1. TOP
  2. こんにちは。英会話ハイウェイの運営者 戸田あきらです。
英語無料メール講座のバナー(記事上)

こんにちは。英会話ハイウェイの運営者 戸田あきらです。

浅草バンダイの前で仮面ライダーと自撮り

浅草バンダイ本社前で

簡単に自己紹介をします。

1972年、兵庫県生まれ。関西外国語大学を卒業。

大学卒業後、ショッピングセンターで警備員のバイトを1年間して貯めたお金を持ってニュージーランドにワーキングホリデー留学。

帰国後、携帯電話の部品を作る工場で1年間夜勤をして貯めたお金を持ってアメリカ・ワシントン州のカレッジに留学し、卒業後は現地のIT企業に就職

帰国後に受けたTOEICは、試験勉強は一切していなかったけど一発で940点でした。

そして大手学習塾で中学生・高校生に英語を教えつつ会社員にも英語指導。

英語を教えながら翻訳の勉強をして、翻訳者として独立開業しました。

すでに十数年、英語力だけを頼りにメシを食っています。

実は、現実はこうです‥

ここまでだけ読んだら、頭がよくて何でもとんとん拍子に進んできたように見えるかもしれませんが、実は失敗の連続でした。

そもそも、英語を身に付けたくてニュージーランドにワーホリに行ったのですが、なかなか英語が上達しなくて苦しみました。

その後、アメリカ留学したのも、もっと英語力を付けなくては仕事で使えないと思ったからなんですね。

でも、アメリカ留学してもなかなか英語が上達しなくて苦しみました。

日本人の英語が上達しない理由

ニュージーランドでもアメリカでも、他にも日本人は大勢いましたが、その多くは英語が上達しなくて悩んでいました。

ワーホリの人なんか、私の知るかぎり英語ペラペラの人は皆無でした。

大学付属の語学学校に1年間行った人でも、日常会話で苦労するくらいなんですね。

どうしてそんなに英語が身に付かないかというと、理由は2つあります。

1つ目は、学校教育のせいでメンタルブロック(失敗恐怖症)がすり込まれていること。

2つ目は、金儲け主義の英語業者のせいで、間違った勉強法を信じ込まされていることです。

詳しくは、メール講座で説明しますが、これらの理由のために多くの日本人留学生は、優秀な頭脳を持っているのに英語が身に付かない状態に陥っていました。

これはもちろん、日本で英語を勉強している人にも当てはまります。

本当は、正しい方法で勉強しさえすれば、英語は驚くほどスムーズに身に付きます。

でも、上に書いた2つの理由のせいで、いくら努力しても結果が出ないという悲しい状態になっているんですね。

本当に英語が身に付く方法をすべて公開します!

私は、英語が上達しなくて本当に悩みました。

いろいろな英会話教材を試したし、ネイティブの個別レッスンも受けたし留学もしました。

そうやっていろいろ試していたら、どうやって勉強すれば英語が上達するのか分かってきました。

ネイティブの先生や帰国子女、文法の先生などは知らない、日本人が大人になってから英語をスムーズに身に付けられる勉強法です。

文法しか知らない学校の先生や、生まれつき英語を話せる英会話スクールの先生が言うこととは、かなり違うかもしれません。

でも、今まで何をやっても効果が出なかった人でも着実に効果が出ます。

なぜなら、それまで何をやっても効果が出なかった私でも効果があった、日本で生まれ育った人が大人になってから英語を身に付けるための勉強法だからです。

私は、学校教育や英語業者のウソ情報に惑わされて、英語を身に付けるのにずいぶんと回り道をしました。

だから、この英会話ハイウェイでは、今英語を勉強している人たちが無駄な時間と労力を費やさなくてもいいように、英語学習にまつわる嘘と本当をすべて暴露します。

  • 本当は、どうすれば英語が上達するのか
  • どういう勉強・教材は時間とお金の無駄なのか
  • 英会話スクールや留学って本当のところどうなの?

というようなことです。

繰り返しますが、正しい方法で勉強すれば、英語は意外なほどスムーズに身に付きます。

この英会話ハイウェイの情報を活用して、あなたもスムーズに英語を身に付けてください。

コテコテ100パーセント日本人が英語をマスターするには?

英会話ハイウェイの無料メール講座では、コテコテ100パーセント日本人が大人になってから英語を身に付けるにはどうすればいいか、3ステップでマスターする英語勉強法をお伝えしています。

帰国子女やネイティブの先生は絶対知らない情報が満載ですので、あなたの英語学習に必ず役に立ちます。

詳しくは、以下のページを読んでください。

⇒ 英会話ハイウェイの無料メール講座について詳しくはこちら

近所の野良猫

近所の野良猫。ネコが好き

⇒戸田のことをもっと知りたい人だけこちらをどうぞ。

英語無料メール講座のバナー(記事下)