1. TOP
  2. 勉強法
  3. 英会話に文法は必要?どこまで勉強すればいいか目的別に解説
3ステップ勉強法 コンテンツ上のバナー 3ステップ勉強法 コンテンツ上のバナー

英会話に文法は必要?どこまで勉強すればいいか目的別に解説

 2021/09/14 勉強法
この記事は約 4 分で読めます。
grammarという文字とペン

英会話ハイウェイでは、10年以上の経験を持つ翻訳者のアキラが、日常英会話で使う表現や勉強法、翻訳の仕事についてできるだけ分かりやすい言葉を使って説明しています。


こんにちは!
英会話ハイウェイ運営者のアキラです。

笑顔のアキラ

文法はどこまで勉強すれば十分だと思いますか?

  1. 中学で習う範囲?
  2. 高校で習う範囲?
  3. 文法なんかいらない?

ネットで英語学習について情報を集めていると、いろいろな情報が目に入るので、どれが正しいのか迷ってしまうと思います。

文法は大切だからしっかり勉強しろ!

と言っている人もいれば、

文法なんかいらない!

と言っている人もいます。

いったい、どれが正しいのでしょうね?

この記事では、どこまで勉強すればいいのかを、目的別に解説していきます。

英会話に文法は必要か?どこまで勉強すれば十分か?

実は、上記の1~3のどれも正しいと言えます。

というのも、

  • 何を勉強するべきか?
  • どこまで勉強するべきか?

は、何を目的としているかによって変わるからです。

 

海外旅行を楽しみたいなら

たとえば、あなたが英語を学ぶ目的が、海外旅行で不自由しないことなら、難しい文法を覚える必要はありません。

海外旅行でよく使うフレーズを覚えたら、ほとんどのことは事足ります。

実際に、ワーキングホリデーで世界中を旅している人の多くは、英語フレーズをちょっと言えるだけの英語力しか持っていません。

度胸と行動力があれば、その程度でも何とかなるのです。

 

英文を読めるようになりたいなら

英字新聞や英文の雑誌、ウェブサイトなどを読めるようになりたいなら、高校レベルの文法まで勉強する必要があります。

ネイティブでない日本人が英文を読むには、文法を知らなければ歯が立たないからです。

英文を読み慣れてくると文法を意識しなくても理解できるようになりますが、最初の段階では文法を頼りに読み進めることになります。

 

日常英会話ができるようになりたいなら

海外旅行の英会話みたいにお決まりフレーズを言うだけではなく、自分の言葉を使って会話がしたい、でも、英字新聞は読めなくてもいい、という場合はどうでしょうか?

つまり、日常的な英会話のレベルの英語、ビジネスで簡単なコミュニケーションを取れるレベルの英語を話したい場合です。

そのレベルの英語を話すには、中学レベルの文法を覚えたら、ほぼ困ることはありません

もちろん、趣味やビジネスなど、話題によって必要な単語や表現が違うので、必要な単語や表現は覚える必要はあります。

でも、独立分詞構文や仮定法過去完了など、高校で習うような文法は知らなくても、コミュニケーションで困ることはまずありません。

ですので、日常的な英会話ができること、ビジネスで簡単なコミュニケーションを取れることが目標なら、まずは中学レベルの文法をしっかり身に付けましょう。

 

最初から高校レベルの文法を勉強すればいいじゃん!

なお、高校レベルの文法には中学レベルの文法が含まれているから、最初から高校レベルを勉強すればいいじゃん!と思うかもしれません。

でも、最初から高校レベルの細かい文法を覚えてしまうと、知識が多すぎて英会話のときに頭が混乱して言葉が出てこなくなることがあります。

「ここは現在完了で言うべきか?それとも過去完了だろうか?」

などと、悩んでしまうのです。

英会話のときに、そんなことを悩んでいると会話が途切れてしまうので、会話が成立しなくなってしまいます。

それよりは、少ない知識を最大限に活用する練習した方が、ずっと短期間に英会話が上達します。

 

効率的に英会話が上達する文法の学び方

もちろん、個人差はありますが、効率的に英会話が上達する文法の学び方として、

  1. 中学レベルの文法を学ぶ
  2. 英会話を練習する
  3. (中学レベルの文法で、ある程度の英会話ができるようになったら) 高校レベルの文法を学ぶ

という順序がおすすめです。

高校レベルの文法を使って英会話ができるなら、すでに英会話の上級者と言えます。

 

英会話に文法は必要か?まとめ

インド人などアクセントの強い英語を聞き取るには、普段の英語の勉強に加えて、YouTubeを活用してリスニング練習をすることが大切です。

アメリカ英語を聞き取る練習をしても、インド人の英語はなかなか聞き取れないので注意してくださいね。

 

ところで、あなたはスピーキングの練習はどんなふうにしていますか?

英語フレーズを暗記するだけとか、英会話レッスンで講師に言われるままにやっているだけ・・ということはありませんか?

そうした勉強法では、英語を話せるようにはなりません。

英語を自由に話せるようになるには、そのための特別な練習が必要です

練習法について詳しくは、無料のメール講座で説明しています。

不要になればいつでも解除できるので、以下のページから気軽に参加してくださいね。

↓ ↓ ↓

英語無料メール講座のバナー(記事エリア下)

\ SNSでシェアしよう! /

英会話ハイウェイ | 英会話、海外生活・留学に関する情報が満載のメディアの注目記事を受け取ろう

grammarという文字とペン

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

英会話ハイウェイ | 英会話、海外生活・留学に関する情報が満載のメディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

アキラ

アキラ

株式会社トランス・ダイナミック代表取締役。原田メソッド認定パートナー。
ニュージーランドとアメリカで留学・就職を経験。中学生・高校生・社会人に英語指導をしたあと翻訳者として独立。TOEICは、試験勉強を一切せずに一発で940点。

現在は、翻訳事務所を運営しながら、英語学習者向けの情報配信、英会話教材の開発・販売、翻訳通信講座の運営を行っています。

この記事を読んだ人は、こちらも読んでいます

  • 社会人の英語勉強法!すき間時間にモリモリ上達する7つの秘訣

  • できる人はみんなやった!NHK英語講座を使い倒す7ステップ勉強法

  • 正しい英作文ができているかGoogleで確認する方法

  • 英語の勉強で集中力を上げる方法

  • 英語学習のツボ!聞き流しで効果を出す条件とは?

  • 究極の英語スピーキング!中学3年の英文法で英語ペラペラになる方法