1. TOP
  2. 英会話
  3. 「効果的」「効果」を意味する英語表現13選|関連フレーズも紹介
3ステップ勉強法 コンテンツ上のバナー 3ステップ勉強法 コンテンツ上のバナー

「効果的」「効果」を意味する英語表現13選|関連フレーズも紹介

 2024/04/16 英会話
この記事は約 12 分で読めます。
効果・効果的の英語
Yui
こんにちは。英語ライターのYuiです。
今回は、「効果/効果的」は英語でどう表現するかについてお話しします。

日常的に使う言葉ですので、最後まで読んでマスターしましょう。

あなたは「効果的」を意味する英単語を挙げられますか?

実は英語には「効果的」を意味する英単語が6種類もあります。

そして、それぞれニュアンスや使い方が異なるため、正しく覚えることが必要です。

「効果」や「効果的」は日常生活でも比較的よく耳にしたり口にしたりすることも多い言葉です。

つまり、これらの単語や表現を知っておくことで、会話表現の幅が大きく広がるでしょう。

「効果」や「効果的」を意味する英単語を詳しく知らない人は必読です!

アキラ

英会話ハイウェイでは、10年以上の経験を持つ翻訳者のアキラとYui、ネイティブ翻訳者が、日常英会話で使う表現や勉強法、翻訳の仕事について分かりやすく説明しています。

たった3か月で、自分の言葉で英語を自由に話せるようになる独学法については、無料のメール講座をご確認ください。

「効果的」を意味する英語の形容詞

「効果的」を意味する英語の形容詞は6種類あり、それぞれ下記の通りです。

  • effective
  • persuasive
  • convincing
  • efficient
  • productive
  • potent

ここでは、それぞれの英単語の意味や使い方について例文を用いて詳しく解説します。

effective「効果的な」「有効な」

「効果的な」を意味する英単語を使いたいときには、”effective”を用いることが一般的です。

また、自分が希望する通りの結果が得られるというイメージの単語であることから、「有効な」という意味で使われることもあります。

Body language is a very effective way to get attention from the audience.
ボディランゲージを使うことは、オーディエンスからの注目を得るために効果的な方法です。

persuasive「説得力のある」

“persuasive”は「説得力のある」という意味の単語で、間接的に「効果的な」という意味を表します。

Emily’s presentation was really persuasive and easy to understand.
エミリーのプレゼンテーションは実に説得力があり、理解しやすいものでした。

convincing「説得力のある」

“convincing”も”persuasive”と同様に「説得力がある」という意味の単語ですが、それぞれ下記の点で異なるため、正しく使い分けられるようにしましょう。

  • persuasive: 説得して相手に「行動させる」ときに使う
  • convincing:説得して相手に「認めさせる」ときに使う
Anne showed a lot of evidence that John had an affair. It was so convincing that he acknowledged he had betrayed her.
アンはジョンに浮気していた証拠をたくさん示しました。非常に説得力があったため、彼は彼女を裏切っていたことを認めました。

efficient「効率的」「効果的」

基本的に”efficient”は「効率的」という意味で使われることが多いですが、時間・エネルギー・お金などを最小限にとどめて最大限の結果を得る際には、「効果的」という意味で使われることもあります。

Utilizing robot waiters might be an efficient way to cut labor costs.
人件費を削減するのにロボットのウェイターを活用することは効果的かもしれません。

productive「生産的」「効率的」

“productive”は「生産的」という意味で覚えている人も多いでしょう。

確かにそれも間違ってはいないのですが、ある行動や手段が結果を生み出すのに「効果的である」という意味で使うこともできます。

特に、行っている作業や活動が結果につながることにフォーカスを当てて使うことが一般的です。

Having 10-minute breaks every hour will lead to your working time more productive.
1時間ごとに10分間の休憩を取ることは、あなたの労働時間を生産的なものにしてくれます。

potent「有力な」

“potent”は”potential”「ポテンシャルがある」「潜在能力がある」の形容詞形です。

「力強い」あるいは「有力な」という意味で使われることが多いですが、あるものが強い効果や影響を与える能力があることを強調する際に、「効果的」という意味で使うこともあります。

ちなみに”potent”の名詞は”potency”で「効能」や「有効性」を意味します。

「ポテンシー」ではなく「ポーテンシー」と発音します。

セットで覚えましょう。

I wish there were a medicine that is potent to cure cancers.
ガンを治療する効果的な薬があればいいのに。

上の例文に出てくるI wish there were~は仮定法です。
詳しくは、『仮定法過去とは?英会話で使える必須の6パターンを説明します』を読んでください。

【番外編】「効果」を意味する英語の名詞

前章では「効果的な」を意味する英語の形容詞について紹介しましたが、これとあわせて英語の名詞「効果」も一緒に学習しましょう。

「効果」を意味する英語の名詞は、下記の7つです。

  • effect
  • effectiveness
  • impact
  • efficacy
  • result
  • outcome
  • consequence

ここでは、それぞれの英単語の意味と使い方について、例文を用いながら詳しく解説します。

effect「効果」

「効果」を意味する英単語で最も一般的なのが、”effective”の名詞形である”effect”です。

何か行動や選択をした際に生じたあらゆる効果を指します。

しかし、”cause and effect”「原因と結果」のように、「結果」という意味で使われることもあるので気をつけてください。

また、スペリングから「エフェクト」と発音しがちですが、「イフェクト」と読むため、こちらも注意しましょう。

I’m not sure if this has a good effect on global warming.
これが地球温暖化に良い効果をもたらすのか分かりません。

effectiveness「効果」

“effectiveness”も、”effect”同様に”effective”から派生した名詞ですが、”effect”とは少し異なった意味を持ちます。

前項で”effect”は、結果の良し悪しに関係なく物事のあらゆる「効果」や「結果」を指すことを説明しました。

それに対して”effectiveness”が意味する「効果」とは、狙った効果の有無や、その効果の程度のことです。

「有効性」と言った方が分かりやすいかもしれません。

同じ「効果」でも、“effect”とはニュアンスが少し異なるため使い方には注意しましょう。

We still don’t have strong evidence for the effectiveness of this medicine.
この薬の有効性に対する強力な証拠はまだ見つかっていません。

impact「効果」「影響」

“impact=衝撃”と覚えている人もいるでしょう。

“impact”には、「効果」や「影響」という意味もあります。

”impact”は「衝撃」という意味からも分かるように、何かに強い力が加わる様子を表しています。

つまり、「効果」という意味で”impact”を使うときには、売り上げなど「大きな効果」を表現したいときに使うことが一般的です。

Company A and Company B merged last month. The merger will have a big impact on the market.
先月、A社とB社が合併しました。その合併は今後市場に多大な影響を与えるでしょう。

efficacy「効果」「効き目」

“efficacy”にも「効果」という意味がありますが、これは「薬の効果・効き目」という意味で使用されることが一般的です。

The efficacy of the vaccination is questionable.
そのワクチンの効き目は疑わしいです。

result「効果」「結果」

“result”は本来「結果」という意味で使われることが一般的ですが、ある特定の行動や状況の結果を表すことから「効果」というニュアンスで使うこともできます。

The result of the campaign was an increase in sales.
そのキャンペーンの結果として、売り上げがアップしました。

outcome「効果」「結果」

“outcome”も”result”同様に「結果」という意味で使われることが多いですが、「効果」という意味もあります。

“outcome”を「効果」という意味で使う場合は、より大きなスケールや長期的な視点で見る際に使われることが一般的です。

It takes a couple of months to know the outcome of this ointment.
この軟膏の効果を実感するためには数ヶ月の時間を要します。

consequence「結果」「影響」

“consequence”も「結果」や「影響」という意味で使われることが多いですが、「効果」という意味で使われることもあるのでぜひ覚えておきましょう。

The consequence of a measurement of the yen’s depreciation was minimal and unsuccessful.
円安に対する対策の効果は小さく、失敗に終わりました。

「効果」に関連した英語フレーズ

下記のように「効果」を使った表現は数多くあり、ビジネスシーンを中心に日常生活でも耳にする機会も少なくありません。

これを機にぜひ覚えて、英会話で実際に使ってみましょう。

「効果」に関連した表現

意味

英語フレーズ

相乗効果

複数の要因が同時に働いて、良い結果をもたらすこと

synergy

費用対効果

ある物事にかけた費用に対してどれほどの成果があったのか、あるいはどれほどの価値が得られたのかを示すこと

cost-effectiveness

宣伝効果

企業や商品・サービスを宣伝した際に得られる効果のこと

impact of advertising

効果測定

ある施策や行動がもたらした結果や影響を測定するためのプロセスのこと

effect measurement

効果検証

施策や計画が想定された効果を実際に生み出しているのかを確認するための作業のこと

effect verification

経済効果

ある施策や決定が経済全体、または特定の経済的指標に与える影響のこと

economic effect

「効果」や「効果的」を意味する英語表現はたくさんある!セットで覚えよう!

この記事では「効果的な」を表す英語の形容詞、そして「効果」を表す英語の名詞について紹介しました。

それぞれ下記の通りです。

意味

英単語

効果的な

・effective

・persuasive

・convincing

・efficient

・productive

・potent

効果

・effect

・effectiveness

・impact

・efficacy

・result

・outcome

・consequence

詳細は記事内で説明しましたが、それぞれ「効果的」や「効果」を意味するにしても、使い方やニュアンスが少し異なります。

単語だけでなく、細かいニュアンスも身につけることで正しく使いこなせるようになるでしょう。

少しずつで構わないので、ぜひマスターしてください。

なお、お決まりフレーズを言うだけでなく、自分の言葉で英語を話せるようになるには、 “ある練習” が必要です。

詳しい練習法については、無料の動画セミナーで公開しています。

→無料の動画セミナーに登録するにはこちら

英語無料メール講座のバナー(記事エリア下)

\ SNSでシェアしよう! /

英会話ハイウェイ | 英会話、海外生活・留学に関する情報が満載のメディアの注目記事を受け取ろう

効果・効果的の英語

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

英会話ハイウェイ | 英会話、海外生活・留学に関する情報が満載のメディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

Yui

Yui

高校で英語教員として8年勤めた後、オーストラリアに留学し、モナッシュ大学院観光学部に入学。2021年に卒業した後、現地企業でマーケターとして年勤務しました。現在はライターとしてオーストラリアで活動しています。

この記事を読んだ人は、こちらも読んでいます

  • 「やる気」は英語で?英会話で使える便利フレーズ6パターン

  • 家事の英語|日常英会話で使える3パターン+α

  • 「横になる」は英語で?lieとlayの違いも徹底解説

  • 「くだらない」は英語で?英会話で役に立つ使い分け3パターン

  • 「適当」は英語で?適当な男/適当に選ぶ、などテキトーの言い方7選

  • 「大げさ」は英語で?そのまま使える便利フレーズ6パターン