1. TOP
  2. 勉強法
  3. 暗記方法|英語をモリモリ覚えてペラペラ話せるマル秘テクニック
英語無料メール講座のバナー(記事上)

暗記方法|英語をモリモリ覚えてペラペラ話せるマル秘テクニック

勉強法 この記事は約 5 分で読めます。
やる気まんまんの少年

このコンテンツは、現役のプロ翻訳者であるアキラがネイティブの翻訳者と協力して、日常英会話で使う表現や勉強法をできるだけ分かりやすい言葉を使って説明するメディアです。


こんにちは!
英会話ハイウェイ運営者のアキラです。

笑顔のアキラ

「がんばって英語を勉強しているのに覚えられない・・・」って経験ありますよね?

私もありますし、英会話ハイウェイの読者さんからも「暗記が苦手・・・」というメールがよく届きます。

でも、英語の勉強では、単語や英文の暗記を避けることはできません

どんなに素晴らしい英語教材を使っても、どんなに優秀な先生に教えてもらっても、自分で覚えないことには一歩も前に進むことはできないわけです。

だからこそ、効率よく暗記していきたいのですが、「苦労して覚えてもすぐに忘れてしまう」という経験を誰もがしているはずです。

この記事では、今までよりずっと短時間に単語や英文を暗記する方法を紹介します

しかも、筆記試験でしか使えないようなムダな暗記方法ではなく、英会話のときに使えるように暗記する方法です。

暗記する方法をちょっと工夫するだけで、効果に大きな違いが出てきますので、今日からぜひ取り入れてください。

漫然と覚えようとしても覚えられない

あなたは単語や英文をどうやって暗記しますか?

  1. ただ教材を見ているだけ。
  2. 英文を声に出して読んでみる。
  3. 英文や単語を紙に書いてみる。
  4. オーディオを聞く。

だいたい、こんな感じではないでしょうか?

本を読む女性

でも、これだけではなかなか暗記できませんよね。

こうした勉強方法は、中学生や高校生みたいに若いときならともかく、大人になってからではかなり困難です。

苦労が多い割に得るものが少ないとしか言いようがありません。

今までの何倍も効率よく暗記する方法

単語や英文を今までの何倍も効率よく暗記する方法とは、アウトプットを前提に覚えることです。

つまり、覚えた英語を後で誰かに話すことを前提に覚えるわけです。

特別なことをする必要はありません。
教材を使って暗記するときに、「この英文(単語)を後で誰かに使ってみよう」と意識して覚えるだけです。

アウトプットを前提とした暗記が効果的なのは、海外留学している人たちを見るとよく分かります

留学生は、日本で生活しながら英語教材を使って勉強している人より、ずっと早く英語を覚えることができます。

彼らの覚えるのが早い理由は、学んだことを後で使うこと(アウトプット)を前提に覚えているからです。

学校で学んだことをホストファミリーとの会話で使ったり、ショッピングのときに使ったりするなど、常にアウトプットすることを前提に学ぶので、記憶への定着力が高まるわけですね。

談話をする四人の外国人

日本で教材を使って勉強しているあなたも、これを応用すれば今までの何倍も効率的に暗記することができます。

一番いいのは、教材を使って単語や英文を暗記したら、その日か次の日くらいに外国人を相手に使ってみる(アウトプットする)ことです。

そうすると、自然とアウトプットを前提に暗記するようになるので、記憶への定着が何倍もよくなります。

外国人の知り合いがいない場合は、オンライン英会話スクールの先生が相手でもかまいません。

オンライン英会話なら、月5,000円程度で毎日でもレッスンを受けられるので、効率よく学習することができます。

また、お金を一切使いたくないとか、まだ外国人と話すのは怖いという場合は、家族や友達が相手でもかまいません

その日に暗記した単語や英文を家族に聞いてもらうだけでも、記憶への定着度がうんと高くなります。

なぜなら、「後で家族に聞いてもらわなきゃ」と思うと、暗記しようという意識が自然と高まりますし、家族に聞いてもらうときに復習ができてしまうからです。

アウトプット前提で暗記する方法の相乗効果

アウトプット(話すこと)を前提に暗記するということは、自然と英会話を前提に勉強していることになります。

つまり、英会話で使うことを想定して暗記することになるので、覚えたことを英会話のときに使えるようになります

日本人と白人の男性

これに対して、受験生やTOEICの試験を受ける人みたいに、筆記試験を受けることを前提に暗記をした場合、筆記試験では役に立っても英会話では役に立たない知識が身に付いてしまいます

ですので、受験やTOEIC Listening & Reading Testのような試験を受けるために勉強しているのでなければ、アウトプットすることを前提にした暗記方法をおすすめします。

簡単な暗記方法ですが、大きな効果があるのでぜひ今日からの勉強に取り入れてください。

英語を話せるようになる勉強法とは?

この記事では、今までより何倍も効率よく暗記する方法についてお話ししました。

この暗記方法なら、暗記を効率よくできる上に、英会話で使える知識を身に付けることができます。

ただし、教材などに載っている英文をそのまま暗記しただけでは、言いたいことを何でも英語で話せるようにはなりません

言いたいことを英語で自由に言えるようになるには、そのための専用の勉強が必要です。

詳しい勉強法については、無料のメール講座で説明しています。
以下のページから無料で参加して、不要になればいつでも解除できます。
気軽に参加してください。

↓↓↓以下をクリックして無料で参加してください↓↓↓
記事下からメール講座に誘導するバナー

\ SNSでシェアしよう! /

英会話ハイウェイ | 英会話、海外生活・留学に関する情報が満載のメディアの注目記事を受け取ろう

やる気まんまんの少年

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

英会話ハイウェイ | 英会話、海外生活・留学に関する情報が満載のメディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
英語無料メール講座のバナー(記事下)

この記事を読んだ人は、こちらも読んでいます

  • 【動画】英会話を独学で身に付けるシンプル3ステップ勉強法

  • 英語のリーディング勉強法!楽しみながら自然に上達する方法とは?

  • 独学で英語ペラペラになるには?最短で話せる3ステップ勉強法

  • アニメで英語を身に付ける5ステップ勉強テクニック

  • 英語が上達した人たちはみんな実践した勉強法

  • 英語が上達しない人に朗報!今からでも上達する3つの学習テクニック