1. TOP
  2. 英会話
  3. 「混ぜる」は英語で?混ぜ方ごとに3パターンを説明します。
英語無料メール講座のバナー(記事上)

「混ぜる」は英語で?混ぜ方ごとに3パターンを説明します。

 2017/09/20 英会話 この記事は約 8 分で読めます。
サラダを混ぜる人

このコンテンツは、現役のプロ翻訳者であるアキラがネイティブの翻訳者と協力して、日常英会話で使う表現や勉強法をできるだけ分かりやすい言葉を使って説明するメディアです。


こんにちは!
英会話ハイウェイ運営者のアキラです。

笑顔のアキラ

今日は、「混ぜる」は英語でどう言えばいいかについてお話しします

たとえば、「コーヒーにミルクを入れてスプーンで混ぜる」というときの「混ぜる」です。

この「混ぜる」という言葉は、英語ではどのように混ぜるかによって「mix」「blend」「stir」という動詞を使い分けます。
とりあえず「mix」を使えばいいというものではありません。

そこで、この記事では「mix」「blend」「stir」の使い方を例文を使って紹介します。

「混ぜる」は日常会話でよく使う動詞なので、この記事を読んで覚えてしまってください。

分離できないように混ぜ合わせる

複数の液体や物質を混ぜ合わせて、元の状態に分離できないようにするときの「混ぜる」の英語は「mix」を使います。

If you mix this detergent with this detergent, a dangerous gas will be produced.

この洗剤とこの洗剤を混ぜると、危険なガスが発生しますよ。

※「detergent」=洗剤、「produce」=生成する

「mix」には、「混ぜる」だけでなく「混ざる」という意味もあります。

Shake the bottle well so that the protein powder mixes with the water.

プロテインと水がよく混ざるように、ボトルをしっかりと振ってください。

※「shake」=振る、「so that~」=~するように

野菜サラダ

なお、「サラダを和える(あえる)」と言うときは「toss」という動詞を使います。

Toss the salad well before eating.

食べる前にサラダをよく和えてくださいね。

「toss」には「(ドレッシングやソースなど液体のものを)食べ物に和える」という意味があります。

混ぜてより良い物を作る

複数の物を完全に混ぜ合わせて、より好ましい物を作るときの「混ぜる」の英語は「blend」を使います。

「blend」は、物だけでなく芸術など形のないものにも使えます。

My husband loves coffee, and blends them together to suit his taste.

夫はコーヒーが大好きで、自分で好みの味にブレンドするんです。

※「suit」=~に合う、「taste」=味覚、好み

なお、「blend」には、複数の種類を混ぜ合わせて作った物(コーヒー、紅茶、タバコなど)という名詞の意味もあります。

My husband loves coffee. He makes his own blends the way he likes them.

夫はコーヒーが大好きです。彼は、自分の好きなように独自のブレンドを作ります。

It took me six months to make this perfect blend of coffee.

この完璧なコーヒーのブレンドを作るのに6か月かかりました。

コーヒーと手帳

「blend」は、「混ざる」という意味の他動詞としてもよく使われます。

The ice cream and honey flavors blend together to make a delicious dessert.

アイスクリームと蜂蜜を混ぜると美味しいデザートができますよ。
(直訳:アイスクリームの味と蜂蜜の味は、美味しいデザートを作るために上手く調和します)

※「flavor」=味、「blend together」=上手く調和する

「blend」を名詞として使うなら以下のように言えます。

The ice cream and honey blend is delicious!

アイスクリームと蜂蜜のブレンドは美味しいですよ。

また、以下のように「blend」を使わずに言うこともできます。

Ice cream and honey together are delicious!

アイスクリームと蜂蜜を合わせると美味しいですよ。

アキラ
ちなみに、英語の「juice」は、果物や野菜、肉などをしぼって作った液体という意味やで。
「混ぜ物なし」でなかったらあかん。

そやから、果汁10パーセントのオレンジジュースやファンタなんかは「juice」じゃない。
そういうのは「soft drink」と呼ぶんや。

特に「炭酸飲料」と言いたいときは「soda pop(pop)」や。

ナオ
果汁100パーセントしか「ジュース」って言わんのやったら、「果汁100パーセントのジュース」というのは当たり前のことなんやな。

かき混ぜる

スプーンでコーヒーを混ぜるように、液体をかき混ぜるときの英語は「stir」です。

The fruit sinks to the bottom, so please stir the juice well before drinking it.

果実が底に沈んでいるから、飲む前にジュースをよく混ぜてください。

※「sink」=沈む、「bottom」=底

なお、「stir」は名詞としても使うことができます。

The fruit sinks to the bottom, so please give the juice a good stir before drinking it.

果実が底に沈んでいるから、飲む前にジュースをよく混ぜてください。
(直訳:ジュースによい攪拌(かくはん)を与えてください)

※「攪拌(かくはん)」=混ぜること

野菜とジュース

Stir the paint thoroughly until it gets soft.

柔らかくなるまで、塗料をよく混ぜてください。

※「paint」=塗料、「thoroughly」=完全に

She stirred the milk into the tea.

彼女は、ミルクを紅茶に入れて混ぜました。

※「stir A in/into B」=AをBに入れて混ぜる

固まるまで強くかき混ぜる

固まるまで卵やクリームなどを強くかき混ぜるときは「whip」という英語を使います。

Whip the egg white in the bowl.

卵の白身をボールで泡立ててください。

※「egg white」=白身

クリームを泡立てている

ナオ
これはホイップクリームの「whip」のことか?
アキラ
そうやな!
ただし、正しくは「whipped cream」やけどな。

覚えた表現を英会話で使いこなすには

この記事では「混ぜる」は英語でどう言えばいいかを紹介しました。

「混ぜる」は日常生活に密着した言葉なので、しっかり覚えて活用してください。

しかし、単語や英文を暗記するだけでは、英語を話せるようにはなりません

英語を話せるようになるには、そのための専用の勉強をする必要があります。

詳しい勉強方法については、メール講座で説明しています。
以下のページから無料で参加して、不要になればいつでも解除できます。
気軽に参加してください。

↓↓↓以下をクリックして無料で参加してください↓↓↓
記事下からメール講座に誘導するバナー

\ SNSでシェアしよう! /

英会話ハイウェイ | 英会話、海外生活・留学に関する情報が満載のメディアの注目記事を受け取ろう

サラダを混ぜる人

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

英会話ハイウェイ | 英会話、海外生活・留学に関する情報が満載のメディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
英語無料メール講座のバナー(記事下)

この記事を読んだ人は、こちらも読んでいます

  • 「要求する/求める」は英語で?誤解されないニュアンス別の動詞5選

  • 「ゴミ」は英語で?英米の使い分けとよく使う厳選フレーズ6選

  • 「大変ですね」は英語で?4つの状況ごとに12例を紹介します

  • 「手に入れる」は英語で?7つの表現を使いこなす勉強法とは?

  • 【花火大会】 を英語で説明し外国人をデートに誘う必勝フレーズ27選

  • 盗む は英語で?ニュアンス別に正しい意味を伝える4カテゴリ