耳にする表現なのではないでしょうか?

相槌として、「ふむふむ」や「へぇ」と言いたいときに使います。

会話の途中に挟むことで相手の話を聞いていることを示すことになるため、相手をどんどん話したいという気持ちにさせる表現です。

家族や友人など親しい間柄の人との会話で使ってみてください。

A: Hear me out! Yesterday, I went to see a movie.
A: ねえ、聞いてよ!昨日映画を見に行ったの。

B: Uh-huh.
B: へぇ、それで?

A: And I watched “Tonde-Saitama” and then….
A: それで、『翔んで埼玉』を観たんだけど…

Yes. / Yeah. 「うん。」

肯定を表す” Yes.”と” Yeah.”も「ふむふむ」や「なるほど」を意味する表現です。

目上の人と話す場面やフォーマルなシーンでは”Yes.”を、友人や家族など親しい間柄で会話するときには”Yeah.”を使いましょう。

A: Please tell me the reason why you want to work with us.
A: 弊社への志望理由をお聞かせください。

B: I have a friend who is working in this company.
B: 私には御社で働いている友人がおります。

A: Yes.
A: はい、続けてください。

B: And she told me lots of attractive points of this company. For example…
B: 彼女は御社で働くことの魅力をたくさん教えてくれました。例えば…

英語で「なるほど」を言うときに注意すべき点

前章で、「なるほど」を意味する英語表現を11個紹介しました。

しかし、英語で「なるほど」を言うときには、下記の2点に注意するようにしてください。

  • 日本語と異なり英語ではあまり相槌を打つ必要はない
  • むやみやたらと使わない

ここでは、それぞれの注意点について解説します。

日本語と異なり英語ではあまり相槌を打つ必要はない

日本語は、相手の話をしっかりと聞いていることをアピールするために頻繁に相槌を打ちますが、英語圏の国々を含めて海外ではそこまで相槌を打ちません。

多用してしまうと「話の邪魔をしてくる」と相手を不快にさせてしまう恐れがあるため、あまり使いすぎないように気をつけてください。

むやみやたらと使わない

特に大事な商談や打ち合わせなどの場面で、「なるほど」という表現はむやみやたらと使わないようにしてください。

それは、英語では「なるほど」=「相手の話や意見に同意している」と見なされてしまう恐れがあるからです。

場合によってはトラブルに発展する可能性があるため、大事な商談や会議などでは相槌を打たないことをおすすめします。

「なるほど!」を意味する表現はたくさんある!場面や相手によって正しく使い分けよう!

この記事では、「なるほど」を意味する英語表現11個の意味と使い方について例文つきで解説しました。

いずれの表現も、ニュアンスや使用する相手、場面が少しずつ異なります。

表現の幅を広げて、正しく使い分けられるようにしましょう。

なお、お決まりフレーズを言うだけでなく、自分の言葉で英語を話せるようになるには、 “ある練習” が必要です。

詳しい練習法については、無料の動画セミナーで公開しています。

→無料の動画セミナーに登録するにはこちら

英語無料メール講座のバナー(記事エリア下)

\ SNSでシェアしよう! /

英会話ハイウェイ | 英会話、海外生活・留学に関する情報が満載のメディアの注目記事を受け取ろう

「なるほど」の英語

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

英会話ハイウェイ | 英会話、海外生活・留学に関する情報が満載のメディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

Yui

Yui

高校で英語教員として8年勤めた後、オーストラリアに留学し、モナッシュ大学院観光学部に入学。2021年に卒業した後、現地企業でマーケターとして勤務しました。現在はライターとしてオーストラリアで活動しています。

この記事を読んだ人は、こちらも読んでいます

  • 「気を付けて」は英語で?今すぐ役に立つ便利フレーズ23選

  • expectの意味と使い方|11の表現で徹底解説!

  • 「狭い」は英語で?日常会話ですぐに使える使い分け3パターン

  • 「お尻」は英語で?尻の英語10種類+英会話で役に立つ例文27選

  • 「もちろん」は英語で?ニュアンス別に14の言い回しを紹介します

  • 「骨折」の英語と関連表現13選|例文付き