1. TOP
  2. TOEIC
  3. TOEIC 900点以上なのに英語を話せない!を克服する方法

英語無料メール講座のバナー

TOEIC 900点以上なのに英語を話せない!を克服する方法

 2019/04/18 TOEIC この記事は約 16 分で読めます。
力強い女性

このコンテンツは、現役のプロ翻訳者であるアキラがネイティブの翻訳者と協力して、日常英会話で使う表現や勉強法をできるだけ分かりやすい言葉を使って説明するメディアです。


こんにちは!
英会話ハイウェイ運営者のアキラです。

笑顔のアキラ

TOEIC 900点以上を取れるのに英語力に自信が持てない」「思うように英語を話せない」と悩んでいる方から相談メールが届きました。

世間一般では、TOEIC 900点以上を取ると、英語の達人のように思われがちです。

でも、頑張って勉強して実際にTOEIC 900点を超えてみると、「えっ、TOEIC 900点って、こんなものなの?」と拍子抜けするかもしれません。

なぜなら、英語ネイティブ向けに書かれた簡単なウェブサイトを読むのにも苦戦しますし、英語ペラペラには程遠いからです。

実際に、過去に何度も「TOEIC 900点を取って転職したけど、英語を話せなくて役立たず扱いされている」とか「周りの人には英語の達人と思われているので、英語を話せないことがバレるのが怖い」といった相談をいただいたことがあります。

今回メールをくださった方も、TOEIC 900点以上を取ったけれど、自分の英語力に自信が持てなくて悩まれているようです。

カッコつけるために英語を勉強しても上達しない

ユキヒロ
こんにちは。ヒロユキと言います。

私は、何となく「英語を話せたらカッコいいだろうな」という憧れだけを動機に、大学で英語を専攻しました。

でも、それほど強力な憧れではありませんでしたから、成績が悪くならない程度には勉強したものの、実力としてはまったく使いものにならないレベルでした。

アキラ
実は、私も似たようなものでした(涙)。

他にも同じように「英語を話せたらカッコいいだろうな」という動機で英語を勉強する人は多いと思います。

でも、そういう「ボンヤリした動機」で勉強を始めても、なかなか上達しませんよね。

ユキヒロ
そうですね。

テストは何とかパスしましたが、簡単な英会話すらできないレベルでした。

アキラ
そうでしょうね。

それに、ボンヤリした動機付けで勉強していると、「英語を話せるようになりたい」と思って勉強を始めたはずなのに、進む方向がズレてしまって、文法の問題集をせっせと解いているなんてことにもなりかねません。

もちろん、文法の問題集を解いても、英語を話せるようにはなりませんので、ムダな努力を重ねていることになります。

ユキヒロ
それって、まさに私ですね!

もともとは英語を話せるようになることが目的だったのに、試験をパスするための勉強しかしなかったんですから。

英語の目標を達成するために必須のこと

アキラ
そんなふうに進むべき方向を見失わないためには、やはり英語を勉強する目的・目標を明確にすることは大切ですね。

できれば、「英語を話せるようになって外国人の恋人を作る」とか「個人で海外旅行に行って、現地の人と会話を楽しむ」みたいなことでもいいので、紙に書いて貼っておくのがいいと思います。

そして、今やっていることが、この目的に沿っているかどうかを常に確認すると、勉強内容がブレなくなります。

たとえば、「個人で海外旅行に行って、現地の人と会話を楽しむ」のが目的で英語を勉強しているとして、TOEIC問題集をせっせと解いているなら、「この問題をスイスイ解けるようになったら、旅行先で外国人と会話を楽しめるかな?」と考えてみることです。

ユキヒロ
なるほど。
アキラ
そうすると、「あれ、問題集の穴埋め問題を解けるようになっても、会話の上達に関係ないんじゃないの?」と気づくはずです。
ユキヒロ
そうですね。

今さらながら、目的・目標を明確にしておくべきだったと思います。

そうすれば、きっと今頃は、納得のいく形で英語が身についていたんでしょうね。

でも、目的もなく中途半端に英語を勉強したせいで、英語への憧れは、いつしか英語ができないことのコンプレックスに変わってしまっていました。

アキラ
なるほど。

大学に行ってまで英語を勉強したのに、日常的な英会話もできないとなると、コンプレックスに感じるのも当然ですね。

ユキヒロ
そうなんです。
アキラ
目的・目標を定めることの大切さについては、『目的と手段が入れ替わる?英語学習が行き詰まる原因はココにあった』でお話ししています。

参考に読んでください。

TOEIC 900点以上取れるのに英語を話せない!

ユキヒロ
30才になったのを機に、英語コンプレックスを何とかしたいと思い、英語学習を再開しました。

現在TOEICのスコアは900点にまでなっていますが、英語力が付いたという自覚はありません。

むしろ、「900点ホルダーだ!あいつは英語ができる奴だ!」と思われている気がして、圧力を感じてしまいます。

英会話しかり、英字新聞しかり、TOEIC900点を取ったところで、それだけでできることって、ほとんどないんじゃないかと思っています。

アキラ
そうですね。

TOEICはあくまで試験ですので、試験勉強をせっせとすれば高得点を取れてしまいます。

でも、それで英語の達人になれるというわけじゃないですよね。

あくまで、試験の点数が上がっただけ・・・
一流大学に合格するほど英語を勉強しても、英語を話せるようにならないのと同じことです。

ちなみに、この件については、英会話ハイウェイでは以下の記事でお話ししています。

⇒TOEIC 900レベルの英語力とは?運命を二分する2つの勉強法

⇒TOEICスコアの目安!高得点でも英語を話せない原因と対策

参考に読んでください。

ユキヒロ
そうなんですね。

以前は、てっきり、TOEICで高得点を取れるようになると英語ペラペラになれるものと思っていました。

そこで、英語コンプレックスを解消するために英語を身につけたいと思うのですが、仕事で英語を使うわけでもないし、英語を勉強する目的がありません。

目的がないので、やる気も出てこないんです。

こんな私に、目的を設定するに当り、アドバイスを頂けないでしょうか?

自分の英語力に自信を持てるようになる方法

アキラ
目的もないのにTOEIC 900点まで勉強されたのは、かなりすごいことですね。

繰り返しになりますが、コンプレックスを感じる一番の原因は、スピーキングができないことですよね?

そうなら、まずは、どこまで英会話ができれば満足なのかを決めることをおすすめします。

そうしなければ、英語で問題なくコミュニケーションがとれるようになっても、もっと英語を上手に話せる人やネイティブの英語と自分の英語を比べてしまい、永久に自信を持てないことになってしまいます。

いくら英語を勉強しても、上には上がいるからです。

面白いことに、世の中には、カタコトの英語でも「私は英語ペラペラよ!」と自信満々の人もいれば、かなり流ちょうに話せるのに「俺は全然ダメだ・・」と自信がない人もいます。

その理由は、実際の英語力ではなく、本人が自信を持てるレベルが違うからです。

つまり、「英語ペラペラ」と感じるレベルに差があるのです。

だからまずは、

  1. 海外旅行に問題なく行ける。
  2. 簡単な世間話ができる。
  3. 仕事の話ができる。

など、どれくらい話せれば満足なのかを決めることですね。

次に、興味のあるなしに関係なく、海外旅行の日程を決めてしまい、その日に向けてオンライン英会話のレッスンをたくさん受けるというのはいかがでしょうか?

海外旅行でなくてもかまいませんが、強制的に外国人と話す機会を設定してしまい、その日に向けて勉強するという感じです。

あなたの場合は、TOEIC 900点という実力をお持ちなので、文法などの勉強はもう必要ないと思います。

ユキヒロ
まずは、簡単な世間話ができるようになりたいと思います。

それだけでも、周りの目を気にしなくてよさそうですから。

アキラ
そうですね。

「簡単な世間話ができる」が現実的で、しかも、短期間に達成しやすいと思います。

ユキヒロ
それから、オンライン英会話レッスンを受けることにします。

文法はかなり勉強したので、今は英語を話す練習が必要と思いますから。

アキラ
それがいいと思います。

ちなみに、英字新聞は、毎日コツコツ読んでいたら、1~2か月くらいでかなり読めるようになりますよ。
(まずは、Japan Timesのような日本の英字新聞で練習するのがおすすめです)

TOEIC 900点を独学で突破する勉強法

TOEIC 900点は、コツコツと勉強しさえすれば独学で突破することができます。

ただ、努力の仕方(勉強法)を間違えないように注意する必要があります。

間違った努力をすると、この記事で紹介した方のように「TOEIC 900点以上取れるけれど英語を話せない」「周りの目が気になってコンプレックスを感じる」という結果になります。

だからまずは、英語を勉強する目的を定めて、その目的に合った勉強をすることですね。

たとえば、「英会話はできなくていいから、とにかくTOEICで高得点を取って就職・転職で有利になりたい」というなら、問題集をせっせと解いたり、TOEICスクールで勉強するのが効果的です。

でも、「仕事や旅行で役に立つ英語を身につけたい。その結果としてTOEIC 900点以上を取りたい」というなら、別の方法で勉強する必要があります。

これら2種類の勉強法について詳しくは、『TOEIC 900レベルの英語力とは?運命を二分する2つの勉強法』を読んでください。

英語を話せるようになって、しかもTOEIC 900点以上を独学で取れる勉強法とは?

TOEICは、参考書や問題集でせっせと勉強しなくても900点以上を取れるようになります。

私自身、TOEICを受験する前に模擬試験を受けたくらいですが、初受験で940点を取ることができました。

しっかりと英語力を身につければ、試験対策なんかしなくてもTOEIC 900点は取れるんです。

どのように勉強すればいいかは、無料のメールマガジンで詳しく説明しています。

⇒独学で英語を話せるようになるメールマガジンはコチラ!

アキラ
不要になればいつでも解除できるので、気軽に読んでください。
ナオ
私も、この勉強法で英語がパッと出てくるようになりました!

▼英会話上達を加速するには以下の記事がおすすめ▼

⇒TOEIC 900レベルの英語力とは?運命を二分する2つの勉強法

⇒TOEICスコアの目安!高得点でも英語を話せない原因と対策

⇒英会話が独学で身に付く!最短で英語が話せる3ステップ勉強法とは?


英語無料メール講座のバナー(記事エリア下)

\ SNSでシェアしよう! /

英会話ハイウェイ | 英会話、海外生活・留学に関する情報が満載のメディアの注目記事を受け取ろう

力強い女性

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

英会話ハイウェイ | 英会話、海外生活・留学に関する情報が満載のメディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

この記事を読んだ人は、こちらも読んでいます

  • 英語の語呂合わせ?新TOEICの単語500個をザクザク覚える方法

  • TOEICテスト直前の技術|実力より高い点を取る3つのテクニック

  • TOEIC 900レベルの英語力とは?運命を二分する2つの勉強法

  • TOEICの時間配分が不要になるほど速く解くコツとは?

  • TOEICスコアの目安!高得点でも英語を話せない原因と対策

  • 新TOEIC TEST出る単特急 金のフレーズの感想と効果の出る勉強法