1. TOP
  2. 原形不定詞とは?今日から英会話で役に立つ3パターン
英語無料メール講座のバナー(記事上)

原形不定詞とは?今日から英会話で役に立つ3パターン

 2017/05/22 文法 この記事は約 9 分で読めます。
高校生の授業

このコンテンツは、現役のプロ翻訳者であるアキラがネイティブの翻訳者と協力して、日常英会話で使う表現や勉強法をできるだけ分かりやすい言葉を使って説明するメディアです。


こんにちは!
英会話ハイウェイ運営者のアキラです。

今日は、英語の原形不定詞について説明します。

不定詞は中学の英語で習うので「不定詞なら分かる」という人は多いと思います。

でも、「原形不定詞はちょっと・・・」いう人は多いのではないでしょうか。

原形不定詞とは、簡単に言ってしまうと「to speak」⇒「speak」のように「to不定詞」から「to」を取ったものです。

でも、to不定詞と原形不定詞は使い方がまったく違うので、名前は似ているけれど別ものとして覚える必要があります

この原形不定詞について、この記事では使い方を3つに分けて説明します。

日常会話でも英文でもよく使われる表現なので、この記事を読んで原形不定詞をマスターしてください。

不定詞とは

原形不定詞について説明する前に、復習のために、そもそも「不定詞」とは何かについて説明します。

復習は必要ない方は、ここは飛ばして『原型不定詞とは』から読んでください。

不定詞とは、動きや状態を表す「動詞」の原形の前に「to」を付けたもののことです。

たとえば、「speak」(話す)という動詞の原形の前に「to」を付けた「to speak」などを不定詞と呼びます。

不定詞の例

run ⇒ to run
eat ⇒ to eat
walk ⇒ to walk

不定詞についてもっと詳しく知りたい場合は、『英語の不定詞とは?文法で挫折した人も安心のカンタン3パターン』を読んでください。

原型不定詞とは

原型不定詞(zero infinitive)とは、不定詞の「to」がなくなった形を指しています。

つまり、原型不定詞は動詞の原形と同じ形です。

原形不定詞の例

to run ⇒ run
to eat ⇒ eat
to walk ⇒ walk

原型不定詞は、以下の3つの形でよく使われます。

1.‥に~させる(してもらう)

主語+使役動詞(make、have、let)+目的語(O)+原型不定詞

2.‥が~するのを・・・する(見る、聞く、感じるなど)

主語+知覚動詞(see、hear、feelなど)+目的語(O)+原型不定詞

3.人が~するのを手伝う、助ける

主語+help+人+原型不定詞

文型が得意な人なら分かると思いますが、これらはどちらも第5文型です。

⇒ 第5文型について詳しくはこちら。

以下に、上に紹介した原形不定詞の使い方について詳しく説明します。


1.使役動詞+原型不定詞(‥に~させる/~してもらう)

使役動詞とは、他者に何かをさせるときに使う動詞です。

日本語では「~させる」という意味になりますが、「make」、「have」、「let」は、それぞれニュアンスが異なります。

使役動詞の意味の違い

make:強制的に~させる
have:~してもらう(あまり強制的ではない)
let:~することを許可する

原形不定詞は、使役動詞とともに以下の形で使われます。

主語+使役動詞(make、have、let)+目的語(O)+原型不定詞

以下に例文を紹介します。

My mother made me clean my room.
母は、私に部屋を掃除させました。

I will have my daughter call you back later.
後で、娘に折り返し電話をかけさせます。

※「call back」=折り返し電話をかける

My husband let our son stay up late last night.
昨夜、夫は、息子が夜更かしするのを許可しました。

※「stay up late」=夜更かしする

ナオ
「My husband」は三人称単数やのに、なんで「lets」にならへんの?
アキラ

「let」は、原形と過去形が同じなんや。

上の例文では、主語が「My husband」という三人称単数やから、もし現在のことを話しているんだったら「let」の語尾に「s」が付いているはずやろ。

そやけど、例文では「let」の語尾に「s」が付いていない。

ということは、上の英文の「let」は現在形じゃなくて過去形やと判断できるわけや。

三人称単数については、『三人称とは?挫折組でも5分で分かる三人称単数の意味と使い方』を読んでな!

2.知覚動詞+原型不定詞(‥が~するのを見る/聞く/感じる)

知覚動詞とは、「見る、聞く」など人間の五感を表すときに使う動詞です。

代表的な知覚動詞として、以下があげられます。

see:~を見る
watch:~を(注意深く)見る
hear:~を聞く
feel:~を感じる
notice:~に気が付く

原形不定詞は、知覚動詞とともに以下の形で使われます。

主語+知覚動詞(see、hear、feelなど)+目的語(O)+原型不定詞

以下に、知覚動詞を使う例文を紹介します。

I saw my son cross the street.
私は、息子が道路を横切るのを見ました。

I heard someone call my name.
私は、誰かが私の名前を呼ぶのを聞きました。

Did you notice someone knock on the door?
あなたは、誰かがドアをノックするのに気付きましたか。

ナオ

原形不定詞と動詞の原形は同じなんやろ?

だったら、なんで「原形不定詞」みたいな呼び方せなあかんのん?

アキラ

原形不定詞と動詞の原形は、見た目は同じやけど、文法上の分類では別のものとして扱われるんやで。

まあ、ネイティブはそんなこと考えながら話してるわけじゃないけどな。

3.help+原型不定詞(人が~するのを手伝う)

原形不定詞は、「help」を使う英文でもよく使われます。

「help+人+原型不定詞」の形で使われて、「人が~するのを手伝う」という意味になります。

help+人+原型不定詞

以下に例文を紹介します。

I helped her carry the bag.
私は、彼女がカバンを運ぶのを手伝いました。

ただし、「help」を使う構文は、原型不定詞ではなくto定詞を使うこともできます。

I helped her to carry the bag.
私は、彼女がカバンを運ぶのを手伝いました。

原形不定詞を使ってもto不定詞を使っても意味は同じです。

だから、どっちを使ってもOK!

原形不定詞を英会話で使いこなすには

この記事では、原形不定詞の使い方について説明しました。

原形不定詞は日常会話でも英文でもよく使われるので、この記事でしっかりと覚えてください。

英会話で使いこなせるようになる勉強法

この記事を読めば、原形不定詞の使い方を知ることができますが、使い方を頭で理解しただけでは、英会話で使いこなすことはできません。

覚えた文法や表現を英会話で使いこなすには、そのための勉強が必要です。

英語を自由に話せるようになる勉強法については、メール講座で説明しています。

以下のページから無料で参加して、不要になればいつでも解除できますので、気軽に参加してください。

記事下からメール講座に誘導するバナー

\ SNSでシェアしよう! /

英会話ハイウェイ | 英会話、海外生活・留学に関する情報が満載のメディアの注目記事を受け取ろう

高校生の授業

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

英会話ハイウェイ | 英会話、海外生活・留学に関する情報が満載のメディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
英語無料メール講座のバナー(記事下)

この記事を読んだ人は、こちらも読んでいます

  • 「been to」と「gone to」の違い|同じ意味って本当?

  • 関係代名詞「what」、英会話が楽しくなるシンプル3パターン

  • 感嘆文の使い方、「How」と「What」の違いと省略の仕方を解説

  • 仮定法未来の使い方、実現する可能性ごとに3つに分けて説明します。

  • 「can」の意味と使い方、9分で学べる英語の基礎と誤解の避け方

  • 過去完了進行形とは?難しい英語の時制を図で解説