1. TOP
  2. 英語口の作り方|シンプルな練習で英語がパッと出てくる方法とは?
英語無料メール講座のバナー(記事上)

英語口の作り方|シンプルな練習で英語がパッと出てくる方法とは?

 2016/11/28 勉強法 この記事は約 7 分で読めます。
英語口の作り方

英語ってなかなか話せるようにならないですよね。

文法を勉強して単語を覚え、英会話オーディオで勉強しても一向に話せないという人は大勢います。

さらに言えば、英会話スクールに行っても英語が口から出てこないという話をよく聞きます。

どうして、いくら勉強しても英語が口から出てこないのか、知りたいですよね。

そこで今回は、英語を話せるようにならない原因と、英語が口からパッと出てくるようになる勉強法についてお話しします。

英語を話せるようになるかどうかは、特殊な才能や年齢ではなく、「どのように勉強するか」で決まります。

この記事でお伝えする方法なら、なかなか英語が口から出てこなくて悩んでいる人でも、正しい文法で英語がパッと出てくるようになります。

英語が口から出てこない理由は文法にある

文法のせいで英語を話せない

中学・高校と文法を勉強してもTOEICの勉強をしても英語を話せるようにならないので、「文法を勉強してもムダ」と結論付ける人がいます。

でも本当は、文法を勉強しても英語が口から出てこないのは、文法しか勉強しないことが原因です。

英語を話すスキルを身に付けるには、「英語を話す練習」が必要です。

でも、学校の授業では「英語を話す練習」はほとんどありませんし、英会話教材では、オーディオを聞く練習ばかりです。

自分で考えて英作文し、英語で話す練習はありません。

英語学習では、何かと文法が悪者にされがちですが、文法を勉強しても英語が口から出てこない本当の原因は「文法しか勉強しないこと」です。

ここを間違えないようにしましょう。

英語を話す秘訣も文法にある

英会話に文法が必要か悩む雲の犬

英語を話せるようになるには「英語を話す練習」が必要なら、英会話スクールに行くのが一番効果的かというと、実はそうでもありません。

あなたの周りに、英会話スクールで勉強して英語ペラペラになった人がいるでしょうか?

たぶんいないでしょうね。

もしいるなら、その人と同じスクールに行けばいいだけですから。

私の家族や知人にも年間授業料100万円近く払って授業を受けたけど、何も身に付かなかった人ばかりです。

英会話スクールの問題点は、知識のインプットが極端に少ないことにあります。

知識のインプットとは、単語や文法、言い回しなどを覚えることです。

英会話では、インプットした知識がすべて英会話で役に立つということはなく、100の知識をインプットしたら、そのうちの10が役に立てばいい方です。

インプット100のうち1くらいしか会話では使わないと言う人もいます。

つまり、簡単な英会話をしているように見えても、その裏には膨大な知識の蓄積があるのです。

特に文法の知識は決定的で、文法を知らなければ単語をデタラメに並べるだけのカタコト英語になってしまいます。

確かに、子供のときから海外で生活するなど、日常的に英語を使う環境で生活していれば、文法は自然に身に付いていきます。

でも、日本で生まれ育って大人になった人が、日常的に英語を使わない環境で生活しながら英語を話せるようになるには、勉強してインプットするしかありません。

つまり、「文法の勉強」と「英語を話す練習」をしっかりして初めて、英語を話せるようになります。

アキラ

ちなみに、英会話スクールは、上手に活用すれば大きな効果を出すことができるで。

英会話スクールを効率的に活用する方法については、下の記事を読んでな。

英会話教室の効果を10倍引き出す勉強法!失敗しない11テクニック

英文法ができると英会話ができる

文法を使って英会話する外国人女性たち

『英語口』の著者である市橋敬三氏は、英文法と英会話の関係について以下のように述べています。

英文法の例文を算数の九九が口をついて出てくるようになるまで音読することに尽きる。音読すれば英文法の規則を考えることなしに英文が次々に出てくるようになるからである。

英文をたくさん音読すればするほど、英語で考える領域が広がることが可能になる。

その結果、英語を話すときに日本語でまず考え、それを英語に訳すという手順をせずに、初めから英語で話していくことが可能になる。

こうなれば英語思考回路を作ったことになる。

自分の言いたいことが暗記した例文と同じでなくても、一部を入れ替える能力が自然に身に付き、言いたいことを言える能力が備わってくる。
『英語口 英文法ができると英会話ができる』3ページより(改行を加えました)

私の経験からも、この考えに間違いはありません。

問題集で文法問題をたくさん解いても英語を話せるようにならないし、外国人を相手に週に1、2回レッスンを受けても話せるようになりません。

でも、「英文法の例文を算数の九九が口をついて出てくるようになるまで音読する」と、英文法が自然に身に付いて、自然と英語を話せるようになってきます。

しかも、例文とは違う英文も自然に言えるようになります。

英語口を作るには瞬間英作文が効率的

簡単だったと喜ぶ女性

例文を音読するといっても、英文を見ながらひたすら音読するより、瞬間英作文をした方がずっと効率的に英語思考回路を作ることができます。

瞬間英作文というのは、日本語文を見て、瞬間的に英語で言う練習のことです。

以下に、『英語口』からいくつか例文を紹介します。

日本語文を見てすぐに英語で言ってみてください。

(1)あなたは接待が上手です。

(2)あなたは仕事が速いです。

(3)あなたは社交的です。

(4)あなたは小食です。

(5)あなたは物分かりのいい上司です。

(22ページより)

 
 

以下に英文を載せますね。

(1)You’re good host.
(2)You’re a fast worker.
(3)You’re a people person.
(4)You’re a light eater.
(5)You’re an understanding boss.
(23ページより)

どうでしたか?

日本語文を見てすぐに、パッと英語で言えましたか?

日常的に英語を話す環境にいない人が英語を話せるようになるには、こういった瞬間英作文の練習を繰り返しすることです。

考えなくてもパッと言葉が出てくるまで練習すれば、英文法は自然と身に付きます。

これが英会話のための英文法です。

まとめ

「まとめ」と言う美少女

オーディオを聞いたりネイティブと会話を楽しむだけで英語ペラペラになれるなら楽ちんですが、現実はそう簡単ではありません。

日常的に英語を話さない環境で生活している人が英語を話せるようになるには、

  1. 自分の頭で英作文し、
  2. 口を動かして練習する

という作業が必ず必要になります。

まさに小学生のときにかけ算の九九を覚えたような反復練習をすることで、英文法が自然に身に付いて、英語が口から出てくるようになります。

面倒くさく思えるかもしれませんが、大人になってから英語を話せるようになるには、これが一番の近道です。

なお、もっと詳しい勉強法については、以下のページで説明しています。

英会話教材や英会話スクールで結果が出なかった人でも、着実に英語を話せるようになる方法です。

ぜひ参考にしてください。

独学で英語ペラペラになるには?最短で話せる3ステップ勉強法

\ SNSでシェアしよう! /

英会話ハイウェイ | 英会話、海外生活・留学に関する情報が満載のメディアの注目記事を受け取ろう

英語口の作り方

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

英会話ハイウェイ | 英会話、海外生活・留学に関する情報が満載のメディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
英語無料メール講座のバナー(記事下)

この記事を読んだ人は、こちらも読んでいます

  • 中学1年の英語で話せるって本当?そのための教材と勉強法を公開する

  • 【朗報】お金をかけずに英会話を独学する優れもの教材7点を紹介

  • 英語が喋れるようになりたいコテコテ日本人は必見!簡単3つの勉強法

  • 英語のリーディング勉強法!楽しみながら自然に上達する方法とは?

  • 聞き流しは効果あるの?英語が上達しない3つの理由と3つの対策

  • 英語を独学でマスターする勉強法|カテゴリごと勉強法16選