1. TOP
  2. 英語のリスニング、上達が止まったときに役に立つ教材7選
英語無料メール講座のバナー(記事上)

英語のリスニング、上達が止まったときに役に立つ教材7選

 2016/11/09 リスニング・発音 この記事は約 10 分で読めます。
流れるように英語が聞こえてくる

あなたは英語のリスニングを、どんなふうに練習していますか?

  • リスニング教材を聞く
  • 洋画や海外ドラマを英語のままで見る
  • NHKの英会話講座を見る
など、いろいろ努力されていると思います。

でも、英語のリスニングって、練習してもなかなか上達しないですよね。

何回聞いても聞き取れない箇所が出てきて、「私には無理なのかな?」なんて不安になることもあると思います。

そこで今回は、従来のリスニング教材とはまったく違う角度から英語のリスニング力を伸ばす教材を紹介します。

ひたすらオーディオを聞くド根性タイプの教材ではなく、もっと科学的にリスニング力を伸ばせる教材です。

「リスニングが上達しない」、「ネイティブ英語でどうしても聞き取れない部分がある」と悩んでいるなら、きっと役に立ちますよ。

なお、リスニング教材を購入せずに無料でリスニングを練習できるサイトを知りたい場合は、『英語のリスニング練習に最適な無料サイトをレベル別に9つ厳選』を読んでください。

リスニングが上達しない理由

疑問に思う女性

単語力や文法力は覚えたらそれだけ伸びますが、リスニングは練習してもなかなか上達しないですよね。

リスニングが上達しない理由は人によって違うので、「これだけやれば完璧!」というようなリスニング練習法はありません。

でも、ほとんどの人に共通するリスニングが上達しない原因として、以下の2つがあります。

  • 単語の発音の変化を知らない
  • 英語のリズムが身に付いていない
これらを克服すると、リスニング力が大きく上達します。

 

まず「単語の発音の変化」について説明します。

たとえば、「find it」は「ファインド」と「イット」ですが、ネイティブは「ファインド・イット」とは発音しません。

「find」の「d」と「it」の「i」をつなげて「ファインディット」のように発音します。

「find」と「it」の意味を知っていても、このような発音の変化を知らないと「『ファインディット』って何だ?」と悩む結果になります。

他の例もいくつか紹介しますね。

「in it」⇒「イニット」
「kind of」⇒「カインダヴ」
「first day」⇒「ファースデイ」
「best price」⇒「ベスプライス」
※最後の音は、小さく短く発音します。
このような発音の変化を学ぶと、今まで聞き取れなかった音をす~っと聞き取れるようになります。

 

次に、「英語のリズム」についてお話しします。

一般的な文脈では、英語では「名詞」と「動詞」を強調するように言います。

そして、代名詞、前置詞、助動詞、be動詞、冠詞、接続詞、関係詞などは弱く、しかも速く言います。

だから、以下の英文なら動詞である「keep」と名詞である「table」を強く言って、「it」(代名詞)、「on」(前置詞)、「the」(冠詞)は、弱く、しかも早口で言います。

Keep it on the table.

それをテーブルの上に置いておいてください。

このように英語には、強調して言う部分と弱く速く言う部分があり、それがリズムよく繰り返されます。

この強弱のリズムに慣れてしまえば、多少速い英語でも意味を取れるようになります

でも、英語のリズムを知らなければ、「keep」と「table」だけは聞き取れたけれど、「その間は何を言ったんだろう?」と悩む結果となります。

 

このような単語の発音の変化を知らなかったり、英語のリズムが身に付いていなければ、リスニングを練習しても上達しません。

そこで以下に、発音の変化を学べる教材と、英語のリズムを身に付けられる教材を紹介します。

発音の変化を学べる教材

英語の発音を学ぶ女性

英語の発音の変化を学ぶと、リスニングが上達するだけでなく、自分が話すときによりネイティブに近い英語を話せるようになります。

格好いいだけでなく、その方がネイティブにとって理解しやすいですので、ぜひとも練習しておくことをおすすめします。

理屈から入りたい人

英語の発音パーフェクト学習辞典

英語の発音パーフェクト学習辞典(深澤俊昭著)

「パーフェクト」「辞典」という名前に恥じないくらい、英語の発音について詳しく学ぶことができます。

もちろん、学者が読むような難解な内容ではなく、英語学習者向けの分かりやすい教材です。

ただ、説明に多くのページが割かれているため、このページで紹介している他の教材と比べると、練習用の例文がやや少ないように思います。

たくさん練習したい人

瞬時にわかる 英語リスニング大特訓

瞬時にわかる 英語リスニング大特訓(山崎祐一著)

単語を連続けて発音するときにつながる音(「need to」⇒「ニートゥ」)や、消えてしまう音(「because」⇒「カズ」など)など、ネイティブが話すときに、どのように発音が変化するかを学ぶことができます。

『英語の発音パーフェクト学習辞典』とは逆に、説明は少しだけで、ほとんどのページに練習用の英文が掲載されています。

たくさん練習したい方は、この教材はおすすめです。

ネイティブ英語発音の法則

ネイティブ英語 発音の法則(長尾和夫、アンディー・バーガー著)

ネイティブが日常会話で使う発音の変化を詳しく学ぶことができます。

説明の詳しさは、『英語の発音パーフェクト学習辞典』ほどではありませんが、日常会話に必要な発音を学ぶのに十分に詳しく説明されています。

日常英会話でよく使う表現を中心に掲載されているので、英会話のときの実用性はバツグンです。

絶対『英語の耳』になる!BASICSリスニング基本30のルール(長尾和夫+アンディー・バーガー著)

絶対『英語の耳』になる!BASICSリスニング基本30のルール(長尾和夫+アンディー・バーガー著)

「it will」⇒「イトゥル」、「feel like」⇒「フィー・ライク」、「costly」⇒「コスリー」など、日常会話でよく使う発音の変化を学べます。

シンプルで分かりやすい説明と例文がほどよく掲載されています。

まずは無難な選択です。

ざっくり学びたい人

魔法の発音 ハイディの法則77(ハイディ矢野著)

魔法の発音 ハイディの法則77(ハイディ矢野著)

「Good evening」は「グリーヴニング」、「Is it enough?」は「イゼリナフ」など、かなりザックリしたカタカナ発音が紹介されています。

大きな文字とたくさんのイラストが使われているので、「文字をたくさん読むのが苦手」、「私って右脳派なのよね」という人に向いているかもしれません。

ガッチリ勉強したい人ではなく、楽しみながら勉強したい人におすすめします。

知っている英語なのになぜ聞き取れない?(藤田英時著)

知っている英語なのになぜ聞き取れない?(藤田英時著)

「Where are」は、「ウェアアー」⇒「ウェアラ」⇒「ウエラ」、「We were on」は、「ウイワーオン」⇒「ウイワロン」など、単語の発音がどのように変化するかがザックリとしたカタカナ表現で掲載されています。

大きな文字で見やすく作られていて、英語初心者でも抵抗なく学ぶことができます。

文字が大きい分、練習用の英文は少なめです。

アキラ

どの教材がいいかは、個人の好みによると思う。

理屈の説明と練習用の英文がほどほどにあって、誰が使っても無難なのは『ネイティブ英語 発音の法則』、『絶対『英語の耳』になる!BASICSリスニング基本30のルール』だろうな。

英語のリズムを身に付ける教材

英語のリズムを身に付ける

英語のリズムは、リスニング教材を聴いているだけでは身に付きません。

英語のリズムを覚えるには、ただ耳で聞いているだけではなく、自分の口で声に出して練習する必要があります。

そのための練習としては、もともと通訳者向けの練習法として使われていたシャドーイングが最適です。

シャドーイングとは、英語の音声を聞いて、即座に同じことを声に出して繰り返す練習法のことです。

シャドーイングのイメージ
音声:Japanese people are very friendly.
あなた:・・・・Japanese people are very friendly.

⇒シャドーイングについて詳しくはこちら

シャドーイングは、なんとなく我流でもできそうな気がするのでテキトウにやってしまいがちですが、正しい方法でやらなければ効果が半減してしまいます。

時間を無駄にしないために、教材を使って正しいやり方を学んでください。

英語初心者からできるシャドーイングのやり方は、『決定版 英語シャドーイング 入門編』に詳しく説明されています。

決定版 英語シャドーイング 入門編

この教材に載っている、

  • マンブリング
  • シンクロ・リーディング
  • プロソディー・シャドーイング
  • コンテンツ・シャドーイング
などを練習すれば、ネイティブのような英語のリズムを身に付けることができます。

シャドーイングには地道な練習が必要ですが、確実にリスニング力が伸びる鉄板の勉強法なので、ぜひあなたの英語学習にも取り入れてください。

なお、この教材には簡単な単語と表現の英文が掲載されているので、初心者でも安心してシャドーイングを練習できます。

まとめ

まとめ

英語のリスニングの練習というと、ひたすらリスニング教材を聞くことばかり考えがちです。

でも、「発音の変化」や「英語のリズム」など、リスニング上達に必須の要素を1つずつ攻略していくことで、より効率よく上達します。

また、リスニングが上達しなくて行き詰まっている人には、こういった弱点を1つ1つ消していく勉強が必須です。

受験生のような努力と根性に頼った勉強法や、長い時間リスニング教材を聞いているだけのような勉強法は、必ず上達が止まります。

そうなったときは、何が足りないのかを自己分析して、その弱点を潰していくことをおすすめします。

アキラ

リスニングや発音について、もっと詳しく知りたい場合は、以下のページを見てください。

⇒ リスニングと発音の記事まとめはこちら。

きっと、あなたの悩みを解決する方法が見つかります。

\ SNSでシェアしよう! /

英会話ハイウェイ | 英会話、海外生活・留学に関する情報が満載のメディアの注目記事を受け取ろう

流れるように英語が聞こえてくる

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

英会話ハイウェイ | 英会話、海外生活・留学に関する情報が満載のメディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
英語無料メール講座のバナー(記事下)

この記事を読んだ人は、こちらも読んでいます

  • 英語のリスニング練習に最適な無料サイトをレベル別に9つ厳選

  • 英単語を正しく発音できているかアプリで確認する方法

  • 人気の英語教材「音読パッケージ」の効果を検証してみた

  • 英語力アップに役立つTED動画10選!日本語字幕の活用でグングン伸びる

  • 英語の発音の練習方法|プロ通訳者が通じる発音の身に付け方を解説

  • audibleを使って、英語を楽しみながら勉強する方法