1. TOP
  2. 英会話
  3. 【閲覧注意】英語の悪口フレーズ14選!学校では教えてくれない
3ステップ勉強法 コンテンツ上のバナー 3ステップ勉強法 コンテンツ上のバナー

【閲覧注意】英語の悪口フレーズ14選!学校では教えてくれない

 2023/07/04 英会話
この記事は約 11 分で読めます。
口を開けて何かを言う人の横顔のイラスト
Yui
こんにちは。オーストラリア在住ライターのYuiです。
今日は、英語の悪口フレーズを紹介します。

使ってはいけない表現」もありますので注意しましょう。

洋画や海外ドラマを見ているときに、英語の悪口や罵り言葉を聞いたことがありますか?

当然ですが、日本語と同様に英語にも悪口を表すフレーズや単語が数多くあり、軽いものから使うべきでないシリアスなものまで多種多様です。

この記事では、まずは「悪口」「悪口を言う」を意味する単語とフレーズを5つ紹介します

その後、英語の悪口フレーズや単語を14個紹介します

最後まで読むことで、自分で悪口を使いこなすことも、他の人が使ったときに理解することもできるようになります。

アキラ

英会話ハイウェイでは、10年以上の経験を持つ翻訳者のアキラとYuiが、日常英会話で使う表現や勉強法、翻訳の仕事について分かりやすく説明しています。

たった3か月で、自分の言葉で英語を自由に話せるようになる独学法については、無料のメール講座をご確認ください。

英語で「悪口」「悪口を言う」は何て言うの?

まず「悪口」「悪口を言う」を意味する英語の単語やフレーズは下記の5つです。

  • say bad things about 〜
  • talk behind someone’s back
  • speak ill of 〜
  • trash talk
  • bad mouth

それぞれ例文を用いながら使い方を詳しく解説します。

say bad things about 〜「〜について悪く言う」

say bad things about 〜で「〜について悪く言う」という意味を表します。

直訳的かつ、「悪口を言う」というニュアンスを表す基本表現です。

Mellissa always says bad things about Monica.  
メリッサはいつもモニカのことを悪く言います

talk behind someone’s back「〜の陰口をたたく」

talk behind someone’s backは直訳すると「○○の背後で話す」という意味になり、そこから派生して「〜の陰口を叩く」という意味になりました。

Talking behind someone’s back isn’t a good thing.
陰口をたたくことは良いことではありません。

speak ill of 〜「〜のことを悪く言う」

speak ill of〜は、大学入試や英検などの試験で見かける表現なので、覚えておくと良いでしょう。

I’ve never seen Lucas speaking ill of others.
ルーカスが悪口を言うのを見たことがありません。

trash talk「悪口」

trashとは「ゴミ」を意味する英単語です。

そのためtrash talkは「ゴミのような話」、つまり「悪口」となります。

スラング的な表現であり、「悪口」だけでなく、相手を見下す態度や挑発的な言葉を使用することも含みます。

Many athletes like trash talk before their matches.
多くのアスリートは、試合前に悪口(相手への侮辱)を好んでいます。

bad mouth 「悪口」「悪口を言う」

bad mouthは、名詞としても動詞としても使えます。

Stephen has a bad mouth.
スティーブンはよく悪口を言います。

英語の悪口フレーズ・単語14選

つづいて、英語の悪口フレーズ・単語を14個紹介します。

どのフレーズも相手の気分を害したり、傷つける可能性があるため、できる限り使わないようにしましょう。

be pissed off 「ムカつく」

be 動詞 + pissed offは、angryと同様に怒りを表すときに使う表現です。

しかし、angryよりもカジュアルな表現であるため、「ムカつく」という訳の方が適切でしょう。

友達や家族など仲が良い人との会話だけに使うようにしてください。

Margot is pissed off because her boyfriend forgot her birthday.
彼氏が彼女の誕生日を忘れていたので、マーゴットはムカついています

You’re stupid. 「お前バカだな」

stupidは、愚かな言動や判断に対して苛立ちを感じているときに使います。

そのため、感情的で相手を批判するニュアンスになってしまいます。
場合によっては、相手を傷つけることもあるため、あまり使わない方が良いでしょう。

Yui
英語で「バカ」を表すフレーズや単語について、さらに詳しく知りたい場合は、『英語で「馬鹿」って何て言うの?スラングを含む厳選17フレーズ』を読んでください。

You’re fat. 「このデブ」

相手の容姿をけなす表現であるため使うべきではありません。

ちなみに「ぽっちゃり」を表すchubbyという単語は、fatほど直接的ではありませんが、相手を不快にさせることがあるため、こちらも使わないことをおすすめします。

You’re super annoying. 「お前、超ウザい」

annoyは「〜をイライラさせる」という意味をもつ単語です。

そのため、イライラさせるものや人が主語になるときは、S(主語) + be動詞 + annoyingという形になり、イライラさせられている人が主語になるときは、S + be動詞 + annoyed と形が変わります。

そして、annoyingの前にsuperやsoをつけると「超」や「とても」と強調できます。

S + be動詞 + asshole. 「〜はクソ野郎だ」

assは「お尻」という意味でholeは「穴」です。

かなり差別的で侮辱的な表現なので使うべきではありません。

自信過剰で傲慢な態度を取る人に使うことが多いです。

ちなみに、”ass”を用いる表現として、”Kiss my ass.”と言う表現を耳にしたことがあるかもしれません。

こちらは「クソくらえ!」「ふざけるな」を表す表現で、こちらも悪口です。

Harrison is asshole!
ハリソンはクソ野郎だ!

You suck. 「お前、最低」

suckは単独で使うと「吸う」「しゃぶる」という意味を持つ単語です。

しかし、「ひどい」「最悪」「つまらない」と、文句や悪口を言う際に使うこともあるので、文脈で意味を判断する必要があります

相手の神経を逆撫でする恐れがある表現なので使わない方が無難でしょう。

You idiot. 「バカ野郎」

You idiot.も、すでに紹介したYou’re stupid.と同様に「バカ」を表す表現です。

idiotは、浅はかで愚かな人に対して使う言葉で、人以外を主語にすることはないので、使い方には気をつけてください。

Fugly 「どブス」

fuglyは、「めちゃくちゃ」「超」を表すfuckingとugly「醜い」が合わさった造語です。

そのため「どブス」という意味になります。

Meghan is fugly!
メーガンはどブスだよ!

Damn it. 「ちくしょう」

起こったことや気づいたことに対して、不満や怒りを表して「くそっ」「ちくしょう」と言いたいときに使うフレーズです。

本気で怒っているときだけでなく、友達同士で冗談を言うときに使うこともあります。

Bitch 「嫌な女」

「ビッチ」は、日本語で耳にしたことがある人もいるかもしれません。

日本語では「尻軽女」の意味が強いですが、英語ではそれに加えて「性格が悪い女」という意味も表します。

Caroline is a bitch because she exposed her friend’s personal information on social media!
友達の個人情報をSNSに晒すなんて、キャロラインは最低な女だ!

Son of a bitch. 「クソ野郎」

Bitchが女性に対する悪口であるのに対して、son of a bitchは男性に悪口を言うときに使います。

Son of a bitchの前に”a real”をつけると「超」や「本当に」と強調できます。

Jerk 「最低な奴」

Jerkは、女性が無神経で自己中心的な男性を蔑むときに使用する単語ですが、かなり差別的な表現になるので使うべきではありません。

I dumped Michael because he is such a jerk!
マイケルは最低なヤツだからフった!

Gross「キモい」

Grossは、気持ちが悪い人、モノ、現象全てに使うことができます。

ちなみにgross outで「気持ち悪くさせる」「ぞっとさせる」という意味のイディオムです。

Eww. Gross!
うわぁ。きもっ!

Go to hell. 「くたばれ」

Go to hell.は、直訳すると「地獄へ行け」という意味になり、相手を激しく拒絶したりや拒否するときに用いる悪口です。

乱暴な表現なので使わない方が無難でしょう。

使ってはいけない英語のFour Letter Words

上記で紹介した悪口を表す単語やフレーズの多くが使うべきではないものですが、「使ってはいけないフレーズや単語」があります。

それがFour Letter Wordsと呼ばれる下記の4つの語です。

  • fuck
  • cunt
  • nigger
  • shit

これらの語は使ってはいけません。

テレビや映画ではネイティブスピーカーが使っており、字幕で”f**k”と文字が隠れていたり、「ピー」という音で誤魔化されたりしています。

しかし、英語を外国語として勉強しており、言葉のニュアンスを正しく知らない私たちが生半可な知識で使うとトラブルになりかねないので、絶対に使わないでください。

fuck

fuckは、日本語では表現できないほど下品な表現で、相手を罵倒するときに活用します。

Fuck you. 「死ね」やFuck off. 「消え失せろ」といった使われ方をします。

しかし、fuckingは形容詞の前につけられていると、「めちゃくちゃ」「超」という意味を表すスラングです。

cunt

cuntは女性器を表す単語です。

しかし、女性だけでなく男性にも使うことができ、相手のことをひどく嫌悪しているときに使われます。

nigger

niggerは「黒人」を意味する単語で、niggaやnegroという単語が用いられることがあります

いずれも差別的な表現なので絶対に使ってはいけません。

shit

shitは「クソ」という意味に近い単語で、単独で使うこともできますが、”Bullshit!”「ふざけんな!」や” Holy shit!”「くそっ!」と使うこともあります。

英語の悪口フレーズや単語は使わない!

英語の悪口フレーズや単語を14個紹介しましたが、意味がわかる程度にしておいて、使わない方が良いでしょう。

万が一使ってしまった場合は、” Excuse my language.”「私が使ってしまった言葉を許してください」と謝ってください。

なお、お決まりフレーズを言うだけでなく、自分の言葉で英語を話せるようになるには、 “ある練習” が必要です。

詳しい練習法については、無料のメールマガジンで公開しています。

こちらのページで無料のメールマガジンに登録して確認してください。

英語無料メール講座のバナー(記事エリア下)

\ SNSでシェアしよう! /

英会話ハイウェイ | 英会話、海外生活・留学に関する情報が満載のメディアの注目記事を受け取ろう

口を開けて何かを言う人の横顔のイラスト

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

英会話ハイウェイ | 英会話、海外生活・留学に関する情報が満載のメディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

Yui

Yui

高校で英語教員として8年勤めた後、オーストラリアに留学し、モナッシュ大学院観光学部に入学。2021年に卒業した後、現地企業でマーケターとして年勤務しました。現在はライターとしてオーストラリアで活動しています。

この記事を読んだ人は、こちらも読んでいます

  • 「辞める」は英語で?仕事の辞め方を正しく伝える表現4選

  • 「入籍」は英語で?そのまま使える結婚にまつわる英語フレーズ13選

  • 「冷蔵庫」は英語で?キッチンで役に立つ用語・表現48選

  • 決めつける!の英語は?9種類の言い方を26の例文で説明します。

  • 「気まずい/恥ずかしい」を意味する英語|awkward+8フレーズ

  • 「面白い」は英語で?今日から使えるニュアンス別3パターン