1. TOP
  2. 「注意する」は英語で?4種類の表現を意味ごとに使い分ける方法
英語無料メール講座のバナー(記事上)

「注意する」は英語で?4種類の表現を意味ごとに使い分ける方法

 2017/01/05 英会話 この記事は約 9 分で読めます。
注意する外国人女性

注意する」は英語でどう言えばいいでしょうか?

日本語の「注意する」には、厳密には「危険を知らせる」「忠告する」「注目する」「気を付ける」という意味があります。

だから、「注意する」を英語で表現するには、これらを適切に使い分ける必要があります。

そこで、この記事では「危険を知らせる」「忠告する」「注目する」「気を付ける」の4つに分けて、「注意する」の英語表現を紹介します

この記事を読めば「注意する」にまつわる英語表現を自由に使えるようになるはずです。

なお、覚えた英語表現を使って何でも話せるようになる勉強法について、『英会話の勉強法!独学3ステップ学習なら迷わずにペラペラになれる』で詳しく説明しています。

あわせてお読みください。

危険を知らせる

警告する二人の警察官

警告する

「警告する」「注意を喚起する」「警戒態勢を取らせる」など、危険や問題を知らせるときの「注意する」を表す英語は「alert」です。

I alerted my new neighbor that the area had the highest burglary rates in the country.

私は、その地域は国で一番押し込み強盗の発生率が高いことを新しい隣人に警告しました。

※「neighbor」=近所の人、「burglary」=押し込み強盗

The teacher alerted the students to the dangers of drugs.

先生は、麻薬の危険性について生徒達に警告しました。

※「alert 人 to the danger of ~」=~の危険性を人に警告する、「drug」=麻薬

注意を喚起する

「注意する」「警告する」「用心させる」など、「alert」ほどの緊急性はないときに「注意する」という意味で使う英語は「caution」です。

I cautioned my wife not to open any email sent from unknown senders.

私は、知らない送信者から送られてきた電子メールを開かないように妻に注意しました。

※「unknown」=未知の、「sender」=送信者

The bank cautioned me against using my birthday as a PIN number.

銀行は、誕生日を暗証番号として使わないように私に警告しました。

※「caution against~」=~ないように注意する

警告する、警報を鳴らす

「警告する」「警報を鳴らす」「注意する」「予告する」など、危険や問題について事前に知らせるときの「注意する」を表す英語は「warn」を使います。

My wife warned me that the plate was still very hot.

妻は、皿がまだとても熱いことを私に警告しました。

We were warned not to drink tap water in that country.

私たちは、その国では水道の水を飲まないように注意されました。

忠告する

何かを提案するビジネスマン

アドバイスする

何をするべきかを「忠告する」「アドバイスする」「助言する」ときの「注意する」を表す英語は「advise」を使います。

I strongly advise you to save money now.

今はお金を節約することを強く勧めます。

※「save」=節約する

I am thinking of buying a new car. But my wife advises against it.

私は新しい車を買うことを考えています。でも、妻はそれに反対しています。

※「advise against ~」=~しないように忠告する

~するように言う

上司が部下に対して、または親が子供に対して「~するように」注意するときの英語は、「tell 人 to ~」(~するように言う)、「tell 人 not to ~」(~しないように言う)を使います。

My boss told me to call the customer as soon as possible.

上司は、できるだけすぐにその顧客に電話するように私に言いました。

My mother told me not to stay home all day and to go out with friends.

母は私に、1日中家にいるのは止めて、友達と出かけるように言いました。

叱る

上司など立場が上の人が「叱る」「叱責する」ときの英語は「reprimand」を使います。

I was reprimanded for poor work.

私は、仕事の出来が悪いことを叱られました。

「叱る」という意味の似たような単語として「scold」がありますが、「scold」は母親が子供を叱るときの英語です。

大人に対しては使いません。

My mother scolded me for chewing with my mouth open.

母は、口を開けたまま噛んでいることで私を叱りました。

注目する

虫眼鏡でじっくり見る女性

「注意を払う」「注意して聞く」の英語は「pay attention to ~」を使います。

You should pay attention to your teacher and learn all you can.

先生(の言うこと)をよく聞いて、学べることをすべて学ぶべきです。

 

「~から目を離さない」「しっかり見守る」の英語は「keep an eye on~」がピッタリです。

Please keep an eye on the baby.

赤ちゃんをしっかり見ていてください。

 

不慮の事故などに対して注意するように促すときは「be動詞 + on one’s guard」です。

You should be on your guard against pickpockets when you go into the city.

街に行くときは、スリに注意するべきです。

※「pickpocket」=スリ

 

何か危険なことに対して注意するように促す英語は「beware of~」です。

You should beware of the dog when you visit him.

彼の家を訪れるときは犬に注意した方がいいですよ。

アキラ

「Beware of dog」(犬に注意)、「Beware of vehicles」(車両に注意)、「Beware of alligators」(ワニに注意)など、「Beware of ~」は看板でよく使われる表現や。

気を付ける

注意を促す女性

気を付けて!

別れ際に「気を付けて帰ってね」と注意を促すときに使う英語表現は「Take care.」です。

A: See you next week.
A: それじゃあ、来週。

B: Take care.
B:気を付けて。

「Take care.」は、危険を予測していなくても気軽に使える会話表現です。

「お疲れ様」、「気を付けてね」くらいのイメージで、心遣いを伝えるために使います。

注意してください!

何か危険なことに注意してほしいときは「Be careful」を使います。

Be careful.

気を付けてね。

Be careful about who you trust.

誰を信じるべきか注意しなさい。

You should be careful about the food you feed your dogs.

犬に与える食べ物には注意するべきです。

※「feed」=(ペットに)エサを与える

Be careful not to miss the last train.

最終電車に乗り遅れないように注意してください。

危険ですよ!

「危ない」「注意しろ」と伝えるときは「watch」を使います。

Watch out! There is a ghost behind you.

気を付けて。後ろにお化けがいるわよ。

Watch your step!

足下に注意してください。

覚えた表現を使いこなすには

ペンを持った白人女性

この記事では、「危険を知らせる」「忠告する」「注目する」「気を付ける」の4つに分けて、「注意する」の英語表現を紹介しました。

これだけ覚えておけば、注意にまつわる英語表現で困ることはないはずです。

覚えた表現を会話で使いこなすコツ

このような表現は、以下のように単語と意味だけ覚えても英会話のときに使いこなすことはできません。

「alert」=警告する
「caution」=注意する

単語と意味だけを覚えても、覚えた単語の使い方は身に付きません。

受験やTOEICのような筆記試験では役に立ちますが、英会話のときにパッと思い出して使うことができなくなります。

覚えた単語を英会話のときに使えるようになるコツの1つは、以下のように英文ごと覚えることです。

I was alerted that someone had accessed my Google account.

私は、誰かが私のグーグルアカウントにアクセスしたことを警告されました。

英文ごと覚えることで単語の使い方が身に付くので、英会話のときに使えるようになります。

英会話で使いこなせるようになるための覚え方には、他にもたくさんのコツがあります。

詳しくは、以下のメール講座を読んでください。

記事下からメール講座に誘導するバナー

無料で参加して、不要になればいつでも解除できますので、気軽に参加してください。

\ SNSでシェアしよう! /

英会話ハイウェイ | 英会話、海外生活・留学に関する情報が満載のメディアの注目記事を受け取ろう

注意する外国人女性

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

英会話ハイウェイ | 英会話、海外生活・留学に関する情報が満載のメディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
英語無料メール講座のバナー(記事下)

この記事を読んだ人は、こちらも読んでいます

  • 【動画で比較】フィリピン人の英語ってどうなの?「なまり」はうつらない?

  • 「真似する」は英語で?4つの表現を正しく使い分けて話すコツとは?

  • 盗む は英語で?ニュアンス別に正しい意味を伝える4カテゴリ

  • 「分数」の英語|3/13などの読み方と正しく伝わる簡単テクニック

  • 「懐かしい」は英語で?8種類の言い方と会話で役立つフレーズ10選

  • 「集まる」は英語で?4つの表現を使いこなして外国人を誘ってみよう