1. TOP
  2. 英語が口からポンポン出てくる!単語の覚え方6つのテクニック
英語無料メール講座のバナー(記事上)

英語が口からポンポン出てくる!単語の覚え方6つのテクニック

 2016/07/22 英単語 この記事は約 11 分で読めます。
英語 単語の覚え方

英語を勉強する上で、単語を覚えることは避けて通れません。

でも、英単語ってなかなか覚えられないし、頑張って覚えても次の日になったらすっかり忘れてしまったりしますよね。

さらに、やっと覚えたと思っても、外国人と話すときに思い出せなくて、「私はバカなのかな・・・」と悩むこともあるかもしれません。

そこでこのページでは、単語を楽に覚えて、しかも一度覚えると忘れない単語の覚え方を紹介します

しかも、外国人と英語で話すときに、パッと思い出して使うことができる会話で使える英単語の覚え方です。

試験勉強のときの単語の覚え方では、筆記試験でしか役に立たないので、今日からは英会話ハイウェイ式の「会話で使える覚え方」で覚えてください。

間違った単語の覚え方

悩む外国人男性

入試やTOEICのような筆記試験で点数を取るだけなら、受験勉強のときの単語の覚え方で問題ありません。

でも、その方法で覚えてた単語は、試験が終わったらすぐに忘れるし、英語で話すときにパッと思い出して使うことができません。

つまり、頑張ってたくさんの単語を覚えても、すべて死んだ知識になってしまいます。

そこでここでは、筆記試験では役に立つけれど、英会話では役に立たない間違った単語の覚え方についてお話しします。

語呂合わせで覚える

歴史の年表を覚えるときに「いい国(1192)作ろう鎌倉幕府」と覚えたのと同じ方法です。

たとえば、「agony」(苦痛)という単語を覚えるなら「アゴに苦痛のアッパーカット」と覚えるわけですね。

「agony」=「苦痛」

と棒暗記するのは難しいですが、このように語呂合わせを使うと簡単に覚えられます。

このとき、ボクサーがアゴにパンチを受けているシーンを想像しながら覚えると、さらに記憶に定着しやすくなります。

でも、しかし・・・

この覚え方で覚えた単語は、筆記試験では役に立ちますが、スピーキングやリスニングでは役に立ちません

つまり、「agony」という単語を見たときには「アゴに苦痛のアッパーカット」と頭の中で言って意味を思い出せるのですが、自分が英語で話そうとして「苦痛」という単語を思い出そうとしても「agony」は出てこないのです。

だからスピーキングでは使えません。

また、リスニングのときには、「agony」という単語を聞いてから「アゴに苦痛のアッパーカット」と頭の中で言って意味を思い出すのは時間がかかりすぎて会話について行けません。

語呂合わせの単語の覚え方は、100パーセント失敗です。

ちなみに、私は大学受験のときにこの方法で単語を大量に覚えました。受験は成功しましたが留学したときに役に立たなくて、たいへんなショックを受けました。

ナオ

私も大学受験のとき、語呂合わせでたくさん単語を覚えたわよ。確かに単語を見たら意味は分かるけど、会話のときに役に立ったためしがないわね。

アキラ

語呂合わせが役に立つのは、筆記試験だけなんだ。

「とにかく筆記試験だけできればいい!」という人以外は、ぜったいに手を出しちゃだめだよ。

単語だけ覚える

手のひらサイズの小さなカードを丸いリングでまとめる単語暗記カードがありますよね。
単語カード

中学生のときに、このカードの表に英単語、裏に日本語訳を書いて、単語を見て意味を言い、日本語を見て単語を言うことを繰り返して覚えました。

この方法も100パーセント後悔する単語の覚え方です。

なぜなら、この方法で覚えた単語は、英会話のときに使いこなせないからです。

確かに、英文を読むときには意味を思い出せるので役に立ちます。

また、「『貢献する』って英語で何て言うの?」と聞かれたときは「contribute」を思い出すことができます。

でも、「彼の発明は日本の近代化に大きく貢献した」と言いたいときに、「contribute」を英文の中でどう使えばいいか分からないので、英会話で使うことができないのです。

だから、筆記試験では使えますが、英会話では使えない知識になってしまいます。

オーディオを聞かない

二人の白人女性

単語は、目で見て覚えるだけでは使いこなせるようになりません。

目で見て覚えただけの単語は、

  1. 発音が分からないので聞き取ることができない
  2. どう発音していいか分からないので会話で使えない

ので役に立ちません。

必ずネイティブ音声のオーディオを聞いて、正しい発音を覚えましょう。

ノートに書いて覚える

受験生であれば、正しいスペルを覚えなければいけないのでノートに書いて覚えることも必要です。

でも、社会人が英語を勉強するのに、何度もノートに書いてスペルを完璧に覚える必要はありません。

なぜなら、英語で会話するときにはスペルは関係ないし、英文を書くときにスペルが分からなければネットや辞書で調べればいいからです。

ノートに文字を書くのは時間のかかる作業なので、書いて覚える方法は効率がよくありません。

ノートに何度も書いて覚えるよりも、オーディオを聞いたり声に出して練習したりすることに時間を使った方が効率的です。

ナオ

えっ?単語って書いて覚えるものじゃないんですか?

塾の先生に、「書いて覚えろ」って教わりましたけど・・・

アキラ

筆記試験のために勉強するなら、書いて覚える方法が効果的だよ。

でも、会話で使ったり英文を読んだりするには、書いて覚える必要はないんだ。

「書かなきゃ覚えられない」という人は、変なクセが付いているから勉強法を改めた方がいいね。

声に出して練習しない

口を手で覆う女性

声に出して練習せずに覚えた単語は、筆記試験では役に立つのですが英会話のときに口から出てきません。

通勤や通学のときに単語を勉強するなら、声に出して練習するのは難しいかもしれません。

でも、1日10分でも時間をとって声に出して練習することをおすすめします。

自分で英文を作らない

単語を覚えるときは、単語だけ覚えるのでなく、英文ごと覚えた方が効果があります。

さらに、簡単な英文でもいいので、覚えたい単語を使って自分で英作文することで効果が倍増します

身近なことを題材に、自分だけの英文を作りましょう。

単語教材に載っている英文を参考にすれば、それほど難しくないはずです。

正しい単語の覚え方

正しい単語の覚え方

正しい覚え方というのは、

  1. 単語を簡単に覚えられる
  2. 一度覚えたら忘れない
  3. 英会話で使える

ようになる覚え方のことです。

基本的に、間違った覚え方の反対をすれば大丈夫です。

今までと違う方法なので、最初は戸惑うかもしれませんが、慣れると簡単にできるようになります。

英文ごと覚える

単語だけ覚えるのではなく、単語を含む英文ごと覚えます。

ナオ

単語だけ覚えるのでも苦労しているのに、英文ごとなんて覚えられないわよ・・・

と思うかもしれませんが、それは思い違いです。

なぜなら、人間の脳は

「contribute」=「貢献する」

のような棒暗記をすることが苦手だからです。

反対に、ストーリー性のあることや、過去の経験に関連することなどを覚えるのが得意です。

たとえば、ビル・ゲイツ氏の顔を想像しながら

Mr. Gates contributed to advances in computer science.

「ゲイツさんは、コンピュータ・サイエンスの進歩に貢献しました。」

という英文を覚えた方がずっと記憶に残ります。

オーディオを使って覚える

ヘッドフォンを使う女性

最近の英語教材は、ほとんどのものに英語オーディオが付属しています。

必ずオーディオを聞いて発音を覚えましょう。発音を知らない単語は、聞き取ることができないし、英会話で使えないので覚える意味がありません。

筆記試験だけパスできれば満足」という人以外は、必ずオーディオを聞いて発音を覚えましょう。

声に出して練習する

オーディオを聞いたら、必ず声に出して練習します。

スペルに従って発音するのではなく、耳で聞こえたとおりに発音するのがポイントです。

たとえば、「people」という単語は、スペルを見て発音すると「ピープル」ですが、ネイティブの発音を聞くと「ピーポー」のように聞こえるはずです。

「ピーポー」と聞こえたなら「ピーポー」と発音しましょう。

『L(エル)』の音もしっかり発音しなきゃ!」と考えて無理に「ル」を発音する必要はありません。

聞こえたとおりに発音するのが鉄則です。

聞こえたとおりに発音すれば、英会話のときにネイティブに理解してもらえます。

よく見かける単語を中心に覚える

英語の超初心者のときは、単語教材に載っている単語を覚える必要があります。

最初は、中学・高校で習う単語を覚えて、次はTOEIC 500点レベルの単語を覚えましょう。

アキラ

どんな教材を使えばいいかは、以下のページを参考にどうぞ。

⇒ これだけ覚えたら安心!日常英会話でビシバシ使える単語教材6選

でも、中級者くらいになったら、よく見かける単語を覚えていく方法をおすすめします。

なぜなら、「よく見かける単語」=「あなたにとって重要な単語」だからです。

いくら単語教材に載せられていても、あなたにとって重要でない単語は覚える必要はありません。

せっかく覚えても使うチャンスがないからです。

それよりも、よく見かける単語を優先して覚える方が効率的です。

身近なことを題材に英作文する

覚える単語を使って簡単な英作文をしましょう。

単語教材や辞書に載っている例文を参考にしたり、ネットで検索して見つけた英文を参考にしたりして自分の英文を作ります。

自分の身近なことについて英作文しておくと、記憶によく定着する上に、英会話のときにそのまま使えるので役に立ちます。

右脳をフル活用する

外国人家族

単語を覚えるときは声に出して練習するわけですが、このときに英文を見ながら棒読みして覚えるのではなく、外国人に話しかけているつもりで練習します。

外国人に話しかけているつもりで練習すると、英会話のイメージトレーニングになるので、実際に英語で話すときに言葉が出てきやすくなります。

単語の覚え方まとめ

中学や高校、塾、予備校などで習う習う単語の覚え方は、筆記試験で点数を取るための単語の覚え方です。

その方法で覚えた単語は、英会話のときには役に立ちません。

とにかくTOEICで点数を取れればいい」というなら別ですが、英語で話すときに覚えた単語を使えるようになりたいなら、このページで紹介した方法で覚えてください。

驚くほどに英語での会話がスムーズになります

アキラ

ところで、「自分でも驚いた!」と評判の最短で英語を話せる3ステップ勉強法を無料メール講座で公開しています。

気軽に参加して、要らなくなればいつでも購読を止めることができるので、気楽に参加してください。

⇒ 無料の英語メール講座はこちら

\ SNSでシェアしよう! /

英会話ハイウェイ | 英会話、海外生活・留学に関する情報が満載のメディアの注目記事を受け取ろう

英語 単語の覚え方

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

英会話ハイウェイ | 英会話、海外生活・留学に関する情報が満載のメディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
英語無料メール講座のバナー(記事下)

この記事を読んだ人は、こちらも読んでいます

  • 『Duo 3.0』で英語力アップ!人気の単語教材の感想・レビュー

  • 日常英会話でビシバシ使える単語教材6選!これだけ覚えたら会話は安心

  • 新TOEIC TEST 単語・フレーズで500点の感想・レビュー

  • 『毎日の英単語』の感想・レビュー|人気教材をプロの視点でチェック

  • 英語の語呂合わせ?新TOEICの単語500個をザクザク覚える方法

  • TOEIC単語、おすすめの覚え方!英会話で使える単語11ステップ